news植毛SOS-セカンドオピニオンサービス(東京・新宿)「患者視点」から自毛植毛をリコメンド。セカンドオピニオンが推進するファーストオピニオン
        本当に知っておきたい”植毛”事情

「植毛SOS」メール相談 植毛の専門医師にお答えいただきます。
植毛を考えている人 植毛で失敗した人 薄毛で悩んでいる人 もう一度植毛をしたい人 男性型脱毛症の方
植毛への質問 植毛に関する質問などお気軽にご連絡ください

植毛SOS NEWS

植毛SOS NEWS

『植毛SOS』が注目した関連キーワードニュースを取り上げます。

新聞・雑誌やWebニュースなど、各メディアが報じる「髪」に関するニュースや話題を「植毛SOS」の視点でピックアップしています。

普段見過ごしてしまう「ニュース」にこそ面白さがかくれていると信じ、皆様の話のネタにしていただければ幸いです…。

記事報道
地毛で学校へ行ってはいけない? 女子高生の悲劇

昨年9月、大阪市の公立高校である懐風館高校に通う女子高生に苦い出来事が起こった。女子生徒は生まれながらにして茶髪だったのだが、高校教師がそれを自毛にもかかわらず、黒く染めないと授業を受けることはできない、と生徒を拒絶したのだった。女子生徒は校則に従い、地毛の茶髪を黒くしたものの、再び教員にとがめられ、まだ不十分だ、と黒染めか退学かを強要されたという。
女子生徒は大阪地裁へ訴状を提出し、先月10月末には第一回口頭弁論が開かれた。
今後の裁判の展開にも興味がそそられるが、髪の差別問題とも言えるこの事件に世の中の薄毛の民たちはどのような意見を抱くのだろうか。

-毎日新聞2017年10月28日「髪染め強要訴訟『人格侵害』生徒側訴え 大阪地裁初弁論」より
ライターの一言
髪の多様性に文句をつけるのは如何なものか・・・・・・。だったらハゲはどうなるのか!といってみたくなりますね。
2017.11 ①
世の中のハゲの味方! ハゲにだけ利くホテル割引

北海道函館市にはユニークなホテルがある。このホテルテトラグループの施設では、「ハゲ割り」という珍しいサービスを提供しているのである。
サービスの内容は、スキンヘッドに近い髪型の方を対象に、宿泊費用を1泊あたり300〜500円割引するというものだ。ただ、このサービスはあくまでスキンヘッドに近い髪型の方を対象しているので、サザエさんの波平のような髪型の方にはサービスをご遠慮していただいているという。頭頂部がハゲているだけでは対象にはならないようだ。
「ハゲ割」のサービスが始められたきっかけは、ホテルの清掃業務にあった。排水溝の髪の毛詰まりを取り除くのが面倒だ、という声から、髪の少ない人を呼び込もうとして「ハゲ割」を始めたそうだ。
ちなみに、「ハゲ割」は自己申告制のサービスだということだ。

-毎日新聞デジタル2017年11月6日「薄毛さん割引き、ホテル人気『掃除の手間かからず』」より
ライターの一言
ハゲに優しいサービスですね! でも、自己申告制だと、自分がハゲだと理解している人にしか行きづらいですね。
中には、自分はハゲてない!と現実を直視できない人もいるんですよね・・・・・・。
2017.11 ②
円形脱毛症の少女が頭に花のイラストを描いた

アメリカ合衆国カンザス州に住む17歳の少女のお話。少女、マディスン・ハブコップさんはまだ若いのにも関わらず、円形脱毛症の診断を受け、髪の毛が一本もない。そこで、彼女は画家である母に頼んで、頭に花のイラストを描いてもらった。髪の毛がないという状態の美しさを世間に気づいてもらいたい、という気持ちのもと、彼女は写真に収められた。

「私のように髪の毛を失ってしまった人たちに、自分は美しいのだ、と知ってほしい」

髪がなくても健気に生きる少女の姿が世界に勇気を与えている。

HUFFPOST 2017年11月15日 Teen With Alopecia Asks Mum To Paint Head For Breathtaking Photoshot Celebrating Her Baldness より
日本語翻訳URL:http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/15/alopecia-girl_a_23278983/
ライターの一言

円形脱毛症と言われると、髪の毛が部分的に著しく抜けるものだという解釈をしてしまいそうですが、実は、この症状にはいくつかの種類があります。私たちが一般的に10円ハゲとよぶものは、単発型円形脱毛症といいます。これは自然発生したのちに自然治癒することが多いため、ひどく深刻になる必要はありませんが、多発型や全頭型といった円形脱毛症になると、脱毛箇所が複数できて毛髪がまだらになったり、全ての髪が抜け落ちてしまったりしてしまいます。

女の子としてたくさんおしゃれをしたい年頃なのにもかかわらず、このような症状を診断された少女の不幸には同情してしまいます。しかし、それでも笑顔で振る舞う彼女時の写真を見ていると、髪の毛のあるないで幸不幸を考えていた自分の価値観には偏りがあったのかもしれないとおもってしましました。

2017.12 ①
ハサミをつかわない!? セブ島の床屋さん

街を歩いていると、床屋さんをそこかしこにみつけることはできるだろうが、ハサミではなく、とんでもないもので髪の毛を切る床屋さんをそうそう見かけることはないだろう。

フィリピンのセブ島はリゾート地として有名だが、ここに一風変わった床屋さんがいる。一体何で切るのかというと……まずは動画を見てほしい。

とんでもないもので髪を切るクレイジーな床屋がすごい!

明らかに髪を切るためのものではないハサミや、ノコギリ、ノミ、トンカチを使って客の髪型を整えている。側から見れば、ほんとうにちゃんと髪を切れているのか? と不安になってしまうが、終わってみれば、しっかりと整えられていることがわかる。

いつどこでこのような技術を身につけたのかが気になるところだ。

Virates 2017年11月28日 とんでもないもので髪を切る床屋がすごい! より
ライターの一言
動画を見ていると、怪我をしそうで危なっかしいですが、実際うまく切れているところがお見事。僕も行ってみたい! ……とは思えませんでしたね(笑)
2017.12 ②
女性教諭、「言葉遣いの悪さ」を理由に、女子生徒の髪を切る

今年8月、香川県立坂出高校の女子カヌー部顧問の女性教諭(20代)が、合宿中、言葉遣いが悪いことを理由に、女子生徒7名の髪を切ったということが、朝日新聞の取材によってわかった。 厳密には教諭に応じて髪を切られたのはそのうち5名で、残りの2名は拒絶したものの、切っておくように指示されたため、後日髪を切ったのだという。

坂出高校はこの事実に対して「不適切」という判断を下し、女性教諭を顧問から外した。県の教育委員会も、教諭を口頭で厳重注意したと言う。 教諭は、「お互いゲーム感覚だった。生徒の心を傷つけてしまった」と反省しているようだが、ネット上に見受けられる世間の考えでは、その弁解を違和感なく受け入れるほうが難しかったのかもしれない。

「傷害罪だ」という意見など、教諭に問題があると指摘するコメントが少なくないようだった。

朝日新聞DIGITAL 2017年12月19日「教諭、はさみで女子生徒7人の髪切る『言葉遣い悪い』」より
ライターの一言
体罰というものは、時と場合によれば、必要になってくることもあるかもしれません。 ですが、それにももちろん限度がありますので、使い方も誤ってはいけないはずです。 記事を読むだけでは、女子生徒がどのような言葉遣いをして、教諭を困らせていたかはわかりませんが、実際に髪を切る必要があったのかどうかも判断しようがありません。 あくまで当事者の間の問題以上の問題ではないのですが、教諭の「お互いゲーム感覚だった」という気持ちは一般には理解しにくいのではないでしょうか。 県教委から厳重注意を受けるような問題になったということは、少なくとも生徒側ではゲーム感覚ではなかったのではないか、と推測できます。 教諭はもう少し自分の立場を理解して、言動に注意すべきだったのかもしれませんね。
2018.1 ①
毛髪再生医療の実用化が進む

薄毛・脱毛の治療法は日毎に進歩し続けている。市販の薬用シャンプーや育毛剤を試してみたことがある人も少なくないだろう。 だが、薬を用することなく薄毛・脱毛を克服できるかもしれない技術がある、と聞けばどうだろう。

毛髪再生医療というものがある。毛髪を育成する毛包という頭皮に存在する器官を採集し、それを体外で増殖させてから頭皮に移植し直すという技術である。 ここには、服用すべき薬のようなものはなく、残っている髪の毛を利用して髪のない部分にその細胞を移植し、頭皮をよみがえらせる、という非常に自然な手続きがあるだけだ。

これらの研究を専攻しているのが、資生堂と理化学研究所だ。理研のチームでは、すでにマウスを使った毛髪再生実験が行われ、 マウス自身にある2種類の幹細胞を使って特殊な技術で生み出した「再生毛包原基」を、皮膚の毛のないマウスに移植することによって再生毛が生えたことを実際に確かめている。

この技術が実用化されれば、薄毛・脱毛に悩む人々にとっては大変嬉しいニュースになることだろうが、育毛剤などを販売しているヘアケア市場にとってはどのようなインパクトとなっていくのか。

技術の進歩というものは、必ずしもすべての人間に幸福を与えるわけではないのかもしれない。

日経ビジネス 2017年11月28日「フサフサの髪を取り戻す、毛髪再生医療を実用化」 より
ライターの一言
薄毛・脱毛に悩んでいらっしゃる方々には嬉しいお話ですね! まだ実用化されるわけではないので、大喜びするわけにもいきませんが、 研究が進んでいる様子を聞くと、「頑張って欲しい!」と頼りにしちゃいますよね~。 育毛剤などを買っていた人にとっては一度の移植で毛を再生させる方が、効率が良いし、長い目で見れば節約にもなるかもしれませんので嬉しい話ですが、 そういった製品を作っている企業にとっては自社商品が売れなくなることへの懸念がのしかかってくるような心持ちでしょう。そういった経済的なお話も含めて、 これからの毛髪再生医療には注目の目が離せません。
2018.1 ②
高校教師、服装指導の一環で、生徒44人の髪を切る

富山県立高校(富山市)で、昨年、校則の基準を満たさない 生徒44人に対して、教員6人が髪の毛を切ったことが県の教育委員会や同校への 取材で分かった。県の教育委員会は、「行きすぎた指導で遺憾だ。もし処分が必要と判断すれば厳正に対処する」と指摘している。

高校の校則では、髪型について「男女とも前髪が眉にかからない程度」 「男子の側頭部は耳にかからない程度」「女子の長髪はゴムで留める」などが定められている。

これに「校則を守らない生徒が悪い」「指導が行き過ぎ」など賛否両論の意見が広がっている。

毎日新聞 2018年2月9日「富山県立高 教員が生徒44人の頭髪切る  校則理由に」より
最近では、東京・銀座の公立小学校が高級ブランドの制服を採用して物議を醸したり、 昨年は「自毛証明書」を出させる学校が全日制都立高校の約6割あることが話題になりました。 そもそも「校則」とは意味があるものなのか...今の時代にそぐわないという意見もあります。 もちろん、社会に迷惑をかけないためのルールはあるべきです。ただ、お洒落をしたい、カッコよくなりたい、 外観に興味を持つ多感な年頃の生徒に対して厳しい校則で縛ることに疑問を感じます。もともと肌の色や髪の色が違ったり、 親が外国人だったり、多様なスタイルがあっていいもの。 これから心身ともに成長していく過程で、多様性を否定しているように思います。 生徒の了承を得たとは言え、教師が生徒の髪の毛を切るという指導は、「行き過ぎ」と言われても仕方がないかもしれませんね。
2018.2 ①
病は毛から...髪の毛を使って健康診断

髪の毛は、ミネラルやたんぱく質、色素など多数の成分から成り、健康状態などに応じてその組成は微妙に変わることが分かっている。 その髪の毛に含まれる物質を分析し、健康状態や病気の有無との関係性を示す検査法(毛髪診断)の開発が現在進められている。

2年間で1万人の髪の毛を集め、その1万人から得た食生活や生活習慣などのアンケートをもとにデータを集積してデータベース化する。

ヤフー、アデランス、理化学研究所など18社・団体は、医療機関とも連携し、2年後をめどに「毛髪診断」の実用化を目指す方針だ。

朝日新聞デジタル 2017年12月28「日病は毛から…髪で健康診断、理研やアデランスがコラボ」 より
ライターの一言
血液検査は採血のときに痛みが伴うため、定期健診がおっくうになりがちです。また、血液検査と尿検査は直前の食事が結果に影響することが あります。その点、ヒトの頭髪は1か月に約1センチ、1年間で12㎝のペースで伸びます。 ということは、過去1年間の体調の推移が分かるわけです。その髪の毛に含まれる成分の値の推移で、体調の変化、ひいてはがんの早期発見などが、将来手軽に検査できるようになることを期待したいですね!
2018.2 ②
「フライドポテトで薄毛治療」は無理、日本の研究者が警告

フライドポテトを揚げる油の中に毛髪減少を食い止める物質が含まれているとの研究が 今月学術誌に発表されました。 その化学物質(シリコンの一種)を使った毛包原基を毛のないマウスの背中に注入 したところ、有効な毛包となって毛穴が作られ、その後、 チップを移植したマウスの背中の部分に黒い毛が生えたそうです。

その報道で、 「その油で揚げされたポテトを食べれば、育毛や増毛が期待できる!

薄毛治療には、どの位フライドポテトを食べたらよいか」といった 質問が多く寄せられたそうです。

研究者らは、「ネット上で拡散してしまった完全な誤解で、 フライドポテトを食べれば薄毛が治るわけではない」と 警告しました。

東洋経済オンライン 2018年2月19日(ロイター) 「フライドポテトを食べても薄毛は治らない 日本の研究者が警告」より
ライターのひとこと**
薄毛の改善は期待できないうえに、高温で揚げた加工食品の中には、発ガン性が疑われる物質が かなりの量で含まれているとも言われています。 この情報は信用しない方がよいですね。
2018.3
女子高生「世界で一番長い髪」ギネス認定

鹿児島県に住む女子高生が「世界一髪の毛の長いティーンエイジャー」として、ギネス世界記録に認定されました。その長さは、これまでの記録を3.5センチ更新する155.5cmセンチ、生まれてから一度も髪の毛を切ったことがないそうです。 髪の毛のヘアサイクルは、4年から6年かかると言われています。 この長さまで髪の毛を伸ばし続けるということは、元々の毛質もありますが、 髪の毛を毎日、大事にお手入れした積み重ねの結晶だといえます。

髪の毛を洗うのに、立った状態でお母さんが洗い、お父さん30分かけてブラシをかけながらドライヤーで乾かすそうです。髪の毛は、そのままにしていると、床に付いてしまうので、普段は三つ編みにしているそうですが、髪の毛の重さで肩が凝ることもあるそうです。

現在の髪の世界記録保持者は、中国の女性で5.6mです。以前、ベトナムの男性が6.8mという記録を保持していましたが、2010年に死去されています。

南日本新聞 2018年4月17日
ライターのひとこと**
6.8mということは、1か月に約1cm伸びる計算だと、60年以上かかった計算になります。 とてつもない数字ですね。
ギネス認定を認定された女子高生は、これを機に髪を切り、切った髪の毛は、医療用ウイッグを作るためにヘアドネーション(髪の毛を寄付するボランティア)に寄付をする予定だそうです。 医療用のウィッグは、一つ制作するために30人分の髪の毛が必要とされています。 病気で髪を失った人たちにかつらとして、髪の毛が役立ちます。 「ヘアドネーション」が益々認知され、活動の輪が広がっていくといいですね。
2018.4
成績悪いサッカー部員は丸刈り 保護者からの抗議によりルールを廃止

愛知県立高校(犬山市)のサッカー部が、学業成績の悪い部員を丸刈りにするという「ルール」を作って実施していたところ、 保護者からの抗議を受けて廃止していたことが取材でわかった。

6、7年前、当時の顧問と部員が、各教科の成績で「1」を取った部員に対して、丸刈りと練習の準備や後片付けをさせるというルールを作成して、実施していた。

一昨年、丸刈りを拒否した部員が練習に参加できなかったことで、保護者が学校に抗議して問題が明るみになり、同校はその制度を翌年に廃止した。

同校の教頭は取材に対し、「ルールは部活の立て直しのために作ったと聞いている。学校として体罰とは考えていないが、 髪を切るような指導は今時は不適切と言われかねない」と話した。 県教委保健体育スポーツ課の担当者は「教員が丸刈りを強要したわけではないので、体罰とは認識していない。 学校の対応も適切で、関係者の処分などは検討していない」としている。

朝日新聞デジタル 2017年5月2「成績悪いサッカー部員は丸刈り 抗議受け「ルール」廃止」 より
ライターのひとこと**
強要していなかったとはいえ、パワハラ、モラハラが頻繁にニュースに取り上げられる昨今、「体罰」と受け取られかねないと思います。 特に、「髪」に対する体罰は、【髪を愛する植毛SOS】の一スタッフとして悲しい出来事です。
2018.5
紫外線で症状改善・円形脱毛症の最新治療

局所免疫療法が効かない患者に対する新たな治療も登場。
浜松医科大学医学部附属病院(浜松市)で治療に使うのは「エキシマライト」と呼ばれる特殊な紫外線を発生する装置。
紫外線には免疫細胞の活動を抑制する効果がある。
エキシマライトは効果が出やすいため照射回数が少なくて済む。
治療は保険が適用され3割負担の場合、約140円。
浜松医科大学皮膚科・伊藤泰介病院准教授は「(エキシマライトは)一定の患者に効果があり、痛みやかゆみがないので、副作用が少なく効果を上げられる」。
とのこと。

BSジャパン2018年4月放送 ワールドビジネスサテライト (最新のTV情報:JCCテレビすべて)より
ライターのひとこと**
「植毛アラカルト」でも取り上げたように、新しい研究情報や治療法は日進月歩で進み、さまざまなメディアで紹介されていますが、当事者にとって何よりうれしいのは、保険適用の治療が数多く出てくることなのではないでしょうか・・・。
2018.6
減る丸刈りの野球部

日本高校野球連盟と朝日新聞社の調査で見えてきた高校球児の今について、「弱くても勝てます」の著書があるノンフィクション作家、高橋秀実さんに聞いた。

昔の野球部って、「出家」のイメージでした。この5年で丸刈りを強制する部が減っていますね。もっと自由に髪形を選べる部が増えるといい。

僕が密着した東京の開成高は、丸刈りを強制していませんでした。ところが、ある夏の大会当日、普段物静かなキャプテンが丸刈りにしてきた。効果はてきめん。「真剣にやろう」と士気が上がりました。強制だったら、そんな効果は期待できません。自発的な行動だから、力になるんです。

炭酸飲料やスナック菓子を禁止する部が減っているのは、当然のこと。わざわざ禁止しなくても、正しい知識を仕入れ、実践できるようになったのでしょう。

野球部には、「そういうもんだ」という固定観念が強くあると感じます。でも、それで本当に勝てるのか? と考えてみる。いろんな学校が知恵を絞り、勝負にこだわるところに高校野球のおもしろさがあると思います。

10人に満たない野球部も、ずいぶん増えているんですね。まさに少数精鋭じゃないですか。100人の中の9人と違って、9人しかいない9人は気合が違う。代わりがいないからこそ、精鋭になるんです。強豪のやり方をなぞっても、勝てるとは限りません。自由な発想でチャレンジして欲しい。(聞き手・高岡佐也子)

朝日新聞デジタル 2018年6月15日より
ライターのひとこと**
「自発的に気合を入れる為に行われる丸刈りに意味があるからといって、強制的に部員全員を丸刈りにすればチーム全体に気合いが入るわけではない」という結論に至った事は非常に興味深いエピソードですね。
科学的にも髪の毛が人間の「気合」を吸い取ってしまう事なんてありえませんし、高校球児のみなさんには自分の髪と仲の良い関係を続けてもらいたいものです。
2018.7
がん患者の「キレイ」を支援 専門学生がウィッグ用の髪贈る

がん治療の副作用による脱毛に悩む女性を支援しようと、医療用ウィッグ(かつら)に使う髪を寄付するためのヘアカットイベントが10日、岩崎学園横浜fカレッジ(横浜市西区)で行われた。美容師を目指す同学園の学生や卒業生らが参加。同学園横浜実践看護専門学校の学生6人が約半年伸ばした髪をカットした。
このイベントは「キレイの力」と題したプロジェクトの一環。プロジェクトはNPO法人「キャンサーリボンズ」などの法人が2008年にスタート、翌09年からウィッグを計377人に寄付している。10回目の今年は、横浜など全国各地の計9校90人の看護学生が参加した。

横浜実践看護専門学校の学生は「暑くて切りたいと思う時もあったが、いい髪を渡せるようにケアも心掛けた」と笑顔。08年にがんを患い、自身もウィッグの提供を受けた方は「外見のケアを通して、治ってから普通の生活に戻る手助けができるよう活動を続けたい」と話した。
寄付された髪はウィッグに加工され、秋ごろに県内などの病院に贈られるという。

カナロコ(神奈川新聞) 2018年8月14日より(全文)
ライターのひとこと**
頭髪の寄付は芸能界を中心に、ここ数年で徐々に増えています。
「ヘアドネーション」という頭髪を失った子どもへの寄付をはじめ、切って参加する寄付活動が社会に認知されているのは喜ばしい事です。
ガンの治療に必要とはいえ、化学療法や放射線療法の副作用で自分の髪の毛が抜けていくのは女性にとっては大変に辛いことでしょう。
医療用ウィッグの存在は日々の生活を楽しむ上でとても大切な役割を果たしてくれるはずです。
2018.8

  PAGE TOP

セカンドオピニオンドクターに聞く!

送信完了後、数分以内に確認メールが届きますので必ずご確認ください。

植毛に対する疑問点、不明点、質問等を【疑問・質問】欄にてお問い合わせください。

以下の全ての項目をご入力後、お間違いがないかご確認のうえ「入力内容確認」ボタンをクリックしてください。

必須ハンドルネーム
必須性別
必須E-mail
(半角/例:info@umedabiyou.jp)
必須E-mail (確認用)

(半角/例:info@umedabiyou.jp)
  都道府県
必須疑問・質問

入力内容に間違いがなければクリックして下さい。
タップして下さい。