植毛SOS-セカンドオピニオンサービス(東京・新宿)「患者視点」から自毛植毛をリコメンド。セカンドオピニオンが推進するファーストオピニオン
        本当に知っておきたい”植毛”事情

植毛を考えている人 植毛で失敗した人 薄毛で悩んでいる人 もう一度植毛をしたい人 男性型脱毛症の方
「植毛SOS」メール相談 植毛の専門医師にお答えいただきます。
植毛への質問 植毛に関する質問などお気軽にご連絡ください

植毛SOS 髪の毛アラカルト

植毛SOS 髪の毛アラカルト

髪の毛(植毛・育毛・薄毛など)に関する様々な書籍や四方山話などを紹介するコンテンツです。

昔からいわれている「ワカメなどの海藻類は髪に良い!」が代表的なものですが、日常生活の手軽さも手伝ってか、様々なところで様々な人が、「毛に良いモノ・良いコト」を提唱または書籍出版しています。

ここでは、それらのごく一部の書物や参考資料、または情報番組等を抜粋し、ご紹介させていただきます。

*但し、これらが本当に薄毛治療に効果的か否かは、ご自身でご判断ご確認くださいますよう、切に切にお願いいたします・・・。

四方山話
◆コーヒーが髪に良い、という話

(「髪がみるみる生える、ふえる、きれいになる25の習慣:主婦と生活社」より)

四方山話
薄毛や育毛に効果的などと言われている食品や習慣は諸説あり、研究データをはじめ、書物や特集記事は数多く発行されています。

今回ご紹介するのは、コーヒーに関する推奨記事の一文をピックアップしてみました。
少々学術的な単語も出できますのが、情報の一つとしてご覧ください。


私達が良く飲むコーヒー豆には、アラビカ種とカネフォラ種(日本でよく飲まれているロブスタ種はこれに含まれる)の2種類あります。アラビカ種は高級な豆で、単独で飲まれることが多く、カネフェラ種はブレンド用に使われます。
カフェインは、カネフィラ種がアラビカ種の約2倍多く含みます。カフェインの過剰摂取は健康に悪影響を与えるので、その点ではアラビカ種がお勧めです。
=中略=
コーヒーは、嗜好品なので好きなだけ飲んでいいと思います。一般的には毎日2?3杯飲むと健康効果が期待できると考えられているので、育毛のためにも浅煎りのアメリカンコーヒーを飲むことをお勧めします。・・・・・・

とのことです。
髪の毛を気にしている「コーヒー好き」の方にはちょっと良い話かもしれませんね。

2017.11
◆チョコレートが髪に良い、という話

(「チョコレートの奇跡:中央公論新社」より)

四方山話

前回と同じように、髪に良いといわれている食品の中から「チョコレート」を取り上げてみます。
男性に限らず、女性にも知っておいて損はない情報かもしれません。
ぜひ参考にしてください。


チョコレートがIGF・1を増やし、更年期障害を改善することや更年期障害が始まる年代では、脱毛症も同時に起こることが多く、それにはIGF・1の低下が密接に関わっています。女性ホルモンはIGF・1の生産を高める作用を持っています。しかし卵巣機能が低下し女性ホルモンの分泌が減少してくると、IGF・1の生産量が減り、色々な症状が起きてきます。たとえば、自律神経が失調して、ほてり、発汗、めまい、動悸等が起こりやすくなります、これは俗に言う自律神経失調症です、その他抑うつ、不眠、頭痛なども現れやすくなります。
=中略=
更年期障害の発症には、女性ホルモンの低下によるIGF・1が大きく関わっており、カカオマスポリフェノールの投与はIGF・1を増やし、更年期障害や体重増加、アロマターゼの増加、そして脱毛を抑制する可能性を示しています。クリニックを受診されている更年期近い薄毛で悩む女性達に、カプサイシンとイソフラボン、IGF・1 を増やす薬剤を服用してもらうと、育毛効果に加えて、体が温まる等更年期障害の改善も認められます。
一般にチョコレートによる健康効果を得るには、1日にチョコレート約50gを食べることが必要と言われています。ただ1日10~30g食べていれば、高血圧の改善が認められるので、それを続ければ育毛効果も期待できると思います。

とのことです。
コーヒーと一緒に摂取すれば、もっと効果的なのでしょうか?・・・

2017.12
◆ゆっくり食べると髪に良い、という話

(「よく噛んで食べる〜忘れられた究極の健康法」:NHK出版より)

四方山話

今回は、食べ方に関してピックアップしてみました。 昔からゆっくりか噛むことは、胃にも・歯にもよいこととされていますし、最近ではダイエットにも期待できるとされていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


よく噛むことの健康効果は、IGF・1の効果とよく似ています。よく噛むと唾液の分泌が増え、それによって体内のIGF・1も増える可能性が考えられています。また唾液の成分中に、知覚神経を刺激してIGF・1を増やすものがあるかどうかを調べてみました。唾液中には、IGF・1そのものが含まれています、そのIGF・1には知覚神経刺激作用があることが、知られています。
=中略=
研究の結果、EGFとフリーのシアル酸は知覚神経を刺激して、IGF・1を増やす作用があることがわかりました。
これらから、よく噛んで唾液が増え、唾液を飲み込むことで体内にIGF・1が増えて健康効果が表れ、同時に育毛効果も期待できます。
唾液と育毛の関係について調べてみると、興味ある報告が見つかりました。唾液腺の慢性の炎症のために、唾液の分泌が減少しドライマウスになる”シェーグレン症候群”という病気があります。
=中略=
さらにマウスの唾液腺を取り除くと、毛並みが悪くなることも知られています。
また、フリーのシアル酸を剃毛した動物に投与すると、剃毛後の育毛スピードが明らかにアップしました。これらから、唾液は飲み込むことにより全身でIGF・1を増やし、育毛効果を発現させると考えられます。
唾液は直接頭皮に塗布しても、育毛効果を発揮するようです。フリーのシアル酸を6人の男性型脱毛症の方達に6ヶ月間、頭部に塗布して育毛効果の有無を検討してみました。その結果6人中5人に育毛効果が認められました。
IGF・1は、海馬の神経細胞を再生させ、認知機能を改善します。よく噛むことのボケ防止効果は、やはりIGF・1の効果である可能性が高いようです・・・。

とのことです。
いずれにせよ、体には良いことまちがいなさそうですね。・・・

2018.1
◆ダチョウの卵が髪に良い、という話

(「ちちんぷいぷい/2017年3月」毎日放送より)

四方山話

今回ご紹介するのは、免疫力に関する研究の話し。大学などの研究機関発表にも、今後は注目しておいたほうがよさそうですね。


「ちちんぷいぷい - 毎日放送」 2017年3月8日放送の「Today's VOICE ニュースな人」のコーナーでは、京都府立大学大学院 生命環境科学研究科の塚本康浩教授の取り組みについて取り上げられました。ダチョウを愛する塚本教授は「ダチョウが持つ免疫力」に注目し、ダチョウの卵から取れる抗体を使って今までに「インフルエンザ」「花粉症」に効果があるマスクや、「ニキビ」を治療する薬を開発してきました。ダチョウはケガをしてもすぐに治るし、寿命が60年くらいある中でもともと不潔な鳥であるのに感染症にもかからないことから、非常に「免疫力が強い、いい抗体」がとれるのではないかと研究を始めました・・・・とのことです。

私たちの知らないところでは、日々様々な研究や開発が進んでいますね。
ちなみにその他放送局(BS日テレNews等)でも取り上げられているようです。

2018.2
◆「カツラ」の生活は想像以上に大変。という話

(『快適!カツラ生活Q&A』:出版文化社より)

四方山話

今回ご紹介するのは、幼少期から円形脱毛症を患って「円形脱毛症を考える会」の会長も努めていたカツラカウンセラーの阿部更織さん。『快適!カツラ生活Q&A』(カツラカウンセラー視点からのQ&A)の一部を抜粋してご紹介させていただきます。特に女性の立場からの悩みにはご苦労が絶えないと、改めて考えさせられます。


Q1:現在、妊娠中です。出産入院時は、やはりカツラを外すべきでしょうか?

A1:カツラをつけていて、出産経験者の方に話を聞くと、やはりみなさん最初はカツラをつけたままで、と考えます。そこで、カツラをつけたままだと、力むと汗をかくから気持ち悪いんじゃないか、力んでいるうちにカツラがズレてしまうのではないか、などなど、不安になるようです。ところが、いざ陣痛が始まると、カツラのことなんて考える余裕がなくなり分娩台に上がる前に、自らカツラを外した、というのです。これまでに、私はナイトキャップをかぶっていた方と、手術室でお医者さんがかぶっている青い帽子を貸してもらった方は知っていますが、カツラをつけたまま出産した方に会ったことはありません。それほど、陣痛・出産の痛みは想像を絶するものなのでしょう。=以下略=

Q2:親がカツラをつけていることで、子供がイジメられるのではないかと不安です。

A2:私が代表を務めていた『円形脱毛症を考える会』には、約三百人の会員さんがいますが、カツラをつけている自分のせいで子供がイジメを受けている、という話は一度も聞いたことがありません。もし、子供がひどいイジメに遭っているとしたら、会で話題に上がらなかったわけがありません。
=中略=
認識できる年齢になれば、子供同士の問題として片付けられる処理能力が、身についていると思います。そのとき、親はジッと子供を見守っていてあげることです。口をはさみたくなるのは、子供のことを気にかけているのではなく、自分がどう見られているかが気になっている証拠だと思います。

少々長くなりましたが、脱毛症の当事者でなければわからない悩みや苦労。私たちも、こうした悩みをもっと理解する必要があるかもしれませんね・・・。

2018.3
◆ストレスから生じる脱毛。という話

(『育毛の真理』東田雪子:角川学芸出版より)

四方山話

今回の「植毛アラカルト」は、育毛や脱毛を女性目線から執筆している東田雪子さんの『育毛の真理』からストレスと脱毛に関する一文をご紹介。
いろいろなサイトやSNSにも紹介されている書物ですので、ご存知の方も多いかと思いますが、注目すべき関心事なので、ぜひ今一度ご覧ください。


現代はストレスの時代と言われるが、食料の確保が難しかった太古の昔も、今とは違う大きなストレスがあっただろうし、戦が絶えなかった戦国時代の人々のストレスが、今より少なかったとは考えにくい。したがって、現代社会のストレスによって、脱毛が急増している訳ではないが、ストレスが原因で、薄毛になってしまう方が多いのも事実である。
=中略=
頭皮の毛細血管も、このストレスの影響で収縮してしまうので、髪をつくり出す毛母細胞への栄養補給が滞りがちになってしまう。しかも慢性ストレスの場合は、ストレスを感じるたびに毛細血管が縮んでしまう。 その結果、毛根への栄養が届きにくくなるので、毛母細胞の働きが弱くなり、髪が細くなったり抜けたりして、徐々に薄毛が進行する。
ストレスがなくなれば、髪は徐々にもとの状態に回復するが、ストレスを受ける環境から抜け出せない場合は、年齢に関係なく、育毛剤の力を借りて、毛母細胞への栄養補給を行う必要がある。 ・・・・とのこと。

髪に良いといわれている事と、良くないとされている事、世の中には様々な情報がありますが、「ストレス」だけは髪に限らず、心身にも良くないモノの筆頭ですね。

2018.4
◆頭皮のかぶれで治す。という話 円形脱毛症の最新治療

(BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】 2018.4.19放送より)

四方山話

「免疫」に関する大学などの研究や治療情報は以前も(NEWSでも)取り上げましたが、免疫療法の研究はさまざまな研究機関でおこなわれていることに、改めて気づかされました。


順天堂医院(東京都文京区)で行っている局所免疫療法を紹介。 「SADBE」という薬を塗ると軽いかぶれを起こす。そのかぶれが治療の鍵を握る。 本来ウイルスなどを攻撃する免疫細胞に異常が起こり、髪の毛を作る細胞を攻撃してしまうことで毛が抜ける。(原因は不明) 局所免疫療法では薬で意図的に頭皮にかぶれを起こすと髪の毛を攻撃していた免疫細胞がかぶれた場所を治そうと移動し、髪の毛への攻撃が収まる。そのため、症状が改善する。 ・・・・・・・とのこと。

ちなみに、「局所免疫療法は3割の人に有効(順天堂大学皮膚科・池田志斈教授)」ということです。一般人にとって「免疫療法」は、何が良くて何が悪いのか、少々難しい話ではありますが、これからも注視していくテーマではありますね。

2018.5
◆駄洒落やユーモアでハゲ頭をポジティブなモノにする「頭髪川柳」、という話

(「ハゲ川柳」(ツル多はげます会・著):河出書房新社より)

四方山話

今回は少し思考を変えて、テレビや雑誌等で取り上げることの多い「ツル多はげます会」の『ハゲ川柳』をご紹介いたします。禿げてること・薄毛であることをポジティブに、そして明るい話題におきかえることも、時のは必要なことのようです・・・。


平成元年2月2日:ツルツルの日?に「ハゲ頭で暗い世の中を明るく照らそう」と青森県鶴田町在住のハゲ仲間で結成された、「ツル多はげます会」。 ハゲ頭で紐を引きあう「吸盤綱引き」など明るくユーモラスな諸活動でも有名な会の例会などで、詠みためたものから厳選した川柳集『ハゲ川柳』。その中でも特に印象深い川柳をご紹介させていただきます。

  • 「海入り 上がってきたら 落ち武者に」
  • 「孫が言う 爺の顔は どこまでと」
  • 「抜けた髪 着くかと思い そっと置く」
  • 「大量の ワカメ購入 レジ笑う」

禿げていることを明るくユーモラスに表現することは、エイジングケアやメディカルでも太刀打ちできない「髪によいこと」の一つかもしれませんね。

2018.6
◆年々寂しくなってくる頭髪を笑いで賑やかにしてしまう「毛髪川柳」の話

(毛髪川柳 (日本自毛植毛センター/五月女ケイ子・著):日本文芸社より)

四方山話

先月紹介した頭髪川柳が、予想以上の好評を博しました。
思った以上に多くの読者の皆様から共感を頂いたようです。
そこで今回はハゲ川柳と同様に薄毛やハゲをポジティブにとらえた「毛髪川柳」を紹介します。


NPO法人日本自毛植毛センターでは、自毛植毛技術に関する調査研究など学術的な活動を行う一方で、「毛髪川柳」というユーモアのある書籍も発行されています。
今回はこの中から厳選した川柳を5句紹介致しましょう。

  • 「誕生日 ろうそく増える 髪は減る」
  • 「バーコード 風にふかれて 落武者に」
  • 「クールビズ ネクタイよりも ヅラとりたい」
  • 「おい孫よ 水をかけても 生えないぞ」
  • 「頭見て 敬語使うな 年下だ」

髪の毛に関する「川柳」に共感を得られるケースが多い理由は、それだけ同じ悩みを抱えている人が多くいるという証明でもあるように思えます。
川柳を通じ自分と同じ悩みを持つ仲間の存在を知る事で、少しでも楽しく日々を過ごせるようになるのであれば、ある意味での「読む薬」ではないでしょうか。

2018.7
◆小学生にもどって、身体の仕組みや髪の毛について勉強したくなる本。

(『皮膚と毛・かみの毛/からだをつつみ、まもるしくみ』(からだというふしぎな機械):小峰書店より)

四方山話

今回の植毛アラカルトは、「夏休みの研究」っぽく、児童図書館にて髪に関する書物を閲覧してみました。
その中から特に目にとまった『皮膚と毛・かみの毛』の1ページをそのままの表現でご紹介いたします。
お子さんの自由研究をお手伝いする時に役立つ書物・図鑑かもしれませんよ・・・。


毛には、見た目だけでなく、他にもたいせつな役割があるよ。たとえばかみの毛は、あたたかい空気の層を作ることで、熱をたくわえることができる。また、10代のころにはえはじめる陰毛は、よごれをよせつけないという役目をはたしているんだ。まつ毛、まゆ毛も同じで、目にゴミが入るのをふせいでくれるよね。

どうなっているの

皮膚にあいた小さな穴、毛包の底にある細胞を根っこにして、1本1本の毛は、はえている。どんな毛になるかは、毛包の形できまるんだ。長細い毛包からはちぢれ毛、だ円形の毛包からはまき毛、まんまるい毛包からは直毛がはえてくるんだよ。また、毛包が大きいと毛が太くなり、小さいと細くなるんだ。

死んでも元気

かみの毛の細胞は死んでいるのに、つやつやと健康そうに見えないかな。それは、1本1本の毛の根もとに脂腺があって、脂をだしているからだ。のびていくかみの毛を、この脂がコーティングしてくれるので、かみの毛はずっとしなやかなまま。脂の量が多すぎると、かみの毛がベタベタするし、少なすぎるとかみの毛がかわいて、ちぎれやすくなるんだよ。

知っているようで、意外と知らなかったりすることは児童書から学ぶも大切かもしれません。子供達以上に「植毛SOS」のスタッフたちに、もう一度読ませたい書物です。

2018.8
◆理容師が伝授!?する、「毛根刺激法」とは・・・。

(「髪がみるみるよみがえる毛根刺激の特効ワザ」:主婦の友インフォス情報社(「健康」特別編集))

四方山話

頭皮頭髪に良いとされる「ベタな毛髪健康法」は、星の数ほど出回っていますが、理髪師や理髪店が出版する書籍は希少なモノかもしれません。
そんな観点から、今回は全理連名誉講師・中央理美容専門学校講師 (出版発行当時)の板羽忠徳氏が記した頭皮への血行を促す【カニ・イカの手マッサージ】の抜粋文をご紹介します。
*いつものことですが、あくまでも書籍の紹介ですので、その効果効能はご自身で確かめてください。


頭皮マッサージのための手の形を覚える
カニの組み手

手のひらを広げ、両手の親指と人さし指を重ね、カニの形になるように組む。左右の指を重ねることで、指先に平均して力が加わり、頭皮を動かすことが容易にできる

エイの組み手

指を交互に組んで親指を立てる。エイの組み手は頭皮をしっかり安定させたまま指圧や手のひらによる圧迫ができる。力の入れ具合も自由にコントロールできる

イソギンチャクの組み手

エイの組み手とは反対に、手のひら側で指を交互に組む。すべての指頭を頭皮にあてて上に引き上げるように動かすことができるので、新生毛を引き抜くのを防ぐ

イカの手

人さし指、中指、くすり指の3本をたててイカの足のような形に。M字型といわれる左右の生え際の薄毛が気になる人は、この3本の指をそろえて円を描くようにマッサージ

サザエの手

左右どちらかの手を握り、親指は外に出す。巻貝のサザエの形に見える。この形で親指の第一関節で、頭頂部にある百会のツボを強く押す

髪の毛には「カニやイカの手マッサージ」はもとより、ワカメやコンブといった、海のモノが良いのかもしれませんね・・・。

2018.9
◆薄毛の品格 「幻冬舎よしもと文庫」

( 小杉 竜一 (著) : ブラック・マヨネーズ)

四方山話

薄毛やハゲをネタ(キャラクター)にする芸人は今も昔も数多く存在しますが、ここ数年、TVや雑誌で取り上げられることの多い芸人の一人に、ブラックマヨネーズの小杉竜一氏がいます。その彼が‘ハゲや薄毛で悩む人に“と発行した『薄毛の品格』は、「薄毛」について、真っ向から語った初めてのエッセイ。数々のイジリの修羅場から得た、シチュエーション別薄毛コミュニケーション術や意外なエピソード、またモト冬樹氏との対談など、コンプレックスを強みに変えた彼からのメッセージエッセイです。 その中から、気になった面白い一説や「薄毛の品格」を読んだ方々の感想などを少しだけご紹介させていただきます。

小杉 竜一(略歴:著者紹介情報より)
1973年京都府生まれ。吉本総合芸能学院(NSC)大阪13期生。98年、吉田敬とお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を結成。2002年第17回「NHK新人演芸大賞」演芸部門大賞、03年「上方お笑い大賞」最優秀新人賞などを受賞し、05年「M‐1グランプリ」で優勝。数多くのバラエティ番組で活躍中

  • 「薄毛の宣言」として、1、被るべからず。2、植えるべからず。3、卑屈になるべからず。 4、弱気になるべからず。 5、下を向くべからず。本書冒頭からの一節です。
  • この書籍は薄毛やハゲで悩む方にも参考になると思うのですが、薄毛の方にどう接したらいいのか?わからない人が読んでも参考になります。小杉さんのいう「愛のあるいじり方」や、「彼女や奥さんだったら一緒に悩んでほしい」というのは思わずなるほどと言う感じです。
  • 「小杉」をパソコンで漢字変換すると最初に出てくるのは「濃過ぎ」で、小杉竜一をイニシャルにするとK.R.(毛ー有るー)で、実家は京都の桂(カツラ)で、その隣の駅は上桂(髪カツラ)、という薄毛の芸人さんが書いた本です。
  • ブラック・マヨネーズの相方である吉田敬氏の頭皮を引っ張ってみたり動かしてみたらどうかという貴重なアドバイスを含んだ証言や、「例えば300万円かけてかつら作りました。で、カツラって言われた瞬間、その300万は無駄になるんだもんね」は面白い・・・。

本書には「植毛」や「治療」のキーワードは無に等しいので少々残念ではありますが、(特に「植えるべからず」は、当サイトにとって笑えない宣言ではありますが、これもまた、薄毛の方への応援メッセージなのでしょう。)髪の毛(薄毛)に悩む方々のが空虚感に見舞われる時、また薄毛仲間がそばにいない時など、同じ気持ちを持った方の『ケア』のひとつになるかもしれませんね・・・。

2018.10

  PAGE TOP

セカンドオピニオンドクターに聞く!

送信完了後、数分以内に確認メールが届きますので必ずご確認ください。

植毛に対する疑問点、不明点、質問等を【疑問・質問】欄にてお問い合わせください。

以下の全ての項目をご入力後、お間違いがないかご確認のうえ「入力内容確認」ボタンをクリックしてください。

必須ハンドルネーム
必須性別
必須E-mail
(半角/例:info@umedabiyou.jp)
必須E-mail (確認用)

(半角/例:info@umedabiyou.jp)
  都道府県
必須疑問・質問

入力内容に間違いがなければクリックして下さい。
タップして下さい。