植毛SOS-セカンドオピニオンサービス「患者視点」から自毛植毛をリコメンド。セカンドオピニオンが推進するファーストオピニオン
本当に知っておきたい”植毛”事情
植毛を考えている人 植毛で失敗した人 薄毛で悩んでいる人 もう一度植毛をしたい人 男性型脱毛症の方
植毛への質問 植毛に関する質問などお気軽にご連絡ください
自毛植毛体験談
【ケース1】植毛手術なんか受けなければよかった。2017.2

今から3年前に自毛植毛の手術を受けました。
それまでは発毛サロン(TVCMなどで有名な発毛サロンです)に3年ほど通っていましたが、 全く発毛効果が無く無駄な時間と高額な費用を浪費していました。
自毛植毛自体はネット等で情報を見て知っていました。薄毛を克服するにはこの方法しかないと思い植毛手術を受けたのです。

クリニックは新宿にある植毛専門のクリニックで、医師が数名在籍しているような大手のクリニックでした。
他のクリニックも3院ほどカウンセリングに行ったのですが、やはり大手ということで安心感が持てたのでこのクリニックを選んだのです。
私の担当の医師は年齢的には40代の方で、カウンセリングではしっかりと説明してくれ、とても信頼が持てる感じの医師でした。
カウンセリングでは私と同じように発毛サロンで高い費用をかけて効果が全く無く、 最終的な薄毛の解決策として自毛植毛を選ぶ方が多いということも話してくれました。

手術は生え際から前頭部にかけての範囲に植毛、費用的には260万円ほどかかりました。
発毛サロンの三年間の合計も同じくらいの費用がかかりましたので、貯金を全て使い果たしたことになります。
ただ、本当に薄毛が解消されるのであれば・・・。
そんな最後の希望だった植毛手術だったのですが、 結果からいうと取り敢えず生えてはきましたが、あまりにも不自然な生え際とスカスカの頭になってしまいました。 つまり大失敗の結果になったのです。
生え際はいきなり太くて黒い毛髪を移植しているため、明らかに不自然な仕上がりで、まるで人形の髪の毛の生え際になっていました。
それもかなり安い作りの悪い人形の頭のような感じです。だから前髪を上げることはできず、前髪を下ろさなくてはいけなかったのですが、 何しろ移植している間隔が広いため、まるで簾のような状態になり貧相この上ないイメージなってしまうのです。
同じように前頭部の移植した範囲も移植している間隔が広いため、明らかにスカスカの頭になってしまいました。
それもあまりにも規則的に移植されているために、周りの髪の毛の生え方と大きく異なり、見るからに変な頭の人になっていたのです。
最初は髪が伸びれば誤魔化せるだろうと思って我慢していましたが、逆に髪の毛が伸びるほどそのスカスカ感や生え際の不自然さ、 ボリュームの無さが目立ってしまい最悪の仕上がりになってしまいました。

後の祭りですが、もっといろんなクリニックで相談して植毛すればよかったと後悔しています。 仕上がりに満足している方も多くいらっしゃるのでしょうが、私の場合は本当に後悔しています。
大手のクリニックだから“安心して植毛を受けられる”というクリニック選びは間違いかもしれませんね。

植毛で満足できる結果を得るには、しっかりとした植毛手術の技術を持った医師を選ぶことだと痛感しました。

【ケース2】あれだけ高いお金を出したのに・・・余計に悩みが増えた。2017.3

30歳になる頃から髪の毛が薄くなり始め、45歳の頃には前頭部に一部だけ残して頭頂部が薄くなっていました。
所謂出島状態の薄毛のタイプです。ですからもう隠しようがない薄毛に悩まされ、 一時はカツラも使用していましたが面倒なメンテナンスとランニングコストでカツラも使わなくなっていました。
植毛のことはなんとなくですが知っていましたが、私の周りに植毛体験者がいなかったということもあり敬遠していました。
ただ、やっぱり薄毛が気になってしまい、精神的にも滅入ってしまう状態になり
<やっぱりどうにか薄毛を治したい>
と思い自毛植毛の手術を受けることにしました。
私の場合、頭頂部を中心に薄毛が広がっており、かなりの本数を移植しなくてはいけませんでした。
私が手術を受けたクリニックは<ロボット植毛>と言われる最新の植毛技術で、機械(植毛ロボット)を使っての植毛手術でした。
ここのクリニックに決める前に2件ほど違うクリニックにカウンセリングへ行ったのですが、 どうしても最新の植毛技術ということが気になって選んだのです。

手術では3,000株ほどの移植をしました。手術は朝10時から始まり終わったのは夜の8時くらいでした。
カウンセリングの際には手術の痛みはほとんど感じないとの説明でしたが、やはり痛みを感じました。
手術中は麻酔でなんとか我慢できましたが、手術の後がかなり痛みがありました。
手術後3ヶ月くらいした時のことですが、移植した髪の毛が一斉に抜けてびっくりしました。
なんでも一時的に移植した毛が抜けることがあるという説明で、私の場合もその一時的な脱毛という説明でした。

半年くらいすると徐々に移植した髪の毛が生え揃い出したのですが、 何ともバランスの悪い髪の毛の生え方なんです。なんといいますかムラがあるというか、 出島で残っていた前頭部の密度と移植した頭頂部の髪の毛の密度が明らかに違うんです。
余計に出島が目立っているように見えるんです。
時間が経てば生え揃ってバランスがとれることを期待していましたが、 全くその密度は変わりませんでした。
もっと密度を濃くすればおそらく残っていた前頭部とバランスが取れたと思うのですが・・・。

<あれだけ高いお金を出したのに・・・余計に悩みが増えた>
<失敗したかな・・・>
植毛手術を受けての正直な感想です。

これだったらいっそスキンヘッドにしてしまえば良かったとも考えてしましました。
でも、もう仕方がありません。なるべくバランスの悪さが目立たないよう短い坊主頭にしていますが、 やっぱり頭のムラは隠せることができないままです。
もう一度違うクリニックで植毛すべきかどうか悩んでいます。
やっぱりロボット植毛は良くなかったのでしょうかね。
移植する髪の毛を取った後頭部にも、丸く目立つ傷跡が残ってしまい途方に暮れています。
植毛を受けるのであれば、そうしたこともしっかりと説明をしてもらえる植毛クリニックを選んだ方がいいと思います。
最新技術だからといって満足できる結果になるとは限らないですからね。
しっかりと技術のことや結果など説明してもらえ、納得できるクリニックを選ぶべきだと痛感しています。

【ケース3】リスクがある場合、カウンセリングでしっかりと説明すべきだと思いました。2017.4

前頭部から頭頂部にかけて植毛をしました。ちょうど2年前になりますが、福岡にある植毛クリニックで手術を受けました。
私が植毛を受けたクリニックの院長は、自らも植毛の体験者だということで、 手術前から現在までの経過の写真をカウンセリングの際に見せてくれました。
手術の方法は、後頭部をメスで切って移植する髪の毛を皮膚と一緒に切り取り移植するという方法でした。
植毛についてはインターネットで調べていたので、このメスを使う方法とメスを使わない方法があることは知っていました。
本当はメスを使わない方法がいいと思っていたのですが、そのクリニックの医師は
<メスを使った方法の方がいい>
という説明で 正直言ってメスで切るというだけで<痛み><腫れ>それに<傷跡>のことが不安で、 最初は躊躇していましたがその医師が「大丈夫です」というので、その方法で決めたのです。

手術は時間的にいうと9時間ほどの手術でしたが、麻酔が効いていたせいかほとんどぼーっとしていて気がついたら終わったという感じでした。
大変だったのが手術の翌日からでした。
移植した部分はそう痛みを感じることはありませんでしたが、 移植する髪の毛を取るためにメスで切った後頭部の痛みには閉口させられました。とにかく痛いんです。
痛み止めの薬を飲んでも疼くような後頭部の痛みで、仰向けで寝ることさえできないくらい痛かったんです。
その痛みは2週間くらい続いて、もう仕事にも集中できないくらいのものでした。

移植して2ヶ月目くらいに移植した髪の毛が抜けてきましたが、一時的な脱毛だという説明だったのでそのまま待つこと半年。
なんと移植した髪の毛の40%くらいしか生えてこなかったのです。
もう少し時間が経てばもっと生えてくると信じて待っていましたが、結局そのままの状態で落ち着きました。
何度かクリニックに納得いかない旨を伝えましたが、結局再度手術をするしかないと言われ、 また同じ痛みを味わうのが嫌だったので泣き寝入りしました。
それと後頭部にできた幅2センチ長さ18センチほどの傷痕に悩まされることになりました。
この傷痕のせいで髪型も制限され、夏場に短くすることもできなくなりました。
傷を隠そうと髪の毛を長くすると、風が吹くたびに後頭部の傷痕が痛々しく見え隠れしてしまうのでもうどうすることもできませんでした。
だだ、この後頭部の傷痕も同じ自毛植毛の手術(メスを使用しない)で傷痕に植毛して目立たなくすることができるということを知り、 近いうちに東京のクリニックに相談しようと考えています。

こういうリスクがある場合、カウンセリングでしっかりと説明すべきだと思いますね。
自毛植毛を考えているなら、そうしたメリット・デメリットをしっかりと説明してくれる医師がいるクリニックを選んだ方がいいと思いますね。

【ケース4】クリニックでもないのに、植毛施術を行うサロンに不安を感じた。2017.5

かつらや、頭皮のマッサージなどをする<育毛サービス>と、頭皮に直接自毛を植え付ける<植毛サービス>の2つのサービスを提供する宣伝を見て、いわゆる美容サロン的な施設に伺いました。

綺麗なサロンで雰囲気もよく、また患者さんもたくさんいましたし、カウンセラーらしき40代の男性も親切にカウンセリング対応してくれましたが、カウンセリング途中で植毛の話になったので、私から、

「麻酔をして頭皮に人工毛や自毛を植え付けるので医療行為ではないか?」

と質問したところ、

「施術は医師が行います。植毛定着率も7割~8割以上です。現実に数100名に施術実績もございますので、ご安心ください。」

との回答。とは言え、医療機関でないことは事実なので、不安に思いお断りしました。

施術後のケアや障害、植毛の効果、そして高額な料金ですので、慎重になるのは当然だと思っています。

【ケース5】「失敗ではないので返金はできない。再度手術をするなら同様に費用がかかる!」と、言われてショックです。2017.6

私は、昔からおでこが広い事にコンプレックスをも持っていました。社会人になり自毛植毛を知りました。今の自分にはこれしかないと思いコツコツお金を貯めて、やっとのことで自毛植毛の手術を受けることができました。しかし、移植した部分からは毛は生えてきましたが、思い描いていたイメージとは異なり、生え際が一直線でとても不自然な髪形です。病院側に相談したところ、契約書にも記載していることで

「失敗ではないので返金はできない。再度手術をするなら同様に費用がかかる!」

と言われました。

<薄毛解消>という言葉に自分が浮かれていたこともあり、反省する点もあるのですが、以前のコンプレックス以上に周囲の目も気になるし、何よりせっかく貯めたお金がムダになってしまったこと。悔しくて夜も眠れません。

【ケース6】アフターケアがないそんな印象でした。2017.7

私が自毛植毛の手術を受けたのはちょうど3年前になります。43歳の頃です。それまでは育毛剤を使ったりしていましたが、全く薄毛の改善は見られず、TVCMで有名になったプロペシアを皮膚科の病院で処方してもらっていました。
プロペシアも何となくでしたが頭頂部には効果があったように思います。ただ、私が一番気にしていた生え際には全く効果がありませんでした。
皮膚科にドクターから

「毛髪が残っていないところからは髪の毛は生えません」

と言われ、薬の服用もヤメてしまおうかと悩んでいたのですが、薬の服用をヤメてしまうと、頭頂部は以前よりも薄毛が進行してしまうということで止めるにヤメられなかったんです。
どうしても諦めきれなかった私にそのドクターが勧めてくれたのが<自毛植毛手術>だったのです。

「後頭部の髪の毛を移植する方法で、確実に髪の毛が生えてきます」

という説明で手術を決意しました。

私がこの植毛を受けたのは植毛専門のクリニックで、かなり有名なクリニックでした。
インターネット上でも広告が出ているようなクリニックでしたから、結構受けている人が多いのでは?ということで決めたんです。

そのクリニックはカウンセリングと診察、そして手術の執刀医がみんな異なっていて、今考えてみるとその時点で私の植毛手術は<失敗>だったのかもしれません。
どんな病院(大学病院などは違うと思いますが)でも外科手術を行う場合、基本的には診察する先生と執刀医は同じだと思うのです。特にこの自毛植毛のような手術の場合、腫瘍などを取り除く外科手術と違うと思うんです。植毛手術は、しっかりとカウンセリングで患者の希望を聞いてその希望に合わせることが最重要な美容外科的手術と同じだと思うのですが、それができていないクリニックだったわけです。これでは自分の想像していた結果になるわけがないですよね。

私が受けた植毛手術は、後頭部の皮膚を切り取って移植する手術方法でした。本当は後頭部を切らない方法を希望したのですが、私の後頭部の髪の毛の量が比較的少ないということで、切らない手術だと後頭部がスカスカに見えるという理由から後頭部の皮膚を切る手術にしたんです。

まずこれが第一の失敗でした。手術の最中は麻酔が効いているので痛みはあまりありませんでしたが、麻酔が切れた後の痛みが酷かったんです。その痛みも後頭部がジンジンと疼くような痛みが続き、仰向けで寝ることもできないくらいの痛みが数日続きました。
痛み止めの薬も処方されるのですが、やはり痛みを感じるんです。この痛みがしんどかったですね。

「本当にこの痛みは無くなるんだろうか?」

と不安になるくらいでした。
この痛みが治まってきても、後頭部の“ツッパリ感”は数ヶ月続いていました。
あまりの心配でクリニックへ行っても

「大丈夫ですよ、しばらくしたらツッパリ感も消えますから」

というだけで、同じように痛み止めの薬を処方するだけでした。

「アフターケアがない」

そんな印象でした。

移植した髪の毛は8ヶ月くらいには生え揃いました。途中3ヶ月目くらいに3分の2くらいが抜け落ち心配でしたが、カウンセリングの際に<一度抜け落ちる>という話を効いていましたから、

「これがそうなんだ」

ということでそのままにしていました。

結果からいうと“移植したところがスカスカの密度で、移植していない部分との差が目立ってしまいかなり不自然な仕上がり”になっていたんです。
もう他人から見たら明らかに“変な生え際のライン”なんです。とてもではありませんが、人前に出れないくらいのひどい状態でした。それに生え際のラインが一直線になっていること、あと移植している部分がまるで人形の髪の毛のような“あまりにも規則的に植えられている”という状態でした。まるで田植えの苗のような並び方です。

「こんなことなら植毛しなければよかった・・・」

あれだけ高い費用をかけて期待していましたが、本当に悔しいくらいの失敗です。
クリニックにも仕上がりについて不満があること、失敗したのだから手術費用の返金を希望したのですが、

「手術自体は移植した毛髪が生えているので失敗ではない」

ということで返金は拒否されてしまい、挙げ句の果てはもう一度手術をやり直すなら手術費用の30%は割引しますという話の展開に。
もうあきれ果てて何も言うことができませんでした。

「こんなクリニックで二度と植毛なんかするか!」

実は今違うクリニックで二度目の植毛を考えています。
一度違うクリニックにカウンセリングに行って私の状態を見せたのですが、その先生曰く

「どうしてこんな仕上がりになるのか不思議ですね」

と言われました。
全く仕上がりのことなど考えていない、ただ闇雲に髪の毛を移植しているだけだそうです。

一度植毛を失敗してるので慎重にクリニックを選びたいと思います。
今は多くの植毛クリニックができているので、しっかりと情報を集めて納得いくまでカウンセリングを受けた方がいいと思います。
植毛を失敗しないためにも・・・。

【ケース7】結局残ったのは後頭部の移植する髪の毛をとった部分に残った白い小さな傷跡だけでした。2017.8

全国に数院展開している自毛植毛クリニックで植毛手術を受けたのですが、私の場合“失敗”でした。元々、自毛植毛自体は知っていたのですが、どこのクリニックが評判がいいのか分からなかったものですから、インターネットでいろんな情報サイトなどで調べてこのクリニックを選んだのです。このクリニックには医師が数人在籍しているようで、皆経験豊富なベテランドクターという触れ込みでした。私の担当の医師は年齢的には私より少し年下のようで、カウンセリングの際の対応もソフトな感じで印象は悪くありませんでした。
そのクリニックでは、一番最初に女性のカウンセラーという方とのカウンセリングからスタートしました。私は医者と話をしたかったので

「先生と話がしたいのですが・・・」

と告げると

「まずはカウンセラーとのお話からスタートして詳しい話(費用や手術のこと)が終わってから先生とのカウンセリングになります」

という返事でした。
少し不思議な感じがしましたが、それがこちらのやり方ということなので仕方ありません。
その女性カウンセラーから手術の内容や費用のことなど説明を受けた後に、医師とのカウンセリングがありました。

医師とのカウンセリングでは私の場合の移植本数がどのくらいなのか、手術時間はどのくらいなのかなど、具体的に説明したくれました。
手術の決定は少し考えてから返事をします、ということでカウンセリング当日には決めませんでした。休みのこともあったので、手術は1ヶ月後に受けることになり、電話で手術の日程を予約しました。

私の場合移植する髪の本数は1600株でした。そのクリニックではメスを使わない自毛植毛手術を推奨しており、私もメスを使うのは怖いというイメージがあったのでその手術方法で植毛しました。

手術中の痛みは思ったほどありませんでしたが、麻酔の注射がとても痛かったです。
私は頭頂部を中心に植毛しました。本当はもっと本数を増やしたかったのですが、予算的にギリギリだったために1600株の移植になったのです。

手術後は頭頂部ということもあって、自分自身で確認しづらいこともありましたから、クリニックで手術前の写真を撮ってもらい、1ヶ月ごとに自分で写真撮影して経過を確認していました。
最初は移植した部分を触るとチクチクしていたので、生えてきているように思えました。
ただ、2ヶ月、3ヶ月経っても毛が増えたようには見えませんでした。
そのことが不安でしたので3ヶ月を過ぎた頃に定期健診に行きました。
そしてその旨を医師に伝えると

「一時的に移植した毛髪は抜け落ちますが、またか必ず生えてくるので心配いりません」

ということでした。ただ、自分で見ても移植した髪の毛だけではなく、周りの毛も抜け落ちているように思えたんです。

「それはショックロスですね。暫くしたらまた同じように生えるので大丈夫です」

との説明で少し安心しました。

「8ヶ月過ぎても全く生えてこない。手術前よりも薄毛が酷くなっている!」

結局8ヶ月を過ぎても抜け落ちたと思われる移植された髪の毛も、その周りの髪の毛も復活する気配がありませんでした。手術後触ると感じていたチクチクとした感触もなくなり、この状態から生えてくるとは到底思えませんでした。
何度か相談に行きましたが、何のアフターケアもなく再手術を勧められましたが、もう貯金も使い果たしてしまい手術することもできませんでした。
その後、別のクリニックに相談に行きましたが、8ヶ月過ぎて移植した毛が生えてこなければ、もう生えてくることは考え難いと言われ諦めました。

これって手術失敗ですよね。結局残ったのは後頭部の移植する髪の毛をとった部分に残った白い小さな傷跡だけでした。
何で生えてこなかったのでしょうか。個人差もあるのでしょうが・・・悔しいですね。
植毛手術を受けるのなら、しっかりとした技術とそれに伴った症例を持っている医師がいるクリニックを選ぶべきですね。

もう少し調べればよかったと今頃後悔しています。

【ケース8】見極めてクリニック、医師を選んで植毛手術受けた方がいいのではないでしょうか。2017.9

私が自毛植毛の手術を受けたのは46歳の夏でした。30代から薄毛に悩んできた私は、それまでに育毛剤から始まり着け毛、そして発毛サロンまで、あらゆる薄毛対策を経験してきました。最初の頃はどうしてもカツラを被るということに抵抗がありましたから、育毛剤でなんとか髪の毛が生えてくれば・・・という願いで育毛剤を始めました。それこそ1本数千円もする高価な育毛剤でした。
“また生えてくる!”という触れ込みのCMまでやっているようなものから、どこで製造しているのか分からない微妙なものまで試してみましたが全くダメ。
その後嫌々ながらもカツラメーカーに相談し、どうしてもカツラに抵抗があったので当時ものすごい勢いでTVコマーシャルをやっていた、人工の髪の毛を特殊な両面テープで貼り付ける増毛法に挑戦しました。

確かにこれは着けるといきなり髪の毛が増えるので、見た目は変化があっていいのですが、何しろ薄毛で少なくなっているにもかかわらず、両面テープで貼り付けるために残っている貴重な自分の髪の毛まで剃らなくてはならないことがとても辛かったんです。付け替えるときの虚しさは経験した人でしか分からないと思いますが、大切な貴重な自分の髪の毛を犠牲にして着け毛で誤魔化すということが嫌になりこれもヤメました。

最後はTVコマーシャルでも超有名な発毛サロンに通いましたが、ただ単にマッサージや育毛剤のようなものを塗り込まれるだけで、ほとんど効果はありませんでした。CMで出てくる

「私はこんなになりました!」

と登場する人たちは本当なのか疑わしいものです。
それもかかった費用は500万円!いつのまにか500万円ものお金を払っていたんです。中にはそれ以上払っているというような噂も聞いたこともありました。

そんな薄毛解消のために長年苦労してきた私でしたが、あるテレビ番組で目にした<自毛植毛>という外科手術を知って希望を持ってしまったんです。
これまで薄毛解消のためにつぎ込んだお金を考えると、一旦は躊躇、諦めるのですが、“今度は本当に髪の毛が生えてくるかもしれない”という期待が膨らんでしまい、ついにはカウンセリングを受けようとクリニックへ電話をかけていました。

自毛植毛についての知識は全くと言っていいほど知らない私、自分自身の髪の毛を薄い部分に移植し、そこから髪の毛が生えてくるという仕組みに驚きを隠せませんでした。

「本当に生えてきたら凄いな。薄毛じゃなくなるんだ」

私が相談に行ったのは全国にクリニックを有する所謂大手植毛クリニックでした。なぜ選んだかというと、ホームページを見るとベテランのドクターが多勢在籍しており、植毛手術の症例数も何万人もという触れ込みが目を引いたからです。それなりの症例数があるということは、ドクターの技術も高く信頼できるかな?という理由でした。

クリニックでのカウンセリングはドクターが担当ではなく、女性のスタッフでした。毛髪カウンセラーということでした。カウンセリングに内容は手術の内容や費用のこと(自分の場合だと大体いくらかかる等)を説明してきたのですが、私は先生とカウンセリングさせてほしい旨を伝えたのですが、医師とのカウンセリング、診察はカウンセラーとのカウンセリングの後という説明に、少し不安を覚えました(この不安が後々の後悔の始まりだったように思います)。

カウンセリングでは私が手術を本気で考えているのかどうかを探っているように感じました。そして長いこと自毛植毛や費用について、手術後のことなどの説明の後医師とのカウンセリングでした。

カウンセリングが比較的年配の医師で最初は親身に私の疑問に答えてくれていたんですが、あまりにも私の質問が執拗だったのか、途中からなんとなく投げやりな応対になりました。
自分としてはこの自毛植毛を受けるつもりでカウンセリングへ来ていましたから、ここでこの先生にヘソを曲げられてもと思い、それ以上の質問はやめておきました。本当は痛みや腫れのこと、実際には自分の場合どのくらいの本数を植えればどのくらい変化があるのか?等聞きたかったのですが・・・。

「で、どうしますか?手術しますか?」

そう医師から聞かれ

「はい、お願いします」

という流れですぐに手術の予約をとることになりました。

手術当日に分かったのですが、私のカウンセリングを担当した年配の医師が手術の担当ではなく、別の若い医師が担当になっていたんです。
あれっ!と思いカウンセラーに聞いたところ

「あの若い先生の方が手術の腕はいいので安心してください」

と説明。

「あれだけカウンセリングの際に詳しく自分の希望を伝えたのに・・・。」

手術当日に同じようにまた医師が聞いてきました。

「どんな感じにしますか?」

私は

「カルテに書いてないんですか?前回来た時に詳しく希望を話しているんですが」

と少しキレ気味に言いました。

「最終的に確認しておきたいので・・・」

その時点で手術をキャンセルしておけばよかったと、今になって後悔しています。

結局自分の希望していた髪の毛のはデザインや髪の毛の流れなど、全く希望していたものにはなっていませんでした。
手術後髪の毛が生えてくるたびに<違和感><希望と異なる仕上がり>を感じ、何度もクリニックへ説明を受けに行きました。

「ちゃんと生えてきていますし、もう少し待てばこの部分からも生えて希望通りのデザインになりますから」

1年待ちましたがそんな話はデタラメ、何度言っても聞き入れてもらえず泣き寝入りしました。

それでも諦めきれない私は、その後別の植毛クリニックで自毛植毛の手術を受けました。そのクリニックの先生は私が最初に受けた大手クリニックの院長をされていた方でしたが、カウンセリングも診察もその先生が担当、懇切丁寧に私の細かい質問にも答えてくれました。

「信頼できそう・・・」

2度目の手術から8ヶ月ほど経ちましたが、本当に満足できる仕上がりになっていますね。自分が望んでいたボリューム感や生え際の髪の毛の流れなど・・・。

これから植毛を考えている方にアドバイスするとしたら・・・
まず

  • カウンセリングと診察、手術はちゃんと同じ医師が担当しているか
  • カウンセリングの際に質問にしっかりと答えてくれるか

だと思います。

自毛植毛手術の費用はかなり高額なものです。ですから、こうしたことをしっかり見極めてクリニック、医師を選んで植毛手術受けた方がいいのではないでしょうか。

【ケース9】実績とそれに見合う手術費用を提示しているクリニックを選ぶべきだったと痛感しました。2017.10

新宿に新しくできた自毛植毛のクリニックで植毛の手術を受けました。それまでいろんなクリニックのホームページ等見てどこのクリニックにしようか悩んでいたのですが、とりあえずいくつかのクリニックでカウンセリングを受けたんです。
カウンセリングに選んだクリニックは、症例数が日本で一番だというクリニックと国際毛髪学会の先生がいるというクリニック、それと新しく開院したばかりのクリニックのこの3つの植毛クリニック。まずは症例数が日本一だとホームページ上で謳っているチェーン展開しているクリニックですが、カウンセリングは医者のカウンセリングではなく、毛髪アドバイザーなる男性が担当で、そのアドバイザー自身も植毛の手術を受けているということでした。まずは自毛植毛とはというところから始まり、私の場合の大まかな費用の説明がありました。私としてはもっと具体的な手術の話や自分の場合のケースを聞きたかったのですが、なかなか医者が出てきません。手術を受ける意思があるのか無いのかを確かめている感じがしました。おそらく手術を受ける意思があまり無い人は、この毛髪アドバイザーでカウンセリングを行い篩にかけている感じがしたので、

「手術を真剣に考えているので先生と話をさせてほしい」

という旨を伝えると、少し待たされた後医師のカウンセリングになりました。

カウンセリングは医師の一方的な手術方法の説明ばかりで、基本的にあまり質問させてくれない感じでした。費用のこととかを詳しく聞くと

「アドバイザーに聞いてくれ」

というだけで、金額など費用については詳しく説明してもらえませんでした。何というか、あまり親切に対応してくれていないように思えるくらい、ぶっきら棒な印象を受けました。

「ここでの植毛はないな・・・」

二件目のクリニックは国際毛髪学会の医師がいるクリニックで、ホームページ上での症例写真の数はダントツでした。開院して長いということもあるのでしょうが、その圧倒的な症例数はクリニック選びには重要なポイントになると思いました。
対応した医師もあまり手術を押し付けるようなカウンセリングではなく、どちらかというと

「いろいろ調べて納得行くところで受けたらいいですよ」

というスタンスのカウンセリングでした。カウンセリングの際にこちらが二件目の植毛クリニックで、一件目は日本一の症例数のクリニックの名を挙げると、

「あそこのクリニックは機械を使った植毛手術で、症例数も一人の医師の実績ではなく、チェーンクリニックの合算の数字ですね。過去の症例数であれば当院の方が多いと思います」

という説明に。それにこのクリニックは後頭部の毛髪をメスを使って切る手術を勧めてきました。この方法が自毛植毛の世界ではスタンダードであって、機械式の自毛植毛術は世界的に見ても少ないという説明でした。
自分的には切らない手術を希望(メスで切るということに抵抗がありましたから)していたので、少し考えさせてくださいということでこのクリニックのカウンセリングを終わらせました。

最後に訪れたクリニックは開院してまだ数ヶ月の新興の植毛クリニックでした。カウンセリングは最初は男性のカウンセラーが出てきてそのあとに医師が診察するという最初のクリニックのパターンでした。その男性のカウンセラーも3回植毛手術を受けたということで、患者目線の聞きたい話を丁寧にしてくれ、印象はとてもよかったんです。
カウンセリングを担当する医師は院長先生ということでしたが、年齢的には自分と変わらないくらいの優しそうな先生でした。その先生も自分自身も植毛の手術を受けたということで、痛みのことや腫れ、実際に生えるのかどうかなど、詳しく丁寧に説明をしてくれ、3つのクリニックの中で一番親切な印象でした。
私がこの新しいクリニックで植毛手術を受ける決心をしたのが、このスタッフや医師の対応が良かったということ、それと一番の決め手になったのが費用の安さでした。
他のクリニックに比べ手術費用が1円でも高ければ値下げしてくれるという最安値保証と、オペ保証制度なる保証制度があったことです。これは植毛した箇所なら生えるまで無料で何度でも植毛してもらえるものでした。 できれば少しでも費用を安く抑えたかったということ、それともしも生えなかった場合、生えてくるまで植毛してもらえるという保証制度は本当に魅力的でした。 それでこの新しい植毛クリニックで手術を受けたんです。

私の場合、生え際から前頭部にかけて2000株の移植をしました。手術自体は約10時間ほどかかりました。不安要素であった手術中の痛みは思ったほどではありませんでしたが、手術の当日の夜は後頭部の痛みや移植した部分の疼きが気になりなかなか寝ることができませんでした。

手術後の2週間は移植した部分を触るとチクチクと移植されているのが感触としてわかりましたが、2ヶ月目からそのチクチクとした感じが少なくなったんです。
それで手術後検診を受けに行って診察してもらったのですが、

「これは一時的な移植毛の脱落なので心配いりません」

との説明でした。
カウンセリングでは一時的に抜けるという説明は無かったので

「そんなことは聞いてない」

と告げると

「いや、必ず説明しています」

という押し問答に。

「毛根が残っているので時間が経てばまた生えてきますから、しばらく様子を見ましょう」

ということになり、6ヶ月ほど待っていたんですが一向に髪の毛が生えてくる気配がありませんでした。
それで心配になりオペ保証制度を使ってもう一度やってほしいことを電話で伝えると、

「まだ半年なので8ヶ月経過を見て決めましょう」

ということに。
焦りはありましたが、8ヶ月過ぎないともう一度手術はできないというので仕方ありません。

それから8ヶ月が過ぎても全く生えてこないばかりか、明らかに生えてきた部分と抜けた部分がはっきりと分かるほどムラができたんです。それも移植して残った部分もスカスカの密度で、植毛をしたとは思えないほどの見窄らしい結果に・・・。

それで再手術をお願いしようとホームページで連絡先を調べようとしても、そのホームページがどこにも出ていないんです。

「?」

yahooやグーグルを使って検索しても、全く出てこないんです。
そんな中で自毛植毛のクリニックを比較検討するサイトに偶然入ったらそのクリニックの情報が出ていたんです。

「〇〇クリニックは閉院してる」

と。
私と同じようにこのクリニックで植毛を受けた人が投稿した情報でした。
この時は目の前が真っ暗になりました。閉院する前に一言言ってもらいたかった・・・。
なんて無責任なクリニックなんだと。

悲惨な状態になって人前に出れなくなってしまった私は途方にくれました。
やっぱり安いだけの植毛ではダメだったのかな・・・。

結局1年後にしっかりとした植毛専門のクリニックで再手術した私の頭は、嘘のように生まれ変わり、本当に自然な生え際とボリューム感のある頭髪を手に入れることができました。そのクリニックで相談した際に事情を話し、頭髪の状態を見てもらいましたが、明らかに技術のない医者が行った植毛手術の典型的な結果だということを聞き、やはりしっかりとした実績とそれに見合う手術費用を提示しているクリニックを選ぶべきだったと痛感しました。

これからし植毛手術を考えている方は、しっかりと情報を集め、自分が納得いくまでカウンセリングで話を聞く、聞いてもらうことが正しいクリニック選びの第一歩だと思います。

【ケース10】私の自毛植毛失敗談2017.11

私が自毛植毛の手術を受けたのは42際になる頃でしたから、ちょうど4年前になります。選んだクリニックは美容外科系列の植毛クリニックでした。手術は後頭部から移植用のドナーを切り取って移植する方法でした。
カウンセリングでは手術の方法や手術後どのくらいで生えてくるのかなど、細かく説明してもらえました。

手術は麻酔が効いていることもあって、手術中は痛みを感じることは少なかったのですが、手術の翌日から痛みが強く痛み止めの薬を飲んでも痛くて眠れないほどでした。後頭部を切っているので仕方がないのでしょうが、仰向けで寝ることができないくらいの痛みでしたね。これには閉口してしまいました。

手術後2ヶ月くらいは順調に生えてきていたのですが、3ヶ月目に入る頃に半分くらい抜け落ちてしまいました。不安になりクリニックに相談に行きましたが、

「一時的に抜けることがあるが心配ない」という説明でした。
一度抜け落ちてから1ヶ月ほど経つとまた生えてきたのですが、その生えてきた髪の毛は抜けた数の半分くらいしか生えてきませんでした。
半年ほど様子を見ていましたが、その後抜けたところから生えてくることはありませんでした。

その後クリニックへ相談に行きましたが
「頭頂部の植毛は生着が難しいから」と驚くような言い訳にビックリでした。
カウンセリングではそんな説明は無かったのに・・・。

それで他の植毛クリニックに相談したところ<生着率が悪いから抜けた>という説明でした。

このクリニックのドクターの説明だと、後頭部のドナーから移植するグラフトを作るときに時間が掛かってしまい空気に触れて鮮度が落ちたり、 つけてしまうと、私のように生着率が低い植毛になってしまうということでした。
頭頂部への植毛は確かに難しいらしく、移植の影響で周りの残っている髪の毛が<ショックロス>というものを起こして抜けることもあるということでした。 ただ、しっかりとした移植技術を持っていれば、そうしたことも起こらずに生着するということでした。

結局私の場合も、移植した毛髪が生着せずこの<ショックロス>の影響で、植毛する前よりも薄くなってしまいました。

「こんなになるんだったら植毛しなければよかった・・・」

本当に後悔しました。高いお金を払ったのに、前よりも薄くなるなんて。
最初に説明してくれればよかったのに・・・。

植毛の手術を受ける際は、こうしたデメリットもしっかりと把握・納得して受けるべきですね。あとは、確かな技術を持った医師がいるクリニックを選ぶことが一番大切なのかもしれませんね。

今はお金を貯めて2回目の手術を考えています。今度は失敗しないようにしっかりと調べてから植毛するつもりでいます。

【ケース11】治療部位:頭頂部2017.12

3年前に東京の植毛クリニックで自毛植毛の手術を受けました。
大阪市内でも数件の植毛クリニックがありましたが、できれば東京都内のクリニックでと考え手術を受けました。 結果から言うと私の植毛手術は<失敗>でした。何度か手術を受けたクリニックへ相談に行きましたが、今回の手術自体は<失敗ではない>と言われました。 患者が十分に満足していない結果であれば、これは<失敗>では?と訴えても答えは<失敗ではない>という返答でした。

私が失敗だと訴える理由は<移植した本数の40%くらいしか生えてこなかった>ということでした。私の場合、頭頂部のかなりの広い範囲で薄毛が進行していましたから、それをカバーできるくらいの移植本数(移植株数で3,000株です)を移植しました。費用にすると約400万円かかりました。かなりの出費でしたが、薄毛が解消されるならと決めたわけです。

手術を受けて1ヶ月ほどはきれいに移植されていたように見えていましたが、2ヶ月を過ぎる頃から移植した髪の毛が抜けるようになりました。 カウンセリングで手術後3ヶ月目くらいから一旦抜けてしまうが、徐々にまた生えてくるというように説明を受けていましたから、最初はそう気にはしていなかったのですが、だんだんと時間が経つうちに<あれ?>ということに。 一旦抜け落ちた髪の毛が生えてくる本数がまばらだったのです。 明らかに受けた本数よりも生えてくる髪の毛の本数が少ないのです。 最初のうちは放っておけばまた生えてくるだろうと、あまり気にしていなかったのですが半年、8ヶ月過ぎても40%くらいしか生えてくることはありませんでした。

それでクリニックへ相談に行ったのですが、<もう少し時間が経てばまた生えてくる>といった答えばかりで、段々と植毛したことに後悔するようになったのです。 3回目の相談に行った時に<この手術は失敗だったのではないか?>と訴え、手術費用の返金を要求したのですが、<失敗ではありません>と受け入れてくれません。本当に失敗ということであれば<40%も髪の毛が生えてくるはずがない>という理屈でした。<特に頭頂部への植毛は抜け落ちる可能性が高いとカウンセリング時に説明した>というのです。

確かにカウンセリングの際に<通常、頭頂部の植毛はショックロスという移植によって影響を受けて移植した髪の毛が抜けることがある>と聞いていましたが、その際に<当院の執刀医は植毛手術の実績が多く、これまでに頭頂部の植毛でこうしたクレームは一切ないので安心してください>と言われ、その言葉を信頼してこのクリニックを選んだのです。しかし、クリニック側はこうしたインフォームドコンセントで説明、納得していただいているので<失敗ではない>そのため返金には応じることはできないと。

結局、返金はおろか再手術の希望も受け入れてもらえず(同じようにクレームになるからという感じでした)、大阪にある植毛クリニックで2回目の手術を去年受けたのです。大阪のそのクリニックでも頭頂部への移植は難しいとの説明がありましたが、手術には細心の注意を払いベテランの医師が担当するので・・・ と。結局、2度目の植毛手術でなんとか満足できる仕上がりになりました。 確かに移植した本数が全て生えてくるということではありませんでしたが(私的感覚だと、2回目の手術の結果は80%くらいが生えてきたように感じています)明らかに薄毛が解消できる結果に、やっと満足できたという感じです。

私のように頭頂部への移植を考えている方は、こうした信頼できる医師がいるクリニックを選ぶことが重要だと思います。実際にクリニックへ行ってカウンセリングを受けてもなかなか分からないと思いますが、しっかりと情報を収集していくつかのクリニックでカウンセリングを受けて判断するしかないのかもしれません。本当であれば実際に植毛した人の結果や話が聞けることが一番だと思います。 ちなみに2回目の手術を受けた大阪のクリニックでは、職員の方がそのクリニックで植毛を受けていて(私と同じように頭頂部への植毛でした!)実際に手術前の写真と現在の結果を見せてもらって、このクリニックを選びました。

【ケース12】治療部位:頭頂部全体2018.1

「待てど暮らせど生え揃わない移植毛・・・」

大阪にある植毛クリニックで自毛植毛手術を受けました。手術を受けて2年くらい経ちますが、前記のように<全然生え揃う気配がない>のです。手術後何度か相談に行きましたが、<もう少し様子を見ましょう>の一点張りで埒が明かなかったので、東京の植毛クリニックへも相談に行きましたが<これ以上生えてくることはない>という答えでした。

なんと言いますか移植した部分が隙間が多くスカスカの状態なんです。全然薄毛の頭の状態ですね。知り合いにも見てもらいましたが<中途半端な密度なので逆に薄毛が目立ってしまっている・・・>まさにその通りです。何と言いますか、本当に植毛したのか疑問に思えるような状態なのです。

費用でいうと300万円くらいかかりました。移植した本数も2500株(移植した本数です)なのでちゃんと移植できていればそれなりのボリューム感が出ているはず(他のクリニックの先生が言っていました。本当にその本数でちゃんと生着していればかなりのボリュームがあるはずと)なのですが、本当に密度の低い薄毛の人の頭頂部そのものだったんです。 植毛の手術を受ける前にインターネットで<植毛 失敗>と検索して出てきた“植毛を失敗した実例”と出ていた頭頂部の写真と全く同じだったんです。これは本当にショックでした。

<自分が受けた植毛手術は失敗だったんだ>

クリニックへも失敗ではないのかと相談にも行きましたが、はっきりと<失敗ではありません>と言われました。ちゃんと移植した毛髪は生着して生えてきていると言うんです。「でもスカスカじゃないですか?」いくら言っても聞いてもらえませんでした。どうしてもと言うなら割引しますからもう一度手術をしますか?と言うふうなことまで言われ結局諦めました。流石に300万円も使った後にまた数百万円かけて手術は無理でしたから・・・。 本当なら納得できるまで手術を受けたかったのですが、同じようにお金だけかけて結果が同じになってしまうと・・・他のクリニックへも相談してみましたが、同じ箇所への移植毛は今ある毛髪までダメにしてしまう可能性があるからと断られてしまいました。

いつか生え揃うのでは・・・と期待して待っていましたが、やっぱりこれ以上生えてくることは無さそうです。せっかく高い費用まで出して手術を受けたのに。 今となっては遅いのですが、もう少ししっかりとした技術を持った植毛クリニックを探すべきだったと後悔しています。

【ケース13】治療部位:前頭部2018.2

鹿児島に在住の42歳です。薄毛の悩みは30代、ちょうど結婚した頃からでした。若い頃は他の人に比べ少し髪の毛が細いかな?という程度のものでしたが、35歳を過ぎた頃から生え際から後退し始めました。この頃は結婚も決まっていましたし、女房も私のおでこが広くなった程度にしか思っていなかったようでした。それが結婚後から少しずつ髪の毛が無くなり始め

「なんかどんどん薄くなってきてる!」と女房から言われ、私の薄毛の悩みが本格化したのです。

当時は植毛手術のことなど全く知りませんでしたから、育毛剤や育毛シャンプーなど使っていましたが全然効き目が無く1年ほどでやめてしまいました。 その後テレビで知ったのがAGAの治療薬でした。私は鹿児島市内にある皮膚科クリニックを調べ、すぐに診察を受けることに。 そして飲み始めたのが<プロペシア>という薬でした。薬を飲み始めてから3ヶ月くらいたった頃、頭頂部はなんとなく髪の毛が増えた(実際には髪の毛が抜けなくなった、太くなったような感じです)ように思えたのですが、一番気になる生え際から前頭部には全然効果がありませんでした。

「プロペシアは残っている髪の毛に対しては効果が認められますが、毛髪が(または毛根が)残っていない生え際や前頭部には効かないのです」

という説明で、1年ほど服用していたプロペシアをやめました。服用をやめた途端、以前よりも薄毛が進行し私の髪の毛の悩みはもっと大きなものになってしまいました。

そんな時に知ったのが自毛植毛の手術でした。 私の住む鹿児島にはこの植毛手術を扱うクリニックがなく、福岡にある大手と言われる自毛植毛の専門クリニックで植毛を受けました。 結果から言うと確かに植えた髪の毛は生えてきましたが、その見た目が異常だったのです。何というか髪の毛の生え方と言いますか、明らかに不自然な髪の毛の流れになっていて、人形でもこんな髪の毛はしていないだろ・・・という悲惨なものでした。場所によって髪の毛の角度や方向がバラバラで、見ていると気持ちが悪いイメージの頭になってしまったのです。

あまりのも酷いので2度ほど相談に行きましたが、失敗とは言えないということで有料なら再度手術しますと言われました。それに修正手術となるとせっかく植えた髪の毛を抜かなければできませんと・・・。 もうお金もありませんでしたし、せっかく植えた毛を抜くということにも気が引けてしまい、結局あきらめてしまいました。

いまでは不自然な髪の毛が目立たないように坊主刈りにしています。せっかく髪の毛が増えたら髪の毛が伸ばせると思っていましたが、寂しい結果になってしまいました。 やはり、こちらのサイトの体験談でもありましたが、ちゃんとした技術や実績を持った医師が在籍しているクリニックを選ばなくてはいけませんね。

今となってはとても後悔が残る私の自毛植毛でした。

【ケース14】治療部位:前頭部から頭頂部2018.3

25歳を過ぎた頃から薄毛になり始め、33歳になる頃にはもうすっかり禿げ上がってしまい、周りからも年齢を言うと驚かれていました。
「もっと年上の人だと思ってた」と・・・。
これじゃ結婚どころか彼女もできるわけないな、と人知れず自分の薄毛に悩んでいました。これまでも育毛剤に始まり発毛サロンへも行きましたが、お金と時間の無駄遣いで全く効果はありませんでした。発毛サロンはテレビコマーシャルをやっている有名なところでしたから、しっかりと効果があるのだろうと思い発毛コースを契約したのですが、2年ほど通っても全くと言っていいくらい毛が増えることはありませんでした。

そんな時、偶然知ったのが自毛植毛という外科手術でした。
最初に見つけた時は
「これだ!これしかない」と。
しかし私が住んでいる広島には植毛が受けられるクリニックがありませんでしたから、まずはどこのクリニックに行くか検討しました。そこで選んだのが比較的出やすい大阪にあるクリニックでした。選んだ理由はネットで検索した際に口コミ情報サイトで<植毛・自毛植毛(大阪)部門 総合No.1>という触れ込みでした。総合No.1なら実際に手術を受けた人からの評価が高いから、と勝手に思い込んでしまったんです。

結論から言うと<完全に失敗>でした。厳密に言うと“植毛手術なんか受けなければよかった”と言うくらいの結果でした。

手術後3ヶ月目くらいに植毛した部分の髪の毛が抜け落ちることはありましたが、1〜2ヶ月もすると徐々に生えて来たのですが、1年経っても期待していた結果にはなりませんでした。なんといいますか、後頭部や側頭部の髪の毛の密度とは大きくかけ離れており、明らかに変な頭になってしまったんです。それに一番目立つ生え際の部分ですが、あり得ない程不自然な生え際になっており真っ直ぐな生え際のラインになっていたのです。その仕上がりに愕然としてしまいました。
<こんなことになるなら植毛しないほうがよかった>
これが私の植毛手術への素直な感想です。
もっとしっかりとした技術を持つ医者がいるクリニックを選ぶべきだったと後悔しています。あの<植毛・自毛植毛(大阪)部門 総合No.1>という触れ込みは何だったのでしょうか。すっかり騙された気分になりました。
やっぱりこうした<人気No.1>とか<植毛シェアNo.1>というようなキャッチフレーズだけでクリニックを選ぶべきではないということではないでしょうか。まずはしっかりとした症例実績や症例写真、そしてカウンセリングで納得いく説明が成されているかを見た上で選ぶべきだと痛感しました。

【ケース15】治療部位:前頭部2018.4

今からちょうど2年前に東京にある植毛専門のクリニックで自毛植毛の手術を受けました。前頭部全体におよそ1,000株の移植でした。高校生の頃からおでこが広く、将来は絶対におでこから禿げると予想はしていましたが、25歳になる頃にはおでこ全体の髪の毛が無くなっていました。

自分の父親も同じようなタイプの禿げ具合でしたから、「あぁ、こうなるんだな」という覚悟はありましたが、やはり20代での髪の毛の後退はショックでした。
前頭部が禿げ上がってくると本当に老けて見られ、恋愛どころではありませんでした。年齢を聞かれ答えると皆一様に<引かれている>のが分かりました。
あとは<この歳でかわいそう・・・>という憐れんだ目で見られるということ。

そんなこともあって色々悩んだ末に選んだのが<自毛植毛>でした。

私の周りには確かに髪の毛が薄くなっている同年代の友達や知り合いはいましたが、まだ本格的に悩むまでもない程度の薄毛ばかりでしたので、当然この自毛植毛を受けたという人はいませんでした。というより、自毛植毛自体をあまり知らないという人ばかりでした。ですから、周りの友人や会社の同僚にも内緒にしておきたかったのですが、如何せん正面から見てすぐに分かる前頭部への植毛なので、髪が生えてくれば明らかにバレてしまうと思い手術を受ける前にカミングアウトしてからのチャレンジでした。

手術は東京でと思っていましたから、会社は3日ほど休みをもらい手術に挑みました。おでこが広い分1,000株の移植となり、費用も全部で150万円ほどかかりましたが、髪の毛が生えてくるのなら安いものと。

手術を受けて2ヶ月から3ヶ月目くらい経った頃に一旦移植した毛が抜け落ちましたが、時間が経つにつれまた髪の毛が生えてきました。

生えてきたはきたのですが、どう見ても残っている髪の毛の密度と移植した髪の毛の密度が違うのです。
パッと見てすぐに<おかしい!何か不自然・・・変>という印象なのです。
移植のやり方に問題があったのか、左右とで髪の毛の流れがバラバラなんです。
それに密度も生え際と前頭部中心とで全く違うのです。もっと生えてくるだろうと1年待ちましたが、髪の毛が増えることもないし、それに髪の毛が長くなると左右の流れがオカシイため髪の毛がキレイに分けられないんです。あと密度が薄いためか、髪が長くなるほど不自然さが際立ってしまい本当に不自然な髪型になってしまいました。周りの友人たちも私になんて言葉をかけていいのか分からないといった感じで、できるだけ髪の毛の話をしないようにしているようでした。一番辛かったのが私の髪の毛をチラチラ見ているのが分かる時です。
電車の乗っている時も何となく自分の前頭部を見られているような気がして、電車に乗ることも苦痛に感じていました。

<植毛なんかやらなければよかった・・・>

そんなことさえ考えてしまう結果に、もう後の祭りですがとても後悔が残る私の自毛植毛手術でした。

全てのクリニックの植毛手術の結果がそうなるとは思えませんが、やはり自毛植毛手術は、しっかりとした症例数と技術を持った医師にやってもらうということが重要なことなのかもしれません。
後悔しないためにも、様々な植毛専門クリニックでしっかりとカウンセリングを受け納得してから受けるべきだと思います。

【ケース16】治療部位:頭頂部2018.5

ちょうど36歳になった年に自毛植毛の手術を新宿にある大手のクリニックで受けました。私の場合、30歳を超えたあたりから頭頂部の髪の毛が段々と細くなってきて、2年もしないうちに頭頂部だけ髪の毛が薄くなってしまいました。 自分の父親も祖父も同じように頭頂部のみが禿げていましたから、ある程度の覚悟はしていましたが、まさかこんなに早くに禿げてしまうとは予想外でした。 前髪は残っているので、まるでカッパのような頭になり、毎日のように悩んでいました。

34歳になった時に思い切ってカツラを購入しました。テレビコマーシャルをやっている超有名企業です。最初はカツラにはとても抵抗があったので、コマーシャルでやっていた増毛法を希望しての訪問でした。しかし、カウンセリングをしての結果がカツラを着けることでした。私の場合<頭頂部が広範囲に髪の毛がなかったので増毛法が適応できない>ということ。つまり増毛するための毛髪が少ないからできないということだったのです。 仕方なくカツラを購入し着用していましたが、<人にバレるんじゃないか>とか<不自然に見えているんじゃないか>とか、いつも考えてしまってビクビクしていました。会社にはバレるのが嫌だったのでカツラを着けなかったのですが、普段はカツラを着けて・・・という二重生活スタイルに辟易していたこともあってカツラを辞め<自毛植毛>を受けたのです。

自毛植毛は以前から知ってはいましたが、外科手術ということで抵抗がありましたから選択肢にはなかったのですが、いろいろな植毛クリニックのホームページに出ている体験者の声や症例写真を見ているうちに“やっぱり薄毛を治すには自毛植毛しかない”と思うようになって決断しました。

そんな中選んだのが新宿にある植毛クリニックでした。なんでも自毛植毛手術国内シェアNo.1という触れ込みの大手クリニックで、東京をはじめ名古屋や大阪、九州にまでクリニックを展開しているところでした。
国内シェアNo.1というところと症例数でこのクリニックを選んだのです。

私の頭頂部への移植は3,000株必要と言われ、金額にして税込で400万円を超えるものでした。まぁ、カツラのメンテナンス費用やランニングコストを考えたらリーズナブルだという判断でしたが、今考えたら普通にいい車が購入できる金額でした。
結果を見ると本当に後悔しています・・・。

手術自体は麻酔を使っているということもあり、手術の最中の痛みはさほど感じることはありませんでしたが、手術後1週間ほどは移植した部分と移植毛を採った後頭部がジンジンとした痛みが続きました。
手術後は移植した部分がかさぶたになるため、隠す必要がありましたからカツラを着けていましたが、徐々にかさぶたも取れチクチクとした感覚になってきた時に<生えてきてるんだ!>と植毛したことが実感できました。

3ヶ月を過ぎた頃に半分以上の本数が抜けてきましたが、時間が経つにつれまた生えてくるのが分かりました。少し心配でしたので、一度検診に行きましたが
「順調ですね」
と言われ安心していたのですが・・・。
半年過ぎても頭頂部の髪の毛が生え揃わないのです。何と言いますか、スカスカ状態の生え方というか・・・全然ボリューム感を感じられないんです。 まるで雛鳥のような状態で人に見られるのが恥ずかしいと言いますか、以前のほとんどない状態よりも人目が気になるくらいの中途半端さに益々コンプレックスを感じることになってしましました。

今では昔の時代劇に出てくる汚らしい落武者のような頭になり、毎日帽子をかぶるようになってしまい、全く植毛した意味がなくなってしまいました。 こんなになるんだったら植毛なんかしなけりゃよかったと思っています。 違うクリニックで再度手術を受けようと思いカウンセリングを受けましたが、もう移植する髪の毛が少なくなっているので今度は後頭部と横の部分が薄く見えてしまうということで断念しました。
植毛は費用も高いですし、大切な自分の後頭部の髪の毛を使うわけですから、ちゃんとした植毛技術を持った医師がいるクリニックを選んだ方がいいとおもいます。有名だからとか国内シェアNo.1とかという触れ込みだけで選ぶべきではないと思います。

私の自毛植毛は<失敗>でした・・・。

【ケース17】治療部位:前頭部2018.6

新宿にある大手の植毛クリニックで自毛植毛の手術を受けて3年になります。今でもかなりの数の広告を出しているクリニックで、当時インターネット上のバナー広告をクリックしてこのクリニックを知りました。元々、薄毛に悩んでいたので<自毛触毛手術>については知っていましたが、40歳という年齢をきっかけに手術を選びました。

クリニックはかなりお金を使った作りの綺麗なところで、まるで手術を行っている医療機関には見えない雰囲気でした。私がカウンセリングで訪問した際には2人ほどの患者が待合室にいて
「やっぱりこんなに薄毛に悩んでいる人がいるのか・・・」
という印象でした。

カウンセリングでは手術の内容や費用のことなど詳しく説明してもらい、当日に手術の予約を入れました。もう早くやりたくて仕方がなかったんですね。
一番気になっていたのが後遺症とか傷のことでしたが、カウンセリングでは大丈夫ですとのことでした。

手術は想像していたよりも楽なものでした。確かに麻酔をかけての手術ですから、痛みはほとんど感じることはないものでしたが、手術の翌日からが大変でした。
移植するために後頭部から髪の毛を採取するのですが、この後頭部が翌日からジンジンと痛みが続いて、普通に寝ることもできないくらいでした。私の場合前頭部全体に移植したのですが、この移植した部分の腫れが酷いものでした。移植した部分全体が赤く腫れ上がり、痛みも続いていたんです。見た目も悲惨なもので、会社の同僚たちからも
「酷いね、これ。植毛ってこんなになるの?」
と驚かれるくらいのものでした。

最初は手術してすぐだから仕方がないと思っていましたが、1ヶ月過ぎても赤みや腫れが引くことはありませんでした。これはおかしいと思い手術を受けたクリニックに相談に行きましたが、<もう少し経過を見て見ましょう>と塗り薬を処方されただけでした。
移植したと思われる部分を見ても移植した毛髪があるところとないところがあり、明らかに移植した毛が抜けているのが分かりました。腫れているから見えないのかとも考えましたが、表面を触るとチクチクとした感触で分かるんです。

毛があるところとないところが・・・

しばらく経過を見るということでしたから、そのまま6ヶ月ほど待ってみましたが皮膚の赤みと腫れは治ることもなく、見た目が目を背けたくなるほどの状態になりました。
移植した毛髪が生えてくればまだ隠しようもあったのですが、移植した毛髪もバラバラに生えている程度で、一見見窄らしい印象になってしまい最悪の結果に。
なんと言いますか、移植した部分の皮膚が赤みを持ってボツボツと腫れている感じです。
髪が薄かっと時よりも人の目が気になるくらいの状態で、大学病院の皮膚科にも通院しましたが、結局3年経った今でも夏みかんの皮のようなブツブツとした額になってしまいました。手術を受けたクリニックへもクレームをつけましたが、手術費用の半分の返金だけでもうどうすることもできませんでした。
確かに人間の皮膚ですから傷や腫れなど個人差があるのでしょうが、まさか自毛植毛の手術でこんな酷い状態になるとは思いもよりませんでした。
クリニックで見せてもらった手術の症例写真は、移植した髪の毛がきれいに生え揃った自然な仕上がりだったので、こんなに効果があるのならこのクリニックで・・・。

その後他の植毛クリニックに相談しましたが、そこのドクターに言わせると<手術が下手だからこうなった>みたいなことを言われ、余計に悔しくなり植毛手術を受けたことを悔やんでいます。
もう一度手術しようかと考えましたが、これ以上酷い状態になるのも怖いので諦めました。
植毛の手術を受けるのであれば、しっかりとした症例結果を持っている医者がいる植毛クリニックを選んだ方がいいと思います。私の薄毛治療は見事に失敗したと後悔しています。

【ケース18】治療部位:生え際から前頭部2018.7

自毛植毛の手術を受けて1年半程経ちました。正直言って結果に満足できていません。ネットでいろんな体験者のブログや体験談を拝見して度々話題となる【生え際の不自然さ】・・・。
これと同じ経験をした私の失敗です。

私は友人の勧めで新宿にある自毛植毛クリニックで、生え際から前頭部にかけて約1600株の植毛をしました。実は私にこのクリニックを勧めてくれた友人も、3年ほど前にこのクリニックで植毛をしており、その結果に大変満足して私に勧めてくれたというわけです。
確かにこの友人の植毛の結果を見ると、羨ましいくらい自然で生え際とかもキレイなデザインになっていましたから、<これなら自分もこんな風に薄毛を改善できるかな>と考えたんです。

20代の後半くらいから徐々に薄毛が進行し始め、35歳になる頃には生え際から前頭部まで薄毛が広がり、既存の髪の毛で隠すことさえもできない髪の量になりました。育毛剤やプロペシアなど色々試してはみましたが、育毛剤は全くと言っていいほど効果はありませんでした。プロペシアはAGA専門クリニックで相談して処方してもらっていましたが、生え際や前頭部には全く効果は見られず、頭頂部(つむじ周り)は何となくですが髪の毛が増えたような気がしました。実際にそのAGAクリニックの医師も<プロペシアは頭頂部の薄毛の進行は抑えられるが、生え際や頭頂部のもう既に毛が残っていないところへは効果はない>と説明をしていました。そのクリニックの医師は<生え際や前頭部の薄毛を改善するには自毛植毛が最適です>という話でした。

そんなこともあって友人から紹介を受けた植毛クリニックで自毛植毛の手術を受けたのです。

結果から言うと移植した髪の毛は生えてきてはいますが、問題は生え際のデザインと密度の問題です。友人の生え際はキレイで自然なラインを作ってあり、移植した髪の毛の密度も申し分ないくらいのボリューム感だったのですが、私の場合生え際のラインが左右バラバラというか、不自然なくらいバランスの悪い形なんです。何と言いますか、普通の男性でこんなチグハグな生え際は有り得ない・・・というくらいの不自然なラインなんです。
それと生え際から前頭部にかけて移植しているのですが、生え際の方が密度が少なく前頭部につながる部分がはっきりと分かるくらいなのです。薄毛の時よりも余計に生え際の髪の毛の少なさが強調されて見えるようになっていました。
手術を受けて半年くらいしてから他のクリニックへ相談に行ったのですが、そこのクリニックの先生の判断からすると<移植本数からすると本来はもう少し密度も濃く満足感が得られるはず>とのこと。また生え際のデザインに関しては<何も考えずにデザインしている>ということでした。本来であれば生え際のデザインは重要な部分であるため、執刀医は十分に検討しカウンセリング時に患者に確認を取りながら手術するはず>との説明でした。
確かに手術前の最終的なカウンセリング時に生え際にマジックでデザインし、それを鏡で確認したのは間違いないのですが、その時のデザインされた生え際とは程遠い仕上がりになっていたのです。

結局、1年後くらいにクレームを入れて再手術を勧められましたが、もうそのクリニックでは手術を受けたくありませんでしたから、手術後に相談に行ったクリニックで来月2回目の植毛手術を受けることになりました。今度の先生はカウンセリングもこちらが納得できるまで説明してもらえましたし、私が気にしている生え際のデザインや密度も事細かに説明してもらえたので、安心して受けられると思います。前回の件もあったので、カウンセリングに生え際のデザインをしてもらった際に写真を撮ってもらいました。

あとは良い結果が出ることを祈って2回目の植毛手術に挑むつもりです。

【ケース19】治療部位:前頭部2018.8

3年前に大手の植毛クリニックで2,500株の植毛手術を受けました。植毛手術を受けるまではカツラを着用して薄毛を隠していました。私の場合、前頭部全体が薄くなっており、残っている髪でカバーすることさえできない状態でした。どうしてもコンプレックスを抱えて生活するのが苦痛だったので、カツラを作って薄毛を隠していました。ただ、このカツラの着用は薄毛をカバーすることはできたのですが、今度は<カツラを被っているという新たなコンプレックス>になってしまったのです。いつも《人の視線が自分の頭にきている》というような、かなりノイローゼに近い状態になっていました。

そんな新しい悩みを抱えていた頃に、《自毛植毛》という薄毛を根本的に改善できる手術をしたのです。植毛と聞くと“な髪の毛を頭皮に埋め込む”という印象しかなかったのですが、色々調べていくうちに“自分自身の毛髪を移植して髪の毛を生やす”ということが分かり、受けてみたいと思うようになったのです。私がこの自毛植毛の手術を受けた大手クリニックは、東京を始め名古屋や大阪、福岡までクリニックを展開しているところでした。
最初はカウンセリングを受け自分の希望を伝えました。大まかな費用を教えてもらい、手術の日程を決めてから手術になりました。カウンセリング時にカツラを外して診察してもらうのですが、やはり人前でカツラを外すのは恥ずかしいものでしたが、相手は薄毛の専門家だからと自分に言い聞かせて外したように思います。

希望は前頭部です。私の場合、かなり広範囲の薄毛でしたから、移植に必要な本数は2,500株ということでした。その移植に使用する毛髪は後頭部や側頭部から採るということでした。<そんなに後頭部から髪の毛を抜いたら、後頭部は髪がスカスカの状態になるのでは?>と不安になりましたが、今見れば<髪が伸びてしまえばほとんど気にならない>というものでした。

手術の際は麻酔をかけていたせいか、痛みはほとんど感じることはありませんでしたが、手術の翌日から5日ほど軽い痛みと違和感があったですね。あとは何と無くですが、顔がむくんでいたように思います。それ以外は通常の生活になんの支障もないくらいのものでした。やはり外科手術ですから、ある程度のことは覚悟しておりましたが、思っていた以上に軽いものだったように感じました。むしろ歯科での奥歯の抜歯の方が痛みや腫れがあったように思いました。

移植後徐々に移植した髪の毛が生えてくるのが分かりましたが、3ヶ月目くらいに一度数パーセントの割合で抜けました。少し心配でしたが、カウンセリング時にドクターから<2〜3ヶ月くらいに一度移植した毛髪が脱落しますが、またすぐに生えてくるので心配しなくていい>と説明を受けていましたから、そのままの状態で放っておきました。
移植した髪の毛がきれいに生え揃うまで8ヶ月〜9ヶ月くらい時間が掛かりましたが、普段のメンテナンスや特に気をつけることもなかったので、カツラを使用していた頃のような面倒なこと(カツラのメンテナンスや専門の美容師による定期的なカットなど)が一切ないので、それは本当に嬉しかったですね。
<やっぱり自分自身の髪の毛っていいなぁ>
それが最初に思った自毛植毛の感想ですね。何にもしなくてもいいんですから・・・。
今までできなかったヘアスタイルにもチャレンジできるほど生えてきた髪の毛。
カツラではコンプレックスを被って人前に出ているようで苦痛でしたが、その苦痛から解放されて毎日充実した生活を送れるようになり大変満足しています。

やはり自分自身の髪の毛はいいですね!

あとは良い結果が出ることを祈って2回目の植毛手術に挑むつもりです。

【ケース20】治療部位:生え際から前頭部2018.9

私は仕事柄人前に出る事が多く、薄毛で悩んでいた自分はいつも相手の視線の矛先が気になっていました。必ず初対面の方は名刺交換の際に、名刺を確認した後必ず私の薄くなった頭に視線がくるんです。《あっ、また見られてる》
仕事ですから仕方がありませんが、正直なところ人前に出るのが嫌になる自分がイヤになっていました。

私の薄毛は生え際から前頭部にかけて薄いというタイプでした。テレビコマーシャルで見た<薄毛は病院で治せます>というタレントを使った広告で知ったプロペシアを処方してもらい、数年服用してみましたが若干前頭部に髪の毛が生えてきた感じはしたのですが、生え際には全く効果がありませんでした。止めてしまうと以前よりも薄毛が進行してしまうというような口コミ情報を見ていましたから、止めたくても止められないスパイラルに陥ってしまいました。ただ、毎月の処方のために通院しなくてはいけない面倒と、ランニングコストを考えたら・・・それでプロペシアの服用は止めてしまいました。

その後は育毛メスセラピーというものからHARG療法というものまで試してみましたが、全く効果がありませんでした。
そこで最終的な薄毛の解消法と言われていた《自毛植毛》の手術を受けたのです。
自毛植毛自体は知っていましたが、外科手術という事、それと費用が高いというイメージが強く、これまでの自分の薄毛対策の選択肢には入っていなかったのです。ただ、いろいろなサイトなどを見ていると、自毛植毛を受けてまた髪の毛が生えてきた!という情報を見ているうちに《自分も植毛したら髪の毛が生えてくるのかな?》と決心したのです。

手術は新宿にある植毛専門クリニックで受けました。選んだ理由は費用の安さからでした。
実は2件植毛クリニックへ相談に行って、私に必要な移植本数と金額を聞いてきたのですが、予想よりも高い金額が出されて迷っていたのです。そこでそのことをクリニックのカウンセリングでドクターに話したところ、
「同じ本数の移植でうちならその金額よりもさらに安くできますよ」
と言われ決めてしまったんです。
それが私の自毛植毛の失敗の始まりだったのかもしれません。

そうです、私は手術の方法や実績などよりも《安い費用》というだけでクリニックを選んでしまったのです。

手術自体はスムーズに終了し、経過も順調だったように感じでいたのですが、手術後3ヶ月くらいすると移植した髪の毛がごそっと抜けたのです。これにはビックリしました。順調に生えてきた感がありましたから、時間の経過がとても楽しみだったのですが、いきなりの出来事で驚いてしまいました。それですぐにクリニックへ連絡、検診に伺いました。

検診では私を担当した医師ではなく、別の若い医者が担当でした。私はできれば私の手術を担当した先生にお願いしたかったのですが、なんでも出張中ということで代わりにという話でした。
抜け落ちた移植した部分を診てもらいましたが、その医者は一言
「これはよくある事で一時的脱落です。心配ないですよ」と。
「1ヶ月もすればまた髪の毛が生えてきますから、それまで気長に待っていればいい」
とまるで他人事のようにまともに対応してもらえませんでした。
なんと言います《不誠実な対応》でした。

そんなイヤな予感はそれから3ヶ月経って的中しました。
そうです、その後1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月経っても髪の毛が生えてくることはなかったのです。納得いかない私はまたクリニックへ行きましたが、前回の医者とも違う医者が出てきて曖昧な返答ばかりで、私が納得できる説明もできず・・・お話になりませんでした。
「私の執刀医を出せ!」
と言っても居ないの一点張りで話が進まなかったのです。
カウンセリングを担当した医者はもう一度手術するかどうかを尋ねるばかり。
《こんないい加減なクリニックでもう一度手術を受けることはできない!》というと、では半分の金額を返金しますからと・・・。
もう呆れて話をすることもイヤになりました。

結局、手術費用の半分(手術にかかる費用は返金できないとのこと)だけ返金してもら、あとはバイバイでした。それに帰り際に《これ以上請求しない、裁判にしないなど》の誓約書まで書かされ、とても不愉快な思いをして帰りました。

今では手術した生え際と前頭部の頭皮が、赤みががって腫れているように見える《後遺症》が残ってしまいました。大学病院の皮膚科に診てもらいましたが、治らないと言われ本当に後悔しています。あんな誓約書なんか書かせるクリニックなんかで植毛しなければよかったと。本当にしっかりとした技術と対応してもらえるクリニックさえ選んでいたら、本当はもっと幸せな結果があったのかもしれませんね。
今、違うクリニックで自毛植毛の手術を受けるか迷っています。

【ケース21】治療部位:生え際から前頭部2018.10

私が受けた自毛植毛手術は失敗だったと思っています。
手術は友人の紹介で選んだクリニックで、東京だけでなく関西や九州などにも展開している自毛植毛の専門クリニックでした。
私の友人はこのクリニックで植毛の手術を受けており、その友人の薄毛時代を知っていた私は、自分も植毛したらこうなれるのかな?と思い友人に相談したのです。
私は28歳の誕生日に周りから<年齢より老けている>と冷やかされ、その原因と思える薄毛に悩んでおりました。

もともと学生の頃から薄毛のタイプで、よく学生時代から<お前は30になる前にはハゲる>とからかわれており、内心本気で悩んでいたのですが、本当に30歳になる前に明らかに《薄毛》になっていたのです。それから植毛手術を知るまで本気で悩んでいました。
周りからは<カツラにしたら?>とか<もうスキンヘッドしかないな!>と本気なのか冗談なのかわからないような励ましを受けていました。

植毛を受けるきっかけは友人が作ってくれたから・・・なのですが、実はアラフォーで独身は嫌だ!と思っていたんです。
<彼女ができないのは薄毛だからだ>とずっと思っていましたから、薄毛を克服して彼女を見つけて“結婚を”と考えたことが植毛を受けるきっかけだったと思います。

手術は後頭部を切らずに髪の毛を摂って移植するという手術の方法で、傷跡も残らないし痛みもないという説明でした。移植した本数は生え際から前頭部全体に2,000株移植しました。手術前には大体のデザインを決め移植していきました。正直言って手術は物凄く痛いというわけではありませんでしたが、多少“痛い!”と感じました。
痛みについては手術の後1週間くらいはズキズキと痛みが続き、我慢できずにクリニックへ相談しにいきましたが、鎮痛剤なのか錠剤の薬を渡されておしまい。もうすぐ痛みもなくなりますからと、ものの10分の診察で返されました。

その後徐々に痛みは引き普通の生活に戻れたのですが、肝心の移植した髪の毛が生えてくる感じがしなかったんです。手術1ヶ月が過ぎ2ヶ月が過ぎてもポツポツと生えてきているように見えたのですが、3ヶ月過ぎる頃に移植した髪の毛がほとんど抜け落ちてしまったのです。これには本当に驚きました。すぐにクリニックへ連絡したら<一時的に移植された髪の毛が抜けますが、またすぐに生えてきますから心配ありません>と説明を受けました。

その後待てど暮らせどパラパラと生えてきただけで、なんとも見窄らしい頭髪に・・・。
周りからは<ハゲタカみたい>とか<なんか余計にカッコ悪い>と言われそのことで悩むようになってしまいました。紹介してくれた友人も<これは酷いな>と一緒にクリニックへクレームをつけに言ってくれたのです。
「紹介した自分の立場がない」と再度の手術を要求したのですが、結局自分の場合<移植しても生着し難い体質だから>と再度の手術は断られてしまいました。手術費用の全額を返金要求しましたが、半分の金額を返金されただけで、念書(二度とクリニックへ来院しない、手術費用の返金を要求しない、再手術を要求しないなど)を書かされ泣き寝入りで終了。
もう最悪です。そんな無茶な要求はしていないのですが、男二人で言い寄ったこともあるのかもしれませんが、そんな酷い対応で私の自毛植毛は終わってしまいました。

まぁ、実際にやってみなければ分からないのかもしれませんが、移植した髪の毛が生着し難い体質というのがあるならば、最初に説明すべきだと思います。手術を受ける側としたら、高い費用を払うわけですし、時間も、それに手術の痛々しい姿で会社に出勤するのも大変だったんです。
今更ですが、植毛の手術は受けない方がよかったです。本当は腕のいい医者がいるクリニックで手術を受ければ、もっといい結果が出たかもしれませんが・・・。
これから自毛植毛の手術を考えている方に言えるのは・・・ 《腕のいい医者を探すしかないですね・・・》

【ケース22】治療部位:生え際から前頭部2018.11

植毛の手術を受けて1年になります。自分が受けたクリニックは東京新橋にあるクリニックで、値段が他のクリニックに比べ安かったので選びました。
3件ほどカウンセリングを受けましたが、どれも同じような話ばかりで、早く手術を決めて欲しいというのがヒシヒシと伝わるカウンセリングでした。まぁ、自毛植毛のクリニックは保険適応外の自由診療クリニックですから、こんなものだろうと費用の一番安いクリニックを選んだのが、私の自毛植毛失敗の原因だったように思います。

私の植毛手術は機械による自毛植毛手術でした。後頭部から移植する髪の毛を機械が摂って薄い部分に植えていくものです。最初は機械が全部やってくれるんだと、感心していましたが、何となく不安になってきたのを覚えています。

<医師の技術なんか関係ないんだ>

手術は麻酔をかけていたせいか、機械が手術しているせいか分かりませんが、痛みはほとんど感じることはない手術でした。勿論、全く痛みがないという訳ではありませんが、我慢できないほどの痛みではありませんでした。手術後は10日ほど後頭部に違和感を感じていましたが、2週間も過ぎる頃には普通の感覚でした。

私の場合、生え際が後退しており、年齢よりもかなり老けて見られていました。20代後半にはかなり後退していましたから、それはもう随分悩んでいました。植毛はその後退した生え際に1,000株ほど移植しました。
手術後3週間くらいすると移植した部分にチクチクとした感触が出て、髪の毛が生えてきているのが分かりました。その時は本当に嬉しかったですね。最初は手術ではなくプロペシアなどの薬で治療しようと考えていたのですが、ある植毛クリニックのQ&Aの中に<生え際などの薄毛の場合、毛根がなくなっていることが多く効果を望めない>と出ていたんです。生え際の薄毛を治療するには<自毛植毛しかできない>と・・・。
それで自毛植毛を決めたのです。

手術後3ヶ月くらい経過した時でした。今まで順調に生えてきていた髪の毛が抜け出したんです。それもほとんどいっぺんに。それで不安になりクリニックへ相談に行きました。
カウンセリングでは一時的に移植した髪の毛が抜け、また時間が経つと生えてくるので心配ないというのです。そんなこと最初のカウンセリングで説明してくれればよかったのに。
そこで不信感が出てきました。そのクリニックの医師に。

それから2ヶ月ほど経った頃に少しずつ生えてきたのですが・・・。生えてきたのは3割にも満たないくらいの本数で、目視で数えることができるくらいスカスカの状態なんです。
もうこれには愕然としました。手術後9ヶ月経過してもその状態は変わらず、生え際のキワの部分だけ移植した毛が残り、あとは手術前と変わらない状態でした。
もう見窄らしいといいますか、人前に出ることが憚られるほどの悲惨な状態になってしまい、そのことでノイローゼになってしまいました。もう何もする気力が無くなり、心療内科に通いうつ病の薬まで飲む羽目に・・・。
その心療内科の先生に理由を話したところ、そのクリニックへ相談してもう一度手術を受けてみるかしたらどうかと。しかし、床屋の店員に言われた<後頭部の無数の白い傷跡>が増えるのは嫌でしたから、二度目の手術は受けるつもりはありませんでした。
生え際なので周りの髪の毛で隠せなくはないのですが、明らかに不自然ですし、風が吹く度に前髪をきにする生活はしたくありませんでしたから、いつも帽子を被る生活になってしまいました。植毛の手術を受ける前よりも生活の質が下がってしまったようで・・・。
毎日が苦痛に感じています。自毛植毛の手術はやっぱり<高い費用に見合うだけの実績と技術を持った医師がいるクリニックを探す>ことが大事なんだと思います。 今でも後悔しています。もう少し真剣にクリニックを選んでいたらと。

【ケース23】治療部位:前頭部から頭頂部2018.12

前頭部から頭頂部にかけて2,600株の毛髪を移植しました。手術の方法はFUEという方法で、後頭部から移植するための毛髪を採取する際メスを使わないという方法でした。
私が選んだクリニックは、このFUEの自毛植毛手術だけを行なっている専門クリニックで、主要な都市にクリニックがあるところで、日本一の植毛症例数を誇っているという説明でした。このクリニックで手術を受けるまでに、3つのクリニックへ相談に行きました。
ひとつはこのFUEの手術とFUTという手術(これはメスを使って後頭部の毛髪を皮膚ごと採取・移植する方法です)を行っているところでした。このクリニックではどちらかというとFUT《メスを使用する方法》を勧めていました。

そのほかのクリニックはFUEなのでしょうが、機械を使用した手術でした。ロボットによる手術という触れ込みで広告展開しており、“ロボットによる外科手術”ということもありかなり興味があったのでカウンセリングを受けてみたのです。

結果からいうとメスを使わないFUEという手術方法を選んだわけですが、どうしてこのFUEを選んだかというと、FUTの場合やはり<メスを使って後頭部の皮膚を切り取る>というところに怖さを感じたのです。できれば痛みや出血の少ない方法で植毛できれば・・・と考えたのです。もちろんFUTのデメリットだけではなくメリットも理解できたのですが、どうしても怖いというのが先に来てしまいチョイスすることができなかったわけです。

もう一つのロボットによる植毛ですが、どうも手術を担当する医師の技量がつかめない感じがして、何となくですが機械に頼って手術をする感じに思えたのです。
担当の医師もこちらの質問に対してあまり納得行く説明をしてもらえない、それに手術に対して自信が無さそうに見えたのが選ばなかった理由と言えます。
このロボットによる自毛植毛手術も、日本国内ではまだ数年しか経っていないから・・・ということもあるのでしょうが、やはり真剣に結果を求めて探しているわけですから。

そういうこともあり、先のFUEのクリニックで自毛植毛の手術を受けたのですが・・・。
私の自毛植毛手術は本当の意味では失敗ではないのかもしれませんが、自分の中では<失敗した>と思ってしまう結果になってしまったのです。
私が失敗だったと感じるところ・・・それは後頭部が全体的に薄くなってしまったということです。それも物凄く見窄らしい後頭部になってしまったのです。

自毛植毛の手術ですから、後頭部から移植するための毛髪を抜いてしまうので、仕方がないことなのでしょうが、あまりにも全体的に薄くなってしまい折角植毛しても、薄毛のイメージから抜け出せない結果になったのです。移植した前頭部と頭頂部ですが、本数が少なかったのかスカスカの密度で、以前に比べ少し毛が増えて程度の印象しかなく、知人に言わせると<あんまり増えた感じがしない>とか<全体的に薄毛が進行したように見える>とまで言われるほど。特に頭頂部は“本当に移植したのかな?”というくらいの生え方で、全然満足いくような結果ではありませんでした。
カウンセリングでは<ここの自毛植毛は高密度の移植が可能なので、自然なフサフサ感を感じることができます>と説明があったのですが、どう見ても高密度とは言えないものでした。それと後頭部の髪の毛の密度がこんなに少なくなるということも説明などありませんでした。説明では2、3回も手術をする人が多く、そのくらい後頭部から毛髪をとっても大丈夫という説明でした。
床屋に行っても櫛で何度も後頭部を確認されるし、周りからは<後頭部まで薄くなってる!>とか・・・。もう最悪です。 やり直しができるならいいのですが、ほかのクリニックに電話で相談したところ<それ以上後頭部から毛髪は取らないほうがいい、というか《もう取れないと思います》>と言われ諦めました。

あれだけ高い費用を払って以前よりも悩みが増えるなんて思いもよりませんでした。
私の自毛植毛の手術は失敗だったと後悔しています。
もし植毛を考えているなら、後頭部の髪の毛の量と移植する本数のバランスをよく見てもらって手術したほうが懸命だと思います。
それをちゃんと説明できないクリニックでは受けないほうがいいと思います。

【ケース24】治療部位:髪の分けめ部分2019.1

34歳になる専業主婦です。私は生まれつきといいますか、全体的に細く薄い髪の質で、パーマやカラーリングで誤魔化さないとボリュームがなく貧相なイメージになることが悩みでした。特に髪の毛の分け目部分は、まるで禿げているように見えていました。
それは20歳を過ぎたあたりから顕著になり、分け目を左右に変えても同じような感じになり、何といいますか元気がないように見えるのが悩みになっていました。
いくらパーマをかけてもこれは隠すことができず、毎朝鏡を見るのが憂鬱になるくらいでした。

そんな時、何気なく購入した女性の美容特集の本(メイク方法やヘアデザイン、若く見えるためのメイク云々等の特集)のなかに、私と同じような髪の毛の悩みを持った読者が<自毛植毛>という手術で悩みを克服するページがあったのです。
それは年齢的にも同じくらいの方で、やはり髪の毛のボリュームの無さや後退し始めた生え際の悩みを持っている方でした。記事の中で女性の薄毛のタイプがいろいろと紹介されており、私のケースと同じ薄毛のタイプも出ていました。

実際にその本で紹介されていたクリニックのホームページを見ると、女性の生え際や分け目の部分への植毛で薄毛が改善されている写真も見ました。

<この手術なら私のこの分け目の薄いのは改善できるのかな?>

しばらく悩んでいましたが、主人にも相談し一度カウンセリングに行って来たらと後押しされ、カウンセリングへ行きました。
カウンセリングでは、最近は女性の薄毛の悩みも多くなり、実際に自毛植毛を受ける方が増えているというお話でした。話を聞いているうちに<やっぱり植毛しかない>となり、手術を希望したのですが、このクリニックの手術のスケジュールが翌年の4月まで一杯になっていて、私が希望する時期には手術を受けることは難しかったのです。
どうしても年内に手術を受けたかった私は、他の植毛クリニックへ相談に行きました。

そのクリニックでも女性の患者さんが多く植毛手術を受けており、実際の写真も見せてもらいました。
<ここならしっかりと結果が出そうだな>と感じた私はすぐに希望のスケジュールで手術の予約をしました。早めに予約を入れないと大きなお休みになるとすぐに一杯になるということでしたから。

手術は希望の時期に受けることができました。手術自体は考えていたよりも痛みや腫れ、ダウンタイムといったものはありませんでした。私の場合、2000株という本数の移植になりました。通常は後頭部を短く刈り上げて移植するための髪の毛を採取するとのことだったのですが、さすがに主人が<それはやめて欲しい>ということで、費用的には高くなりましたが、後頭部を刈り上げずに髪の毛を採取する方法で行いました。

カウンセリングでは、移植した後数ヶ月で一度抜けることがあるとの旨説明を受けていました。でも実際は、想像以上に髪の毛が抜け落ちてしまい、移植した髪の毛だけでなく、それまであった髪の毛までも一緒に抜け落ちてしまったのです。
電話で相談すると<時間が経てばちゃんと生えてきます>ということでしたので、5ヶ月ほど待っていましたが、移植した髪の毛の一部は黒く太い毛が生えてきたのですが、それまであった髪の毛はいくら待っても生えてくることはありませんでした。

そこで最初にカウンセリングへ行ったクリニックへ相談に行ったのですが、移植する際に注意しなければ既存の毛髪へ悪い影響を及ぼすこともあり、移植の際に既存毛を傷めてしまったり、頭皮の血流が移植によって阻害されてしまい、こうした既存する毛髪がショックロスを起こし抜けてしまうということでした。

結局1年過ぎましたが、一部他の髪の毛と明らかに違うように見える太い毛が若干生えてきた以外は、以前と比べると明らかに薄くなって見えています。時間が経てばまた生えてくるのではないかと、淡い期待をしていましたがそれはもう無いようですね・・・。
結果は人間の身体ですから個人差があるので仕方がないと思いますが、高いお金を払って髪の毛が増えたら今度はこんな髪形にしたいなと期待をしていましたが。
主人にも言われました。
「やんなきゃよかったのに・・・」
やっぱり最初のクリニックで植毛すればよかったと思っても後の祭りですね。
私の自毛植毛は<失敗>だったんですね。

少し抵抗はありますが、今度はウィッグに挑戦してみるつもりです。

【ケース25】治療部位:髪の生え際2019.2

長いこと生え際の毛の少なさに悩んでいました。一時はテレビコマーシャル等で話題になった貼り付けるタイプのカツラ(接着剤がついた付け毛のようなものです)を使用していましたが、汗をかくとすぐに剥がれてしまい2週間に1回は貼り替えるという、メンテナンスに気をつけなければならないし、ランニングコストもかかってとんだ散財をしてしまいました。それと一番嫌だったのが、接着部分をきれいに剃らなくてはならず、思った以上に生え際の部分の髪の毛を剃られ、せっかく残っていた髪の毛までも失うことでした。
もちろん、着けたらすぐに効果が出ますからとても良かったのですが、見る人が見ると明らかに自分の残っている髪の毛の質と付け毛の質感が異なって、とても違和感があったので辞めました。まぁ、一番の理由はあまりにもかかってしまうコストでしたが・・・。

そんな生え際の薄毛で悩んでいる私に、ある友人から<自毛植毛>を紹介されたのです。
何でもその友人の姉さんの旦那様が自毛植毛で思いっきり変身したらしいのです。
本人も喜んでいたようなのですが、お姉さんの方がとても喜んでいたらしく<植毛して10歳は若返った!>と自分のことのように喜んでいたらしいのです。
それで薄毛でグズグズ悩んでいた私に<植毛>を紹介してくれたらしいのです。

すぐにその気になった私は、そのご主人が受けたという植毛専門クリニックでカウンセリングを受け手術を受けました。手術時間は想像していたよりも短い時間で終わり、帰宅の際も痛みやフラつくことなどなく帰ることができました。翌日には包帯も取れ洗髪もできたので、生活に支障もなくこれまでと同じように生活できました。

ただ、気になったのが生え際の移植した部分のデザインといいますか、生え際のヘアラインが規則正しくノコギリの刃のようにギザギザになっていることでした。
“髪の毛が生えてきて伸びればきっと自然なヘアラインになるんだろう”と思って時間の経過を楽しみにしていました。

一度移植した髪の毛が抜けるということがあり、不安になり定期検診の際に相談したら“心配しなくても時間が経てばまた生えてきますから大丈夫です”と・・・。
6ヶ月くらいで髪の毛が生えてきたのですが、一度抜け落ちてまた生えてきた髪の毛は60%くらいの割合でしか生えてくることはなかったんです。 それとやはり一番心配していた生え際のヘアラインがギザギザで、明らかに<髪の毛を手術で移植しました>という仕上がりになってしまったのです。
正面から見ても明らかに前頭部、頭頂部の髪の毛の密度が異なり、スカスカな印象、尚且つ変に規則的な形をした生え際のラインで、誰が見ても不自然な仕上がりに愕然としました。

<これって手術の失敗なんじゃないか・・・>

その後1年ほど経っても状況は変わらず、髪の毛が長くなればなるほど残っていた髪の毛の密度の違いがはっきりと分かるようになりました。それと気になることが、移植した部分(生え際)の皮膚が赤味を帯びて皮膚が盛り上がっているんです。分かりやすく言うと<腫れているんです>普段はあまり見られたくないので前髪を下ろしているのですが、何かの拍子に髪の毛が上がった時にはっきり分かるんです。
以前友人からも<おでこが赤く腫れているけど、怪我でもしたの?>と言われるくらい、赤く腫れているんです。クリニックにもクレームを言いに行きましたが、

「それは体質も関係しているから植毛で赤く腫れる人もいます」

「時間が経てば皮膚の腫れも治るのでもう少し様子を見ましょう」

と、言うだけで何の処置もなく帰されました。
確かに怪我をして赤く腫れが残る人もいると思いますが、私の場合は今まで怪我などしても赤く腫れるということはありませんでしたし、手術を受けてすでに1年半経過しているのに、一向に治る気配もありません。それと、腫れているせいなのか移植した髪の毛が徐々に抜けているようなんです。ですから、以前から気にしていた周りの髪の毛の密度と移植した部分の密度の違いがはっきりと分かるようになってしまいました。

今では鏡で自分の顔を見ることさえ嫌になり、半分うつ状態になってしまいました。
こんなことであれば、自毛植毛の手術なんか受けなければ良かったとさえ思うようになってしまいました。

手術を受ける前はとても期待していましたから、今は本当に残念でなりませんね。

【ケース26】治療部位:頭頂部全体2019.3

8年ほど増毛タイプの薄毛対策をしていました。流石に毎月のメンテナンスとランニングコストに嫌気がさし、それまで受けるかどうか迷っていました《自毛植毛》を受けました。
本当は増毛コースを始める前にこの自毛植毛は選択肢の一つに入っていたのですが、周りで植毛を受けたという人もいなかったということ、それと外科手術ということで少し抵抗があったということ、あとは高額な手術費用ということで躊躇してしまい増毛法を選んだという経緯がありました。

増毛法は付け毛を既存の毛髪に結びつけるタイプのものでしたので、その日のうちに効果が実感できました。多少時間はかかりますが、帰りにはもう薄毛には見えないというところはメリットといえるかもしれませんね。ただ、やはり月に一度は髪の毛が伸びた分付け毛が上に上がってしまうので、専門の技術者がケアするというメンテナンスは大変でした。
それに《これは本物の髪の毛じゃない》という思いが気持ちの根底にあるので、本当の意味での薄毛の解消にはならないというわけです。

そんなこともあって最初の選択肢だった自毛植毛を受けたのです。

植毛の手術は所謂、大手の植毛クリニックの新宿院で受けました。それ以外のクリニックにも電話で相談したのですが、費用が他のクリニックに比べやすかったということ、それと自宅から近いということもあり決めました。以前、通っていた増毛サロンでここのクリニックの話も出ていたので、何と無く安心感が持てたので選びました。

私の薄毛のタイプは生え際というより頭頂部全体が薄いというもので、正面からみると生え際の髪の毛は薄くないので、パッと見は薄毛に見られないタイプでした。
ですから、電車に乗っても絶対に座れないんです。上から見られるとすぐに薄毛だとバレてしまいますから。こういうシチュエーションが一番嫌だったように思います。
自毛植毛の手術はこの薄くなった頭頂部全体に後頭部の自分の髪の毛を移植しました。
外科手術なので当たり前なのかもしれませんが、手術中は麻酔をしていたのですが微妙に痛みを感じました。手術途中からは麻酔のせいか、ウトウトできるくらいにリラックスできましたが、手術当日から5日間ほど頭頂部と後頭部の痛みが続き、仕事中も集中できずに苦労しました。

手術後1週間経たないうちに頭頂部の移植した部分に瘡蓋ができました。これが時間が経つと痒くなるんですね。あまりの痒さにクリニックへ相談したところ“瘡蓋が取れてくる際に痒くなるので心配ない”との説明を受け、ずっと我慢していました。
瘡蓋が黒くなるので、遠くから見たら薄毛が目立たないようになり、《このまま生えてくればきっと薄毛が解消出来る》と実感が湧いてきた手術後10日間でした。

少しずつ瘡蓋が取れるようになり、最初は移植した髪の毛の頭が出ているように見え“本当に生えてきている!”とその時は本当に嬉しかったですね。

それが2ヶ月目を過ぎたあたりから頭頂部の移植した髪の毛が抜けてきたのです。
カウンセリングの際に一時的に抜けることもありますが、またすぐに生えてくると説明は受けていましたが、移植した髪の毛だけでなく残っていた髪の毛まで抜けてきたのです。
《まさか・・・》

その心配は的中したのです。なんと移植した髪の毛と一緒に残っていた自分の髪の毛までも抜けてしまったのです。クリニックへクレームを含め相談しましたが、移植によるショックロスということらしく、多々あるという説明をされました。抜けても毛根自体が残っていればまた生えてきますからと、まるで他人事のような説明に愕然とさせられ、言われるまま少し経過を見ることになりましたが、その後半年経過しても3割くらいの髪の毛しか生えてこないという結果になりました。
友人からは“クレームした方がいいよ”と言われクリニックに相談に行きましたが、頭頂部の植毛は十分起こり得るからと、手術費用の半分しか返金してもらえませんでした。
自分としては返金云々よりも髪の毛が欲しいという思いだったのですが、返金後のクレームは入れないという覚書まで書かされ、とても不愉快な思いをさせられました。
そのクリニックで植毛しなければ今でも髪の毛が残っていたのに・・・。
悔やんでも悔やみきれず、その後他の植毛クリニックへ相談し同じく頭頂部に移植しました。

それから7ヶ月ほど時間が経ちますが、移植した髪の毛は一度も抜けることなく生え揃いつつあります。一体最初の植毛手術はなんだったのでしょうか・・・。
大手クリニックで広告とかもどんどん展開しているからということで選んではいけないんですね。それは他の病気の治療とかも同じかもしれませんが、しっかりとしたクリニックを調べて受けるべきですね。

現在の心境・・・また生えてきた嬉しさと最初の自毛植毛の後悔の念・・・気持ちは半々ですね。

【ケース27】治療部位:前頭部から頭頂部2019.4

約2年前に友人の紹介で自毛植毛の手術を受けました。クリニックは大手植毛クリニックを選び、後頭部を切らずに移植するタイプの植毛手術でした。
このクリニックは、私にここを紹介してくれた友人が3年ほど前に自毛植毛の手術を受けたところで、彼自身結果に大満足して最終的には3回の手術を受けて見違えるほど変身していました。彼も私と同じように前頭部から頭頂部までの広範囲の薄毛のタイプでしたが、まるで10才いや15才は若返るほどの結果でした。
そんな彼を見ていましたから、30歳になる頃にはかなり深刻な悩みになっていた薄毛を解消すべく、決心したというわけです。
私も結果が良ければ2度3度受けてもいいかな?と考えていました。友人の3回の結果を見れば、薄毛で悩んでいる人はみんな《自毛植毛》を選ぶんじゃないかなというくらいの物凄い効果でしたから。

手術は前頭部から頭頂部にかけての広範囲に、3,000株(髪の毛にすると8,000本になると説明を受けました)移植することになりました。幸いにも後頭部は薄くなっておらず、太くて黒い毛が採取できるので《元気で太い毛が生えてくる》ということでした。
それまで手術らしい手術は受けたことはありませんでしたから、<どのくらい痛いのか?><どのくらい腫れるのか?><本当に生えてくるのか?>など、手術前はかなり神経質になっていたと思います。

カウンセリングで細かなデザインを決め自毛植毛の手術は始まりました。
まぁ、想像していたような激しい痛みは感じませんでしたが、手術後はかなり腫れましたし、痛みも後頭部と移植した部分が3〜4日は続いていたと思います。
最初のカウンセリングでは、手術後3ヶ月くらいに移植した髪の毛が抜けることがあると説明を受けていましたが、説明通り移植した部分の途中まで生えていた髪の毛が抜け落ちました。少し不安が残りましたが、1ヶ月ほど経つと少しずつ生えてきたのですが、生えてきたのは植えた本数の30%程度のものでした。そして待てど暮らせど、それ以上の移植した髪の毛は伸びてくることはありませんでした。あまりにも酷い状態だったので、クリニックへ相談に行ったところ、<もうこれ以上は生えてくることはない>という説明でした。
なんでも私の毛髪自体が弱く生着率の悪い移植毛の為だと言うのです。
カウンセリングでは<元気で太い髪の毛が生える>という説明、あれは何だったのでしょう。最終的にはもう一度やった方が効果が出ると・・・。

全く支離滅裂な説明に呆れてしまいました。もう一度やりたいと思いましたが、《こんなクリニックでは受けられない》と思い、他のクリニックに相談に行きました。
そこで言われたのが《ほとんどの移植毛が後頭部から採取するときに傷つけられてしまい、生着率の低い移植株になってしまったために、ほとんど抜けてしまったように見える》という説明でした。後頭部からメスを使わずに直接移植毛を採取する際に毛根を傷つけることが原因だと。移植毛を吸引採取する際は、採取するスピードと傷つけないように採取する高度な技術力が必要不可欠ということも。
高い技術力がなければ自毛植毛の手術は良い結果を残すことは難しいものだとも。

スカスカの状態の前頭部と頭頂部は、以前よりも薄毛であることを強調して見えるようになり、結局この新しいクリニックで植毛を受け直したのです。
同じように3ヶ月目くらいに抜け落ちたときには、<まさか・・・>と不安になりましたが、手術を受けて8ヶ月を過ぎる頃には黒々とした髪の毛が生えてきました。
カツラのように一気に変わるわけではないので、自然に若返っていくような感じです。 あのまま諦めていたら今頃・・・。新しいクリニックへ相談してよかったですね。
カウンセリングやホームページだけでは分からないものですね。担当する医者の技術の差もあるのでしょうが、やはり高い技術力を持った医師に執刀してもらうのが間違いなのでしょうね。

2度目の手術を受けなければ、私の自毛植毛は失敗で終わっていたと思います。
植毛を考えているのであれば、いろいろなクリニックに相談した方がいいのかもしれませんね。友人の紹介だけで選ぶのは間違っているように思えました。

【ケース28】治療部位:生え際から頭頂部2019.5

会社の同僚の勧めで東京にある植毛専門クリニックで自毛植毛を受けました。その同僚も友人に紹介され、私と同じクリニックで植毛した一人でした。
毎日顔を合わせていましたら、徐々に髪の毛が増えていく同僚を見ながら“自分もやりたい”という思いが強くなり、紹介をしてもらったというのが、私が植毛を受けた経緯です。
その同僚は私よりも2歳上でしたが、正直もっと上に見えるくらいの印象で、髪の毛があるのとないのではこうも違うのか・・・それが植毛に対する感想でした。
自分も髪の毛が増えれば彼と同じように若く変身できるかな・・・。
そんな期待で受けることにしました。

私の薄毛の場合、生え際から頭頂部が薄いというパターンでしたから、移植するための本数も2,800株必要ということになり、手術費用も想定していたよりも高い出費になってしまいました。手術を受ける前に妻には植毛の手術を受けることは話していましたが、ここまで高額となると一度妻にも相談しなくてはならず、本当はすぐにでも手術を受けたかったのですが、妻に相談してからということになりました。
正直、金額を話したら妻も驚いていましたが(車が買えるくらいの額ですから)、そんなに植毛して若くなりたいというなら、ということで妻の許可をもらい翌週には手術を受けることになりました。

手術は朝9時30分くらいにクリニックへ入り手術の準備をしました。
最終的なカウンセリングと、どの部分にどのくらいの毛を植えるのかを説明してもらい、10時30分には手術はスタートしたと思います。
手術は想像していたよりも簡単に終わり、手術中に痛いとか不安になるということはありませんでした。翌日には包帯も取れて、比較的普通に生活できたように思います。
洗髪の時だけは移植した髪の毛が抜けてしまうんじゃないかと不安で、あまり強く洗うことはできませんでしたが、2週間を過ぎる頃には普通に洗髪していたと思います。

移植した髪の毛は、手術後すぐにチクチクする感覚がありましたから、しっかりと薄い部分に入っているという感じはありました。手術後1ヶ月くらいは赤く腫れて見える感じでしたが、その赤みも徐々に引き始め3ヶ月目には赤みはなくなりました。しかし、その赤く腫れた部分が引き出した頃から、移植した髪の毛が抜けてきたのです。それはもう、明らかに抜けていくのが・・・。それはもうショックでした。カウンセリングで一時的に髪の毛が抜けるということは聞いていたのですが、流石に自分でもはっきりと分かるくらい抜けていくので、すぐにカウンセリングへ行きました。

カウンセリングでの医師の話だと、だいたい3ヶ月くらいに一度抜けるらしいのですが、髪の毛を作る毛根の細胞部分は残っているので、また徐々に生え始める・・・という説明でした。多少疑問はありましたが、医師に言われてしまうと何も言い返せないまま帰宅しました。移植した髪の毛が一時的に抜けるというのであれば、ある程度納得はできるのですが、頭頂部に残っていた髪の毛までごっそり抜けてしまうと・・・。これは結構ダメージが大きかったですね。
<また生えてくるから>という言葉を信用しながら、頭のどこかで<もう生えてこないんじゃないか>と。
妻に言わせると
「前よりも確実に薄くなってる」と。
前頭部は何割かの移植した髪の毛は抜けずに残っていましたが、妻が言うように全体的に見ると手術前よりも薄くなっていました。

その後6ヶ月ほど経過する頃には少しずつ生えてはきましたが、印象としては前頭部がなんとなく増えて頭頂部はスカスカ・・・と言いますか、その後何ヶ月か待ってみましたが、移植した髪の毛と以前残っていた髪の毛は生えてくることはありませんでした。
見事に見窄らしい様になり、最近では妻も気にして私にあまり話しかけてこなくなりました。その後クリニックへ相談にも行きましたが、<もう一度手術しないと生えてこない>ということで埒があきませんでした。

紹介してくれた同僚も気を使ってくれ、“紹介したのは自分だから”と違うクリニックへ連れて行ってもらいましたが、そこでも<もう一度手術するしかない>との説明。
おそらく後頭部から採った移植するための株が痛んだためか、移植の際にしっかりと移植できていなかったため、移植毛の生着率が悪かったのではという説明でした。
頭頂部の残っていた髪の毛が抜けたのは、移植する穴を開ける際に残っていた髪の毛の毛根にダメージを与えてダメにしたのではないかということでした。
あぁ、もう髪の毛は生えてこないんだ・・・そう考えると悲しみに暮れてしまいました。

植毛なんかしなきゃよかった・・・
また手術を受けるにもお金もないし・・・
以前よりも老けてみらるようになって人前に出ることも苦痛になってしまった私の植毛体験は失敗だったと思います。後悔して仕方ありませんが、もっとちゃんとしたクリニックを探すべきだったと思います。

【ケース29】治療部位:前頭部から頭頂部2019.6

私は植毛の手術を1度受け結果が良かったので、2回目の手術を1年ほど前に受けました。
最初の植毛はかなり満足できる結果で、もう少し増やしたいということで2回目の手術を受けたのです。

1度目の植毛はインターネットで評判の良い植毛専門のクリニックで2,000株の移植をしました。会社の同僚の勧めで東京にある植毛専門クリニックで自毛植毛を受けました。
最初は本当にこの自毛植毛で髪の毛が生えてくるのか半信半疑でしたが、手術から1年後の結果はかなり満足いくもので、周りからも《若くなった》と好評でした。
それまでは考えられる薄毛対策は試しており、育毛剤はもちろん飲み薬の服用や発毛サロンの高い育毛コース、それでも効果が出ずにカツラまで使っていました。
まぁ、どれも本当の根本的な改善には程遠く、発毛サロンとカツラだけで500万円を超えるお金を使っていました。

そんな時に知ったのが自毛植毛という手術方法でした。植毛というと人工の毛髪を植えるというイメージしかなく、自分自身の毛髪を移植し、また髪の毛が生えてくるというのはいまいち信じ難いものだったのですが、実際に移植しその効果を見ると、本当に驚くような結果にやって良かったと思ったわけです。

そして、もう少し前髪のラインを下に下げ、前頭部から頭頂部にかけて増やしたいと思うようになり、2度目の植毛を受けることにしたのです。
2度目の手術は1度目に植毛を受けたクリニックではなく、費用的に一番安い設定の植毛クリニックを選んだのです。なんと言いますか《植毛手術はどこで受けても変わらないだろう》という安易な考えで決めたというわけです。結果的にこの安易な考えが、後になって後悔することになろうとは思ってもいませんでしたが。

インターネットでの口コミや、ホームページ内での“日本国内植毛シェアNo1》という触れ込みで安心していたのかもしれません。2度目の植毛手術では2,000株という数の移植になりました。手術の方法などは、最初に受けたクリニックの手術方法と似たようなものでしたが、手術後の腫れとか痛みなどは明らかに異なるもので、2度目の手術は手術後も含め大変な思いをしました。

まず、想定以上の腫れですね。最初の手術後はそう腫れずに過ごせたのですが、2週間近く植えたところやおでこ、それと目の上の腫れがなかなか治らず、会社に出勤することさえ難しく、しばらくの間は有給を使い自宅に籠もりっきりの状態でした。
ショックロスの件は最初のクリニック同様説明は受けていましたが、手術後1ヶ月目で植えた髪の毛がほとんど抜けてしまったのです。それだけなら覚悟はありましたが、明らかに元々あった髪の毛(前回移植して生えてきた髪の毛も)抜けてしまい、まるで植毛する前の薄毛の自分に戻ってしまったのです。いや、以前よりも薄くなったんです。
それから待てど暮らせど髪の毛が生えてこない日が続き、抜け落ちて2ヶ月したくらいから少しずつ生えてきました。しかし、以前移植した髪の毛はほとんど生えてこず、どう見ても手術前の薄毛の状態になっていました。

クリニックへ相談しても、もう少し時間が経てば生え揃うという説明だけで、納得がいく説明など全くありませんでした。結局最初のクリニックへ相談したところ、“隙間に移植しなくてはならないので、その隙間に既存の髪の毛にダメージを与えないように移植する技術がないと、そうした結果になりやすい”という説明でした。

その後1年以上待ってみましたが、以前より薄くなった自分の頭を見て愕然となりました。
3度目の手術も考えクリニックへ相談しましたが、後頭部の移植に使う髪の毛が少ないということ、自分の理想として考えている結果にするには難しいということで諦めました。
1度目の手術で満足していればよかったのですが・・・。
後悔は先に立たないですね。失敗しました。

【ケース30】治療部位:前頭部から頭頂部2019.7

2年前に大手の植毛クリニックで前頭部から頭頂部への植毛手術を受けました。
30代までは何とかキープしていた髪の毛でしたが、40歳になった途端に薄くなり始めました。薄くなり始めると急に老けて見られるようになり、10歳は上に見られるようになったことが段々とコンプレックスになってしまいました。それからは有名カツラメーカーの育毛サロンに通い続け、3年ほど通いましたが全く効果がなく、今度は残った髪の毛に人工の髪の毛を結びつける増毛法を勧められ、言われるままに契約、増毛法を使っていました。 ただ、この増毛法は1ヶ月に1度メンテナンスが必要でした。どうしても髪の毛が伸びてくるので、結着させた人工毛がズレてくるのです。こうなるとブラッシングも出来なくなり、見た目も違和感を感じるようになるので、仕方なくメンテナンスをせざるを得ないわけです。とにかく面倒の一言で、全く薄毛の根本的な解消にはならなかったんです。

しかし、45歳を過ぎた頃に前頭部から頭頂部にかけて、髪の毛が抜け落ち始め、とうとう人工毛自体も結べなくなっていきました。増毛法を利用している間に薬の処方をもらって飲んでいましたが、最初の1年くらいは何となく髪の毛が太くなった気がしていたのですが、よくよく見てみると太くはなっているように見えて、実は新しく髪の毛が生えてきているわけではなかったのです。

そんなことをやっている間に徐々に薄毛が進行し、ついにはもうカツラしかない!という状態までになってしまいました。しかし、どうしてもカツラだけは被るのは嫌だった私は、薬を処方してもらっていた皮膚科のドクターから“最終的には自毛植毛しかない”と聞いて、どのクリニックへ相談したらいいかを探していました。そして決めたのが、大手の植毛クリニックでした。このクリニックは“日本一の植毛症例数を持つ”と謳っており、そんなに多くの人が受けているなら・・・ということだけで決めたクリニックでした。

私の場合、かなりの広範囲の薄毛でしたから、最大本数と言っていいくらいの本数を2回に分けて移植しました。費用的には600万円を優に超える高額なものでしたが、薄毛でこのまま悩み続けるよりも植毛して髪が増えたほうがいい・・・と考えて植毛しました。

植毛して3ヶ月くらいで一度抜けましたが、徐々に髪の毛が生えてきました。
しかし、前頭部は納得できるくらい生えてきたのですが、頭頂部はほんの数%ほどしか生えて来ず、見た目もまるでカッパの頭のようなひどい頭になってしまいました。
見るからに“笑える頭”とはこういう頭だ・・・と思えるくらい酷い仕上がりに、あれだけ高額な費用を掛け、あれだけフサフサになることを想像していた私は愕然としました。
《植毛なんかしなきゃよかった》と。
クリニックへ相談しましたが、最初は髪の毛が生え揃うまでに少し時間がかかる場合もあるので、もう少し様子を見て見ましょうと言われ、その後半年ほと待って見ましたが全く生えてくる事もありませんでした。これは明らかに失敗なのでは?と再度クリニックへ相談しましたが、失敗とは言えないというだけ。髪の毛が生える生えないというのは個人差があるので、手術自体は成功していると。

「実際に前頭部は髪の毛が生えていますよね?」と。

せめて手術にかかった費用を返金してほしい旨も伝えましたが、全額は返金できませんとの返答。結局、弁護士を立てて交渉しましたが、手術費用の30%しか返金してもらえず、半分泣き寝入りでした。弁護士の先生からも、こうした自由診療の手術を受ける際は、どんな医療機関なのか、評判はどうなのか、カウンセリングの対応はどうなのかをしっかり見極めないと、こうしたトラブルになってしまうケースが多いというお話でした。

今ではせっかく生えてきた前頭部の髪の毛も剃ってしまい、頭頂部の薄さが目立たないようスキンヘッドにしています。他の植毛クリニックにも相談しましたが、前回の移植本数が多かったため、後頭部の髪の毛が少なくなっており、もし植毛しても今度は後頭部が薄くなってしまい、本当にバランスの悪い髪型になるのでお勧めできないと断られ、もう仕方なくスキンヘッドに・・・という選択をせざるを得なかった、これが私の自毛植毛失敗談です。

  PAGE TOP

セカンドオピニオンドクターに聞く!

送信完了後、数分以内に確認メールが届きますので必ずご確認ください。

植毛に対する疑問点、不明点、質問等を【疑問・質問】欄にてお問い合わせください。

以下の全ての項目をご入力後、お間違いがないかご確認のうえ「入力内容確認」ボタンをクリックしてください。

必須ハンドルネーム
必須性別
必須E-mail
(半角/例:info@umedabiyou.jp)
必須E-mail (確認用)

(半角/例:info@umedabiyou.jp)
  都道府県
必須疑問・質問

入力内容に間違いがなければクリックして下さい。
タップして下さい。