自毛植毛手術の医学的な評価

専門性の高い分野について、行われていることが妥当であるか、もしくは不適当であるかを判断することは、とても難しいものです。

私自身、コンピューターやプログラムについて、専門的な知識を持っていないため、HPなどの打ち合わせの際は、担当が話していることが一般的に言って正しいことなのか判断ができない場合があります。

私は、そういった時、他の何人かの専門家に同じことを聞いてみます。そうすると同じ意見であったり、まったく逆の意見があったりして、そのことが正しいかどうか、凡その判断ができます。これは、科学的なやり方とは言えませんが、時間が無い時に素早く決断するためには、有用な手段であると思っています。

 

さて、話は大分横道にそれてしまいましたが、専門クリニックで行われている薄毛治療が、有効な方法であるか判断する一つの材料として、日本皮膚科学会が、『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版』が公開されています。

 

これは、まさに専門性の高い分野である薄毛治療について、医師、患者双方へ標準的な治療法を提示するため、専門家が治療法のエビデンス(科学的根拠)を精査し、推奨度を5つのランクに分けています。

具体的には、A(行うことを強く勧める)、B(行うよう勧める)、C1(行っても良い)、C2(行わないほうが良い)、D(行うべきでない)に分かれています。簡単に言えば、A~C1までは、エビデンスの確かさでランクわけされていて、C2、Dについては、有効なエビデンスがない、もしくは有害であるデータがあるというものです。

 

これに基づく代表的な薄毛治療法の評価は次のようになります。

 

男性型脱毛症に対して

推奨度A :フィナステリド内服、デュタステリド内服、ミノキシジル外用

推奨度B :自毛植毛手術

推奨度C1:

推奨度D :人工毛植毛手術

 

女性型脱毛症に対して

推奨度A :ミノキシジル外用

推奨度B :

推奨度C1:自毛植毛手術、

推奨度D :人工毛植毛手術、フィナステリド内服、デュタステリド内服

 

 

これを見ると男性型脱毛については、フィナステリド内服、デュタステリド内服、ミノキシジル外用、自毛植毛手術が薄毛治療に有効な科学的データがあり、女性型脱毛症については、ミノキシジル外用、自毛植毛手術が薄毛治療に有効な科学的データがあるということになります。

 

ただ、薬剤の治療については、副作用の報告も同時になされています。

例えば、デュタステリド内服では、主にインポテンツや、射精障害が副作用として報告されていて、20歳未満への安全性、長期服用の効果増減、投与中止後の効果増減については、検討されていないと報告されています。

つまり、服薬では必ず副作用を考慮しないといけない点、未成年の服用、服用をやめたときの効果がどうなるかという問題があることを指摘しています。

 

また、植毛手術については、人工毛植毛について、過去に有害な報告が多数あるため、医療法上の問題はないが、安全性について高い水準のエビデンスが得られるまで、実施すべきないとしています。

FUEとFUT後頭部の傷跡が残りやすいのはどっち?

 

FUEとFUT 移植毛を採取した後の後頭部の傷はどちらが残りやすいか?

結論から言うと、厳密にはどちらの植毛手術法も後頭部の採取後の傷は残ります。

あとはその傷が目立つような大きさの傷なのか、目立たない小さな傷なのかの違いだけです。

まず、FUT(メスを使用して後頭部から帯状に頭皮ごと切り取りそれを株分けする方法)の場合、ドナーとして後頭部の毛髪を皮膚ごとメスで切り取り、一株ずつに株分けします。

本数にもよりますが大体幅2〜3cm、長さ20cmほどの頭皮を毛髪ごと採取したあとは、きれいに縫合します。この縫合も単純に縫い合わせるだけでなく、内側、外側と傷が開かないような特別は縫合をします。この縫合した部分が後頭部の傷跡になるわけです。この縫合跡は長さ約20cmの線状の傷跡になり、髪の毛で隠れてしまうのでほとんど目立たなくなります。但し、体質等により傷跡が肥厚性瘢痕を起こし傷が赤く盛り上がって傷跡が目立つようになり、さらに進行し酷くなるとケロイドになります。また頭皮が上下に引っ張られて傷にテンションがかかり、縫合跡が広がってしまうことがあります。こうなってくると後頭部の傷跡が目立ってしまい最悪の場合、形成外科的な外科手術で傷跡を切除し再縫合し傷跡を消すか、FUEによる植毛手術で目立つ傷跡にカバーリング植毛し傷跡を目立たないようにするしかありません。

 

一方FUEの場合、後頭部から移植毛を採取する方法は、口径0.9mm〜1.2mmほどの筒状のパンチを使って後頭部から直接毛髪を一本一本抜いて採取します。最近では口径0.85mmとさらに小さな口径のパンチを使用しているクリニックもあるようです。この移植毛を採取した後にパンチによる小さな丸い傷がFUEの後頭部の傷になるわけです。なるべく小さな口径で採取すれば、その分傷跡も小さくなるというわけです。ただ、後頭部の髪の毛は前髪等に比べ太くてしっかりしているため、あまり口径の小さいものだと髪の毛を切断したり細胞の部分を傷つけてしまったりするので、相当の経験値と技術がなければ難しいものになります。だからといって口径が大きなパンチを使って採取すれば、必然的に目立つ大きさの傷跡を残してしまいます。ですからFUEは豊富な症例数と高い技術が必要になるのです。

 

FUEの後頭部の傷跡は丸く白い点状のものですが、小さな口径で採取できればほとんど目立たない程度のものですが、採取する際全体のバランスを考慮しながら採取しないと、丸い傷が偏ってしまったりして、まるで虫食いのようなかなり目立つ傷跡になってしまいます。

髪の毛が伸びてしまえばほとんど分かりにくいのがFUEの特徴なのですが、こうした偏った虫食い状態になってしまうと、後頭部の髪の毛が明らかにスカスカに見えてしまったりして、植毛して前髪は薄毛に見えなくなっても、後頭部が薄毛に見えてしまうことになります。本来、FUEの後頭部の採取跡は、髪の毛をかきあげてもほとんど分からないぐらいの

採取方法で、床屋さんにいってもほとんどバレません。FUTと同じように体質的な個人差があるので、傷跡が目立ってしまうかたもいるかもしれませんが、FUTに比べ患者への負担も少なく、小さな口径のパンチでの採取ですから、術後の腫れや痛みもほとんどないのがFUEと言われています。

 

後頭部の傷跡が目立たないようにするには、FUT、FUEどちらも多くの症例数、実績、高い技術を持った医師が在籍しているクリニックを選ぶことが一番重要なのです。

移植毛の選定について

 

自毛植毛手術において、移植毛の選定は重要な作業になります。後頭部や側頭部の毛髪を利用しますが、これは生理学的にAGA(男性型脱毛症)が起こりづらいからです。採取する際は、元気な移植毛を選んで、傷つけないように注意します。傷ついた移植毛は、分単位で徐々に弱ってしまい、移植した際に生着しない原因になってしまいます。逆に傷ついていない元気な移植毛は、保存液に入れておけば簡単には弱りません。

手術時間が、短いほど移植毛が弱らないという考え方もありますが、移植毛が傷ついていなければ、大きく弱るということはありません。つまり、元気な移植毛を傷つけないよう丁寧に採取することが最も重要になるのです。

 

また、移植毛の選定については、元気なものであることは大きな条件ですが、移植する場所によって採取する移植毛は変わります。

 

例えば、ボリュームが必要な大きなスペースでは、大きな移植毛を使います。大きな移植毛は、毛髪が太かったり、数が多かったりするため、ボリュームが出やすい特徴があります。ただ、小さい移植毛に比べ、移植した際に周囲へのストレスを与えてしまうというデメリットもあります。しかし、大きなスペースでの移植では、適切な間隔をとることで、そういったマイナスの影響を抑えることができます。

反対にボリュームより、密度を優先させたい場合もあります。つむじは、まさにそんなケースに当てはまります。そういった場合に大きな移植毛を使うとデメリットが強調されてしまい、せっかく移植手術をしても本数のわりに地肌が見えてしまいます。

このような場合は、大きな移植毛でなく、あえて1本毛で太い移植毛を使います。こうすると周囲への影響を抑えながら、密度を増すことが可能で、地肌が見えづらく、患者の満足度も高くなります。

 

ボリュームと密度以外の条件としては、移植手術をした後で、いかに自然に見えるかというものもあります。自毛植毛手術を行い薄毛の問題を解消したつもりでも、「いかにも何か特殊なことをやった」というような違和感を与えてしまっては、手術をした意味が半減してしまいます。

このような印象を与える原因は、不自然な生え際のラインなど、移植のデザインが影響することが多いのですが、移植毛の選び方も影響します。

例えば、女性の生え際の最前列などは、どんな移植毛を使用するか特に注意が必要な場所になります。女性の生え際を注意深く観察すると非常に細い産毛が生えていることがわかります。そのような場所には、ただ、1本毛を移植しても不自然です。専門クリニックよって対処は違うかと思いますが、アスク井上クリニックでは、襟足近くの軟毛を採取し、出来るだけ自然な印象になるよう移植しています。

 

このように移植毛の選定は、様々な条件が考慮されます。適材適所の言葉通り、限られた資源を有効に活用することが大切なのです。

自毛植毛 手術後の経過と注意点

自毛植毛の手術を受けた後はどのような変化があるのか?

植毛手術の当日は移植した部分と移植毛を採取した後頭部を、ガーゼ・包帯で圧迫保護します。翌日にクリニックにてこの包帯を取ることになるので、手術の当日は洗髪することはできません。また、手術の際に使用された麻酔の効果が切れてくるので、若干の疼くような痛みが出ることがあります。メスを使用しない植毛手術《FUE》の場合、後頭部を切除しないので痛みも我慢できないくらいのものではないのですが、メスを使用する植毛手術《FUT》の場合、後頭部を幅2〜3cm長さ20cmぐらいの帯状のドナーを切り取り縫合するため、仰向けで寝ることが苦しいほどの痛みがあります。クリニックでは痛み止めの内服薬を処方されるのですが、この痛み止めも効かないほどの痛みがあったという方が多いようです。

《FUE》の場合、直径0.8mm~0.6mmという極細の口径のパンチという器具を使って移植毛をくり抜いて採取するので、個人差はありますが痛みも少し違和感がある程度の痛みになります。

 

翌日は保護のための包帯を外して消毒、そして帰宅します。この際に洗髪ができるクリニックであれば、きれいに患部を洗い流してもらえます。また、一番気になるのが“洗髪方法”ですが、基本的にはクリニックで髪の毛と頭皮の洗い方を教えてくれます。

一番気をつけなければいけないのが《頭皮に爪を立てて洗わない》ということ。これは、移植した毛髪がまだ完全に生着していないということ、患部が完全に塞がっていないため、雑菌等が患部に入り感染症や赤く腫れてしまい、せっかく移植した毛髪が抜けてしまうことがあるからです。

洗髪は指のはらでゆっくりと撫でるように洗います。またシャンプーは低刺激性のものを選びます。あとシャワーは患部へは直接当てないということです。洗面器にぬるま湯を入れそこにシャンプーを溶かし入れそれを頭皮に乗せるようにして優しく洗うようにします。

 

植毛の手術後2週間ほどは激しい運動は避けた方がいいでしょう。またお酒も1週間ほどは禁酒します。お酒は血行をよくする効果がありますから、患部にできたかさぶたから出血しやすくなってしまいます。このかさぶたは植毛手術にとっては大事なもので、移植毛の保護、傷を早く治す役割があるので、かさぶたができて慌てることはありません。植毛の効果が出てきていると思っていれば大丈夫です。そういう理由から手術後1週間ほどは禁酒します。

 

かさぶたができて徐々に剥がれ落ちる頃になると、移植した部分全体にかゆみが出始めます。これは傷になっている移植部分が治っていく過程に起きる症状なので、問題ありませんが、就寝中に無意識に掻きむしってしまうこともあるので注意します。ただ、この頃になると移植された毛髪を作り出す毛包が生着し始めているので、間違って掻きむしって毛が抜けたとしても毛包が生着している毛であればちゃんと髪の毛は生えてきます。

但し、全部が生着しているわけではないので注意します。

 

手術後2〜3ヶ月くらいに移植された毛髪が一旦抜け落ちます。これは毛包が根付いて古くなった髪の毛が抜け落ちるということです。つまり、新しい元気な髪の毛が生え変わる準備をしているというわけです。ですから、抜け落ちてしまって再びクリニックへ相談にという方もいらっしゃるようです。2ヶ月もすると新しい太い毛が生えてくるので心配いりません。

 

同じようにこの時期になると、移植毛ではなく既存毛(残っていた毛髪)が抜けてしまうことがあります。これはショックロスと呼ばれるもので、移植した部分の周りの髪の毛が植毛後の軽い炎症や局所麻酔の影響、植毛によって頭皮の血流が変わったことによるものと考えられていますが、まだはっきりとした原因は分かっていないようです。

ただ、このショックロスによって抜けた既存毛も半年から1年くらいで元のように生え揃うので心配いりません。

 

自毛植毛は人工毛植毛や増毛法と異なり、すぐに効果が現れるわけではありません。多少の個人差はありますが、上記のような過程を経て大体8ヶ月から約1年で髪の毛が生え揃います。早い方では一時的な脱落やショックロスもなく半年ほどで効果を実感する人もいます。時間をかけて薄毛を克服する・・・それが自毛植毛なのです。

植毛手術後の投薬治療は必要か?

 

自毛植毛の手術を受けるまで或いは自毛植毛の手術を知る前まで、AGA治療として投薬治療を行なってきた方は多いと思います。薄毛(男性型脱毛症〜AGA)治療の解決策としてテレビコマーシャル等で広く知られるようになり、毎月のようにAGA治療専門のクリニックで薬の処方を受けていた方も多いと思います。

このAGA投薬治療ですが、効果が現れる方とそうでない方に分かれ、比較的早く効果を実感する方だと治療開始から6ヶ月程度でその効果を実感することができます。一方で1年以上投薬を続けてもほとんど効果を感じることができない方も存在します。

 

この投薬治療ですが、大きく分けて2種類のタイプのAGAの治療薬があります。

  • 既存毛の脱毛を抑えるタイプ
  • 発毛力を高め髪の毛の発毛を促すタイプ

になります。

 

既存毛の脱毛を抑えるタイプの薬は、抜け毛の原因となる脱毛ホルモンを抑えることで、薄毛の進行を抑えるというものです。

発毛を促すタイプの薬は、髪の毛を作り出す毛母細胞へ栄養を行き渡らせるための血流を促して髪の毛の発毛力を高めるというものです。

 

タイプ別に説明すると、脱毛を抑えるタイプの薬は飲み薬になり、発毛を促すタイプの薬は飲み薬と外用薬(頭皮に直接塗るタイプ)になります。

 

脱毛を抑えるタイプの薬としてはプロペシア、ザガーロ等があります。プロペシアの薄毛改善効果は服用者のおよそ80%と高い結果があると報告されており、他の治療薬に比べ副作用も少ないAGA治療薬です。ザガーロは2015年に認可された最も新しいAGA治療薬です。効果はプロペシアと同じ脱毛ホルモンを抑えるタイプですが、プロペシアよりも多くの薄毛のタイプに効果があると言われています。ただ、プロペシアよりも副作用が起こりやすいということが分かっています。

 

発毛力を高め髪の毛の発毛を促すタイプの薬として、ミノキシジルタブレット、ロゲイン、アロビックスがあります。ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルという有効成分が髪の毛の生成と成長を促進させるというもの。ただ、このミノキシジルタブレットは日本ではAGAの治療薬として認可されていません。本来は降圧剤としての薬で、使用する際は医師の判断により処方することができます。そのため必ず医師の診察、判断により適切な用法用量の指示を受けなくては服用できません。

ロゲインはミノキシジルを主成分とした外用薬です。どちらかというとミノキシジルタブレットの副作用を解消するために外用薬にしたもの。内服薬に比べると効果は下がりますが、リスクが少なく使用できるということが外用薬のメリットといえます。

 

では、これまでAGAの投薬治療を受けていた方が自毛植毛の手術を受け、その後同じように投薬治療を続けるべきか、投薬治療をやめて大丈夫?と悩まれている方もいらっしゃると思います。実際、植毛を受けた方でそのまま投薬治療を継続されている方、植毛後投薬治療を完全に止めてしまった方がいらっしゃいますが、それぞれ薄毛のタイプによって継続または停止に分かれます。

 

まず、生え際を中心とした移植の場合、ほとんどの方は投薬をやめています。ただし、前頭部や頭頂部の薄毛が進行中の方の場合、状況を鑑みて投薬を継続または停止という判断をされています。もちろん医師の診察・判断によるものですが。継続されているという方は、全体的に移植された方が多いようです。前頭部から頭頂部、つむじ周りの薄毛のタイプの方は、どちらかというと継続されるケースが多いようです。ただ、年齢的に若い方は薄毛の進行が継続しているので、投薬治療を希望される方が多いようですが、年齢的に薄毛の進行が遅くなっている方は、植毛の効果を実感されると投薬治療を停止されているようです。

投薬治療をされていた方たちは、一旦服用を始めると服用をやめてしまうと以前より薄毛が進行する、または進行したように思えたという理由から、なかなか投薬治療をやめられないというご意見が多く、そうなると一生薬を投薬しなければならない・・・面倒、自毛植毛すれば薬もやめられる・・・そう考えて自毛植毛の手術を考えるようになるそうです。

AGAの治療薬は細くなってしまっても毛髪が残っていれば、抜け毛を防ぎ、毛を太くすることで薄毛の進行を抑えることができますが、生え際のような既に髪の毛が残存していない部分には全く効果がないので、自毛植毛で薄い部分に移植する方法が一番確実であるといえます。頭頂部などは投薬治療である程度進行を抑え、毛を太く見せることはできますが、髪の毛が抜けてしまうと自毛植毛での移植でしかカバーすることはできなくなります。

 

つまり自毛植毛後の投薬治療の必要性は、自身の薄毛のタイプや既存毛の状態、これまでの薄毛の時間的な進行経緯、そして自身の年齢等を加味し、自毛植毛の手術後医師の判断の元投薬治療の継続・停止を判断することがより良い結果を得られると思います。