自毛植毛手術 〜FUEとFUTどちらを選ぶべきか〜

自毛植毛の手術には大きく分けて2種類の手術方法があります。ひとつはFUT(Follicular Unit Transplantation)という方法で、移植のための毛髪をドナーとして後頭部から皮膚ごと切り取り、それを手作業で移植するためのグラフトを作成するために、毛包単位で株分けし、薄い部分へ移植する方法。いわゆる“メスを使用して後頭部を切る方法”です。移植するための移植孔の作成には、細いメスを使ってスリットを頭皮に入れ移植孔を作成し、そこへ植え込んでいきます。ドナーを採取した後頭部は皮膚を縫合します。

もうひとつの方法FUE(Follicular Unit Extraction)とは、FUTのようなメスを使用せず、パンチという器具を使って後頭部から毛母細胞を含む毛包単位に1本ずつくり抜いて移植毛を採取する方法です。移植孔の作成には同じようなパンチを使って頭皮に孔を開けていく方法と、小さなメスを使用してスリットを頭皮に入れて作成する方法があります。

どちらもメリットがあるので、移植する部位によっては両方を使い分けているクリニックもあるようです。自然な仕上がりを求められる細い髪の毛が多い生え際などは、スリットで移植孔を作成、前頭部や頭頂部などの太くてボリュームを出したい部分はパンチを使用しているようです。

 

どちらもメリット・デメリットがあります。まずFUTの場合、後頭部を幅2〜3センチ長さが20センチ(移植する本数によっても異なります)のサイズで皮膚を切り取り、その採取した部分は縫い合わせるのですが、その縫い合わせたところが線状の傷跡として残ってしまいます。当然、後頭部をメスで切っているので、手術後しばらくは痛みが残ります。実際にFUTを経験された方の多くの方が“しばらくは痛みで仰向けでは寝ることができなかった”というほど痛みが残るようです。また、後頭部に線状の傷跡が残ると説明しましたが、縫い合わせている部分に常にテンションがかかり(皮膚が上下に引っ張られる)、痛みが継続し続けその傷跡が広がって大きく目立つ傷跡になることもあります。FUTは後頭部を切除しているため、手術後のダウンタイムが長いという点も挙げられます。これがFUTのデメリットと言えるかもしれません。

メリットはFUEに比べ一度に多くの本数を採取・移植できるということです。また、後頭部からドナーを採取する際に髪の毛を刈り上げることがないということ、手術後はある程度の長さの髪の毛であれば採取・縫合した部分は髪の毛で隠せるということです。

 

一方FUEのデメリットは、一度に移植できる本数が限られるということです。FUEの場合パンチを使って毛根ごと1本ずつ丁寧に採取するので、どうしても時間がかかってしまうからです。このパンチを使って毛根を採取するのですが、この時点で高い技術と経験がない医師が行うと移植毛(グラフト)を傷つけてしまい、移植しても移植毛が損傷しているため生着しないということもあります。最近では高い技術と豊富な経験と症例数を持った医師が存在し、一度の手術で3,000本以上の移植を行う“スーパーセッション”を実現しているクリニックもあるようです。FUEの手術を選ぶ場合は、こうした高い技術を持つ医師がいるクリニックを選ばなくてはいけないということです。

 

また、このFUEの大きなデメリットといえるのが“後頭部を刈り上げなくてはならない”ということです。これは後頭部から移植するグラフトを採取する際、髪が長いと髪の毛生えている方向や流れを把握できないため、採取するグラフトを傷めてしまうことがあるのです。

そのため採取しやすいよう後頭部を刈り上げなくてはいけないということです。髪の毛を短く刈り上げることに抵抗がある方や女性の方などは、FUEを躊躇される大きな要因かもしれません。最近ではこうした後頭部の髪の毛を短く刈り上げずに行うFUEの方法が出てきているので、後頭部を短く刈り上げたくない方にはそちらも検討された方がいいかもしれません。

 

FUEは“痛みや腫れが少ない”ということがメリットといえるのではないでしょうか?

自毛植毛は外科的手術ですから、植毛をお考えの方の中にはこの“痛み”や“腫れ”が気になって迷っているという方も多いようです。手術に使用するパンチは口径が0.6mm~1mmと極細の筒状の器具ですから、傷跡も1mm以下の目立たないものですから、患者の体への負担もFUTに比べ格段に少ないので痛みも腫れも少ないというわけです。

 

FUT・FUEそれぞれメリット・デメリットがあります。手術をお考えであればこうしたことを踏まえ、実績と経験値の高い医師が在籍しているクリニックでカウンセリングを受けましょう。もちろんいくつかのクリニックへ相談に行くことも重要といえます。

自分の薄毛や頭皮の状態や、毛の状態に合わせた植毛方法を選ぶことが大切になります。

分け目の治療について

分け目の相談は、男性からもありますが、女性から相談が多いものの一つです。内容は、「地肌がすける」、「ボリュームがない」などのお悩みで、技術的に難度の高いものもあります。

女性は、分け目を頻繁に変える方もおりますが、同じ髪型、同じ分け目を繰り返しそれが原因で薄毛になることもあります。特にポニーテールなど髪をまとめる髪型は、それが顕著で牽引性脱毛とも呼ばれます。この場合は髪型を変えることにより、改善が見込めます。

 

男性の分け目の治療の場合、原因がAGAであれば、AGA薬で解決できることも多いのですが、女性の場合は、AGAのように脱毛のメカニズムがある程度解明されているものではなく、びまん性脱毛症のひとつ、CTE慢性休止脱毛症のようにメカニズムが不明なものが多くあります。これは特効薬がない状態ですから、対処が難しいもののひとつです。

 

しかし、そういうものだからこそ、基本は、オーソドックスに手術と薬の併用になります。

 

女性の分け目の治療において手術での移植毛の採取場所は、一般に後頭部が使われます。AGAの治療では、AGAの発症に関連する男性ホルモンの影響を受けづらい後頭部の髪が使われるのですが、先にお話しをしたように女性に多いCTE慢性休止脱毛症では、後頭部の髪だからと言って、CTE慢性休止脱毛症が起こらないということはありません。

 

しかし、それでも後頭部の髪は他と比べ、脱毛しづらいようです。そのため、移植毛の採取時は、経験測での判別になりますが、強い毛髪を選択して採取しています。

 

また、移植する際も繊細な技術が求められます。例えば、移植毛を植え付けるための穴(ホール)を作成する際も侵襲の少ない手術、つまり、移植する場所のまわりの皮膚や毛髪に悪影響を与えないようなデリケートな手術が求められます。配慮の足りない手術だとこのストレスの影響で、新たな脱毛の原因になってしまうこともあるからです。

 

特に女性の手術では、デザインはもちろんですが、どの場所にどの移植毛を移植するかの選択も大切です。いくら生命力が強い太く丈夫な移植毛であっても周りの毛が細い場所では不自然に見えてしまいます。つまり、男性の自毛植毛手術以上に繊細な美的センスが求められます。

 

このように分け目の手術、特に女性の手術では、男性患者と同じような手術を行っても

手術を受けた女性に満足していただくことはできません。そのため、上記のような様々な要素を考慮し、経験のある施術者が、繊細な技術と美的センスを持って行わないといけないのです。

自毛植毛と増毛法のメリット・デメリット

現在、薄毛の解消法として挙げられるのが《自毛植毛》《人工毛植毛》《カツラ(ウィッグ)》

《増毛法》《薬》。最近ではテレビコマーシャル等でタレントを起用し、大々的に広告を展開し、名前を聞けば誰でも知っているカツラメーカーが勧めているのが《増毛法》です。

以前のようなカツラのコマーシャルはほとんど見られなくなり、各カツラメーカーが力を入れています。どうしてもカツラというとイメージ的にマイナスなこともあり、男性のカツラの利用者が減ってきていることも、この増毛法にシフトしてきたと思われます。

逆に女性のニーズが増えているのがカツラ、今ではウィッグという名前に変えてマイナスなイメージを払拭して年配の女性を中心に利用者が増えているようです。

 

ではこの増毛法ですが、どのようにして髪の毛を増やすのかというと、いわゆる結着増毛法という方法で、現在残っている自身の髪の毛に2〜4本の人工毛がついたユニットを結びつける方法です。ですから1〜2時間であっという間に薄毛に見えなくなります。そこがこの増毛法の一番のメリットと言えます。また、自分の髪の毛の色に合わせることもできますし、長さも希望の髪の毛の長さにすることもメリットといえるでしょう。

ただし、すでに髪の毛が存在していない場合には結着させる土台が作れないため、薄毛のパターンによっては効果を発揮できないというデメリットがあります。

例えば生え際から前頭部にかけて薄毛が進行している場合では、この増毛法で前頭部、生え際の薄毛をカバーリングすることはできません。頭頂部も全く髪の毛がない状態の薄毛の場合も、そこだけ増毛することはできません。ただ、周りに残っている髪の毛に増毛してヘアスタイルでカバーするということはできます。この増毛法はどちらかというと、薄毛ではあるが全体的にまだ髪の毛が存在している人、髪の毛の分け目が薄くなっている人等に適した方法といえます。前頭部から頭頂部まですでに髪の毛がない人には適さない方法です。

この増毛法は自分自身の髪の毛に結びつけているため、既存の髪の毛への負担がかかるということ、また髪の毛は伸びてくるので結びつけた人工毛をまた髪の毛の根元の部分まで下げることが必要になります。つまり、定期的なメンテナンス・ランニングコストが必ずかかるというデメリットがあります。

また、この増毛法を使っている間は自分の希望する美容室や理容室にはいけないということ。特殊な方法の増毛ですから、街の美容室などでは対処できないので、定期的なメンテナンスの際にヘアカットするということになります。

つまり、この増毛法は1回着けたら終わりという薄毛の解消法ではないということになります。

 

一方、自毛植毛の方ですがメリット、デメリットどちらも存在します。

まずメリットからいうと、自分自身の髪の毛を移植するので頭皮のトラブルが起きないということです。人工毛による植毛だと合成繊維でできた毛髪を頭皮に埋め込んでいくため、体に異物が入ってきたことによる異物反応、拒否反応を起こして炎症など皮膚トラブルを起こしてしまうことがあるのですが、自毛植毛の場合その心配がないというわけです。

 

もう一つのメリットは一度移植した毛髪が生着すると、半永久的に髪の毛が生え続けるということ。また、カラーリングやパーマもかけることができます。また、面倒なメンテナンスも必要ないので、手術費用以外は一切かからないという点もメリットといえます。

 

ではデメリットはというと、まず外科的な手術なので腫れや痛み等のダウンタイムがあるということです。ただし、痛みや腫れといったものは個人差があるので、必ず腫れるとか痛いということはいえませんが、デメリットして考えておくべきでしょう。

また、保険適応外の外科手術ですから手術費用が高額ということです。移植する本数にもよりますが、平均的な費用として150万〜200万円くらいの費用を払わなくてはいけないということです。カツラや増毛法などのメンテナンス・ランニングコストは一度には払うことはありませんが、長期的な利用を考えた場合、自毛植毛よりも高額になるので自毛植毛の費用が高額とは一概には言い切れませんが、そのくらいのお金がかかるということです。

 

デメリットとしていえることがもう一つ、髪の毛が生え揃うまで8ヶ月〜12ヶ月かかるということです。増毛法の場合、その日に髪の毛が増えたことを実感できますが、自毛植毛の場合、しっかりと生着、成長し長さが生え揃うにはそのくらいの時間が必要になるのです。ただ、生着し生え揃えば自分自身の髪の毛ですから、仕上がりも自然ですし、何より本当に意味で薄毛を解消できるということが、自毛植毛の最大のメリットといえるでしょう。

移植毛(グラフト)採取時間について

自毛植毛手術を行う専門クリニックの中には、手術時間の短さや短時間での移植毛の大量採取をことさらに誇示するクリニックがあります。

 

確かに移植毛を短時間で大量に採取できれば、大きなメリットも存在します。例えば、患者への体の負担を考えれば、短時間で手術が行える方が良いと言えます。また、ドナーロスという観点からもメリットもあります。

 

患者さんとお話した際、ある専門クリニックでは、採取した移植毛の内、20%は生着不良、つまりドナーロスとなるというふうに言われたそうです。これは、自毛植毛手術で1000グラフト移植したら、200グラフトは生着しないということです。

 

このドナーロスの原因は、様々ですが、その原因のひとつとして、移植毛の採取から移植までの時間が挙げられます。通常、採取した移植毛は、移植されるまでの間、専用の保存液等で保管されます。しかし、保存液にいれてあれば、問題がないわけではなく、どうしても時間が経つほど移植毛のヴァイアビリティ(≒生存力)が低下してしまいます。

 

テレビドラマなどで時折、心臓などの臓器移植の話が扱われることがあります。そんなときは大抵ドナーが見つからないことだったり、移植までのタイムリミットだったりがドラマのキーになります。ですから、移植手術に時間が大切な要素だということは容易に想像できるかと思います。

 

移植毛のヴァイアビリティは、人それぞれですし、保存方法も様々ありますので、どのくらいの時間が経つと生着率が何%落ちるなどと詳細なデータがあるわけではありません。しかし、移植毛の採取から、移植までの時間が長くなるほど移植毛の生着率が低下することは間違いありません。

そういう観点から言えば、移植毛を短い時間で採取することは意味があることと言えるのかもしれません。

しかし、先にも述べたように移植毛の生着率を下げる原因は、採取から移植までの時間だけではありません。

例えば、採取関連の事柄に限定しても、移植毛の選択、移植毛の採取時に切断や挫滅損傷、トリミング時の切断や挫滅損傷など考えられます。

生着率に対してどの原因がどの程度影響を与えるかということを数値化することは難しいですが、移植毛採取に少しくらい時間がかかっても、移植毛の切断や挫滅損傷が無いよう丁寧に採取すれば、生着率にはあまり影響がないようです。

例えとして適当ではないかもしれませんが、高速道路で少しくらいスピードを出しても制限速度でゆっくり安全運転し場合と到着時間があまり変わらないというようなものでしょうか。ただその場合は、事故にあうリスクは段違いですが…。

 

とはいえ、ドナーロスを小さくするためには、丁寧に短い時間で採取することが大切になります。同じクオリティを保てるのなら、手術時間は短い方が良いことは明白ですから、技量の習熟による時間の短縮は大切な成果です。

移植毛(グラフト)採取について

事前の診断や検査は当然ですが、自毛植毛手術の工程は、大きく2つに分かれます。まず、移植するためのドナー、移植毛(グラフト)の採取と採取したものを必要なところに移植する作業というわけです。

 

専門のクリニックによってやり方は違いますが、自毛植毛手術が、この過程を経ることは変わりません。その中でさらにドナーの採取方法で、手術方法が分かれます。

以前は、頭皮を面で切り取って、それを切り分けてドナーを作成するFUTという方法が主流でしたが、現在は、ドナーをひとつひとつ専用の器具でくりぬきながら、採取するFUEという方法が主流です。

 

FUTは、多くのドナーを一気に採取・作成することができるため、短時間で手術が可能で、FUE手術と比べ費用も安くできます。しかし、患者への身体的負担が、FUE手術の方が、小さいため、専門クリニックで手術を受ける患者の多くは、FUE手術を選択しています。

 

FUEは、先に述べた通り、ドナーとなる移植毛をひとつひとつ採取します。正確には、毛髪一本を採取するわけではなく、毛髪と一緒に髪を生えさせ、生え変わらせる毛髪の根元の細胞一式をくりぬき採取します。この作業には、パンチと呼ばれる円筒に刃がついたような特殊な医療器具を用います。

 

意識されている方は少ないと思われますが、髪は、人によって違うことはもちろん、頭皮の中で曲がっていたり、独特の癖があったりします。方向も角度も様々です。ドナーとして採取する際は、周りの髪の生え方の情報や、パンチを使ったときの感触などの情報をフィードバックしながら、採取する場所に合わせて行います。径の大きなものを使用すれば、あまりこういったことを考慮しなくてもドナーを採取することができるのかもしれませんが、径が大きければ、その分、採取痕が大きくなり、患者への身体的な負担が大きくなります。逆に小さければ、小さいほど良いかと言うとそうではなく、ドナーを傷つけない元気な状態で採取出来る大きさが求められます。

移植毛の採取は、このような緻密な作業がもとめられます。しかし、専門クリニックの中には、この採取作業を特別な医療器械(植毛ロボット)を使用することで、医師の負担を減らし、費用を安くさせようという試みもされています。

ただ、前述したような多くの情報を瞬時に判断し、随時、採取に反映させなくてはいけないような手術ですので、まだ熟練の医師が行うようなわけにはいかないようです。

しかも最近は、ドナーとなる移植毛採取がやりやすいように髪を一部借り上げるようなことを一切しない高い技術を要する手術も行われています。

このような手術には、当然そのような植毛ロボットは使用できません。

 

今後、情報が蓄積され、改良が加えられてさらに素晴らしい医療器械へと進化していくことを期待したいと思います。