移植毛(グラフト)採取時間について

自毛植毛手術を行う専門クリニックの中には、手術時間の短さや短時間での移植毛の大量採取をことさらに誇示するクリニックがあります。

 

確かに移植毛を短時間で大量に採取できれば、大きなメリットも存在します。例えば、患者への体の負担を考えれば、短時間で手術が行える方が良いと言えます。また、ドナーロスという観点からもメリットもあります。

 

患者さんとお話した際、ある専門クリニックでは、採取した移植毛の内、20%は生着不良、つまりドナーロスとなるというふうに言われたそうです。これは、自毛植毛手術で1000グラフト移植したら、200グラフトは生着しないということです。

 

このドナーロスの原因は、様々ですが、その原因のひとつとして、移植毛の採取から移植までの時間が挙げられます。通常、採取した移植毛は、移植されるまでの間、専用の保存液等で保管されます。しかし、保存液にいれてあれば、問題がないわけではなく、どうしても時間が経つほど移植毛のヴァイアビリティ(≒生存力)が低下してしまいます。

 

テレビドラマなどで時折、心臓などの臓器移植の話が扱われることがあります。そんなときは大抵ドナーが見つからないことだったり、移植までのタイムリミットだったりがドラマのキーになります。ですから、移植手術に時間が大切な要素だということは容易に想像できるかと思います。

 

移植毛のヴァイアビリティは、人それぞれですし、保存方法も様々ありますので、どのくらいの時間が経つと生着率が何%落ちるなどと詳細なデータがあるわけではありません。しかし、移植毛の採取から、移植までの時間が長くなるほど移植毛の生着率が低下することは間違いありません。

そういう観点から言えば、移植毛を短い時間で採取することは意味があることと言えるのかもしれません。

しかし、先にも述べたように移植毛の生着率を下げる原因は、採取から移植までの時間だけではありません。

例えば、採取関連の事柄に限定しても、移植毛の選択、移植毛の採取時に切断や挫滅損傷、トリミング時の切断や挫滅損傷など考えられます。

生着率に対してどの原因がどの程度影響を与えるかということを数値化することは難しいですが、移植毛採取に少しくらい時間がかかっても、移植毛の切断や挫滅損傷が無いよう丁寧に採取すれば、生着率にはあまり影響がないようです。

例えとして適当ではないかもしれませんが、高速道路で少しくらいスピードを出しても制限速度でゆっくり安全運転し場合と到着時間があまり変わらないというようなものでしょうか。ただその場合は、事故にあうリスクは段違いですが…。

 

とはいえ、ドナーロスを小さくするためには、丁寧に短い時間で採取することが大切になります。同じクオリティを保てるのなら、手術時間は短い方が良いことは明白ですから、技量の習熟による時間の短縮は大切な成果です。

移植毛(グラフト)採取について

事前の診断や検査は当然ですが、自毛植毛手術の工程は、大きく2つに分かれます。まず、移植するためのドナー、移植毛(グラフト)の採取と採取したものを必要なところに移植する作業というわけです。

 

専門のクリニックによってやり方は違いますが、自毛植毛手術が、この過程を経ることは変わりません。その中でさらにドナーの採取方法で、手術方法が分かれます。

以前は、頭皮を面で切り取って、それを切り分けてドナーを作成するFUTという方法が主流でしたが、現在は、ドナーをひとつひとつ専用の器具でくりぬきながら、採取するFUEという方法が主流です。

 

FUTは、多くのドナーを一気に採取・作成することができるため、短時間で手術が可能で、FUE手術と比べ費用も安くできます。しかし、患者への身体的負担が、FUE手術の方が、小さいため、専門クリニックで手術を受ける患者の多くは、FUE手術を選択しています。

 

FUEは、先に述べた通り、ドナーとなる移植毛をひとつひとつ採取します。正確には、毛髪一本を採取するわけではなく、毛髪と一緒に髪を生えさせ、生え変わらせる毛髪の根元の細胞一式をくりぬき採取します。この作業には、パンチと呼ばれる円筒に刃がついたような特殊な医療器具を用います。

 

意識されている方は少ないと思われますが、髪は、人によって違うことはもちろん、頭皮の中で曲がっていたり、独特の癖があったりします。方向も角度も様々です。ドナーとして採取する際は、周りの髪の生え方の情報や、パンチを使ったときの感触などの情報をフィードバックしながら、採取する場所に合わせて行います。径の大きなものを使用すれば、あまりこういったことを考慮しなくてもドナーを採取することができるのかもしれませんが、径が大きければ、その分、採取痕が大きくなり、患者への身体的な負担が大きくなります。逆に小さければ、小さいほど良いかと言うとそうではなく、ドナーを傷つけない元気な状態で採取出来る大きさが求められます。

移植毛の採取は、このような緻密な作業がもとめられます。しかし、専門クリニックの中には、この採取作業を特別な医療器械(植毛ロボット)を使用することで、医師の負担を減らし、費用を安くさせようという試みもされています。

ただ、前述したような多くの情報を瞬時に判断し、随時、採取に反映させなくてはいけないような手術ですので、まだ熟練の医師が行うようなわけにはいかないようです。

しかも最近は、ドナーとなる移植毛採取がやりやすいように髪を一部借り上げるようなことを一切しない高い技術を要する手術も行われています。

このような手術には、当然そのような植毛ロボットは使用できません。

 

今後、情報が蓄積され、改良が加えられてさらに素晴らしい医療器械へと進化していくことを期待したいと思います。

頭部の傷跡に植毛できる?〜その効果は?

ケガや火傷、手術などで頭部に傷跡が残ってしまい、そこの部分だけ髪の毛がない状態になることがあります。ケガや火傷、手術の縫合部分がどうして毛が無くなるのかというと、その人の体質にもよりますが、「ケロイド」や「肥厚性瘢痕」、「瘢痕拘縮(ひきつれ)」を起こしてしまい、毛根自体がダメージを受け髪の毛が抜けるまたは髪の毛が生えてこなくなるためです。一般的にはこの状態の脱毛は《瘢痕性脱毛症》といわれており、治療法としてはその傷跡の無毛の部分を切除し、縫合することで髪の毛のない部分を目立たなくする外科的治療法があります。ただこの治療法の場合、頭皮の余裕いわゆるある程度の伸びがない場合、切除して縫合しても皮膚が突っ張ってしまい縫合部分に強いテンションがかかることで、徐々に開いてしまって同じような傷になることがあります。この修正手術の場合は縫合してもテンションの影響を受けにくい特殊な縫合方法が必要となります。

 

もう一つの治療法として《自毛植毛》によるカバーリング植毛が有効といえます。

上記のような傷跡を縫い縮める手術での治療が難しいケース(傷跡の範囲が広く縫合して縮めることができない)の場合には、この自毛植毛による治療が適しているといえます。

自毛植毛の手術法の一つ《FUE》“メスを使わない方法”であれば、新しい傷跡を残すことなく傷跡へ髪の毛を移植することができます。メスを使用する方法《FUT》でも問題なく髪の毛を移植することはできますが、どうしても後頭部からドナーを切除・採取しなくてならないので、後頭部に同じような帯状の傷が残ってしまいます。この後頭部もキレイに縫合できて本当に目立たない縫合痕なら問題ないのですが、体質等にもよりますがこの縫合部分がケロイド状に広がってしまい、新しい無毛の部分になりかねないのです。

 

《FUE》の場合、メスを使用せずに筒状のパンチで1本ずつくり抜く方法なので、丸い小さな点状の傷跡は残りますが、よほど髪の毛を短くしない限りほとんど目立つようなことはありません。特に子供や女性の方などにも受けられる治療法になっています。

手術は無毛になっている部分に周りの髪の毛の生えている方向や流れ、密度を考慮しながら丁寧に移植していきます。移植して生着すると半永久的に髪の毛が生えて、移植して1年もすると無毛だった傷跡部分はほとんどといっていいほど目立たなくなります。

自毛植毛による傷跡の無毛部分の治療は、大学病院などで相談されると、自毛植毛を勧められることも多いほどその効果は認められているのです。

自毛植毛手術とヘアサイクル(毛周期)

人間の頭髪の本数は、人種や性別によって違いますが、およそ10万~15万本生えているといわれています。白人や黒人に比べ日本人をはじめとした黄色人種は、髪が太く、本数は、逆に白人、黒人の方が多い傾向にあるようです。ですから、似合う髪型も変わってくるのです。

さて、そんな髪の毛ですが、10万~15万本はずっと生え続けているわけではなく、それぞれの髪の毛が、生えて、成長して、抜け落ちるを繰り返しています。その繰り返しを「ヘアサイクル(毛周期)」と呼んでいます。

 

「ヘアサイクル(毛周期)」は、基本的に「成長期」、「退行期」、「休止期」に分類されます。

 

「成長期」は、その名の通り、髪の毛の生え始めから、成長が止まるまでの時期を指します。髪が伸びてくれば、普通は、床屋や美容室でカットされてしまうことがほとんどでしょうから、1本の髪がどれくらい成長し続けるかをあまり意識されたことは、ないのかもしれません。この期間は、諸説ありますが、3~7年と言われています。

 

「休止期」は、毛根が退化してから脱毛するまでの期間で、2~4か月と言われています。

 

そして、「成長期」から「休止期」にいたる1~2週間を「退行期」としています。

 

ほぼ全ての髪が、「成長期」→「退行期」→「休止期」→「成長期」・・・というこの「ヘアサイクル(毛周期)」を繰り返していますが、当然、同じタイミングではなく、それぞれの髪の毛によって誤差があります。

 

もしすべての髪の毛が同じタイミングで成長したり、抜け落ちたりするなら、3~7年に一度、全てが抜け落ち、スキンヘッドで過ごし、また一斉に生えてくるということになるのでしょうが、実際にはそんなことはありません。

 

普通の状態では、髪全体の80%~90%が成長期にあり、退行期が1%程度。そして残りが休止期あるといわれています。

 

例えば、総本数が、10万本の男性がいて、休止期にある髪の毛がその12%、12000本あったとします。それが、4か月、120日間で脱毛するとしたら、1日あたり平均100本程度脱毛することになります。仮にこの方が、ある日、200本の脱毛があったとしても、それが継続的でなければ、「ヘアサイクル(毛周期)」から言えば、許容範囲の誤差で、当たり前と言えます。

しかし、これが、一日ではなく、継続的に200本の脱毛が続くようなら、その場合は、異常脱毛も考えられますので、専門医に相談をしてみて方が良いかもしれません。

 

 

ところで、誤解されている方も多いのですが、自毛植毛手術は、単純に髪を植え付けるだけで、植え付けた髪が抜けてしまえば、また髪を植え付けなくてはいけないものだと考えている方もいます。

 

確かに人工毛を移植した場合は、その通りだと言えます。しかし、自毛植毛手術は、「ヘアサイクル(毛周期)」を司る組織ごと採取して、髪を増やしたい場所に移植するので、基本的に一度抜けてしまっても、また、生えてきます。移植された髪が成長、退行、休止を繰り返します。

 

そういう観点からみれば、自毛植毛手術は、単純な髪の移植というより、「ヘアサイクル(毛周期)」の仕組みを移植する手術といった方が、説明するときに誤解が少ないかもしれません。

 

移植した髪が、抜けても生え変わることは、自毛植毛手術の大きな特徴になります。

自毛植毛と人工毛植毛

植毛には大きく分けると《人工毛髪》を使った植毛と、《自分の毛髪》を使った植毛に分けることができます。大きな違いというのは、人工毛髪なのか自分の毛髪なのかというところです。まず、人工毛髪を使った植毛法は、比較的人体に馴染みやすいとされるナイロンやポリエステルなどを使った合成繊維でできた人工毛髪を、薄い部分の頭皮内に結びつけるように植え込む手術です。この移植に使われる人工毛は、自分の髪に合った色合いや希望の髪型に合わせた長さを自由に作り出せるので、植毛したその日から違和感なく薄毛をカバーすることができます。また、移植する本数も限度がないのでかなりのボリュームアップが可能になります。この人工毛髪による植毛の大きなメリットがこの《すぐに薄毛がカバーできる》という即効性と《希望の長さや髪の毛の量を植毛できる》という点です。

これまで一般的に“植毛”と聞くと多くの方がこの人工毛髪による植毛を連想され、植毛したらすぐに薄毛が隠せる・・・というイメージだったと思います。

 

ただ、この人工毛植毛にはデメリットが存在し、植毛後大きなトラブルを抱える可能性が高いのです。では、一体どんなデメリットがあるのかというと、人体には体内に異物が侵入すると身体を守るために異物を排除しようとする免疫システムが働きます。これは体内にウィルスや細菌などが侵入しようとした際に、リンパ球などがそれを排除しようと体外に追い出そうとする働きです。こうした免疫システムにより移植された人工毛髪は異物と認識され体外へ追い出す働きをするのです。そうなると、せっかく植毛した人工毛は徐々に抜け落ち始め、1年もすると80%ほどが抜けてしまうことに。そうなると、また抜けたところへ移植しなくてはならなくなり、その度にコストやメンテナンスが必要になり精神的にも経済的にも、また身体的にも大きな負担になってしまうのです。

 

また、それだけではなく人工毛は成長するわけではありませんので、毛穴に皮脂や汚れなどが溜まってしまい、そこから細菌が入り込んで感染症などの皮膚トラブルを起こしてしまいます。そうなると植え込まれた人工毛を抜去しなくてはならなくなり、酷い場合は頭皮が慢性的な炎症や化膿といった皮膚トラブルが続くことで、頭皮が線細化し硬くなってしまい、血流が悪くなってしまいます。そしてせっかく残っていた自分自身の毛髪が抜けてしまい2度と生えてこなくなってしまいます。またこの人工毛を使った植毛は、すぐに抜けてしまわないよう頭皮の深い部分まで差し込み特殊な結び方で固定しているため、皮膚トラブルを起こしてしまったからといって簡単に抜くことができないため、切れ毛になったからといって簡単に結んでいる部分を抜き取ることも難しく、感染症などが頭皮の深部まで及ぶことになります。

そうなると異物反応によりもっとひどい状態になり、頭皮が硬く腫れてしまいまた植毛しても同じような皮膚トラブルを繰り返してしまうのです。そうなると感染症や炎症を改善するために移植した人工毛髪を全て抜去しなくてはならないということになります。

日本国内においてこの人工毛による植毛を行っているところが数カ所あるようですが、植毛の先進国であるアメリカのでは、その人体に悪影響を及ぼす人工毛髪を使った植毛手術は法律で禁止されているほどです。

 

《自毛植毛》とはまさに文字の通り“自分の髪の毛”を使って植毛する外科手術のことです。

移植に使われる毛髪は《AGA(男性型脱毛症)》の原因となる男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪の毛を、髪の毛を作り出す組織を毛包ごと採取し、薄い部分へ移植する薄毛の外科的治療法です。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因とされる男性ホルモンの影響を受けない後頭部・側頭部の毛髪は、移植後もその性質は変わることがないため、一度生着すると半永久的に生え変わり続けます。この自毛植毛手術には大まかに分類すると、メスを使用してドナーとなる後頭部の毛髪を頭皮ごと帯状に切り取り、それを1株単位に切り分けて移植する《FUT》という手術方法とメスを使用せずストローのような細い管状のパンチという医療器具を使い、後頭部の毛髪を毛包ごと丸くくりぬいて採取し移植する《FUE》に分けられます。

 

どちらの方法もメリット・デメリットがあり、メスを使う方法《FUT》の場合のデメリットは後頭部の頭皮を帯状に切り取り縫合するため、線状の傷跡が残ってしまいます。また、術後の痛みについても後頭部を切除・縫合するため、しばらくは痛み(鈍痛)が続いてしまいます。メリットは比較的短い時間で手術が終わることです。後頭部から移植に使われるドナーをいっぺんに採取するのでFUEに比べて短い時間で受けられるというわけです。また、採取したドナーを1株ずつに株分け(切り分ける作業)するのですが、高い技術を持った熟練されたスタッフであれば、株(グラフト)を傷つけることなく切り分けることが可能になり、そのことで移植毛の生着率も格段にアップし移植された毛髪はしっかりと生えてきます。

《FUE》の場合メリットとしてはメスを使用しない(後頭部を切らない)ので痛みが少ないということです。極細のパンチを使用して後頭部から直接移植毛を採取するため、メスを使用して頭皮を切り取る方法と異なり、痛みも少なく手術の傷跡も小さな丸い点のように目立たないものになります。つまり、FUTの手術しばらく続く痛みに比べ、ダウンタイムも少なく治りも早いというのが特徴になります。デメリットは担当する医師の技術によって移植毛の生着率が変わるということです。パンチを使って後頭部から移植毛(グラフト)を1本ずつ採取するのですが、この時点でグラフトに傷をつけないよう細心の注意を払いながら且つスピーディーに採取しなくてはなりません。採取の時点でグラフトを傷つけてしまうと移植毛の生着率は大きく下がってしまい、移植しても抜けてしまい生えてくることはないということです。もう一つは後頭部からグラフトを採取する際に後頭部を短く刈り上げなくてはいけないことです。これは短時間で正確にグラフトを採取するために髪を短く刈り上げなくてはならないからです。最近ではこの後頭部の髪の毛を刈り上げずに行う方法もできており、刈り上げることに抵抗のある方や女性の方などには最適な方法といえるでしょう。

 

また、移植部位の作成(移植する毛穴を作る工程)についても2種類の方法があり、一つは極小のメスを使用してひとつ一つ移植孔《スリット》を作っていく方法と、もう一つはFUEで使用される管状のパンチを使って移植ホールを開ける方法があります。クリニックによってはこの両方を取り入れているところもあり、生え際などのより微細なデザインが要求される部分などにはスリットを適応、全体的にはパンチを使用した移植ホールといったより細かな仕上がりを実現するために使い分けしているところも存在しています。