自毛植毛手術の医学的な評価

専門性の高い分野について、行われていることが妥当であるか、もしくは不適当であるかを判断することは、とても難しいものです。

私自身、コンピューターやプログラムについて、専門的な知識を持っていないため、HPなどの打ち合わせの際は、担当が話していることが一般的に言って正しいことなのか判断ができない場合があります。

私は、そういった時、他の何人かの専門家に同じことを聞いてみます。そうすると同じ意見であったり、まったく逆の意見があったりして、そのことが正しいかどうか、凡その判断ができます。これは、科学的なやり方とは言えませんが、時間が無い時に素早く決断するためには、有用な手段であると思っています。

 

さて、話は大分横道にそれてしまいましたが、専門クリニックで行われている薄毛治療が、有効な方法であるか判断する一つの材料として、日本皮膚科学会が、『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版』が公開されています。

 

これは、まさに専門性の高い分野である薄毛治療について、医師、患者双方へ標準的な治療法を提示するため、専門家が治療法のエビデンス(科学的根拠)を精査し、推奨度を5つのランクに分けています。

具体的には、A(行うことを強く勧める)、B(行うよう勧める)、C1(行っても良い)、C2(行わないほうが良い)、D(行うべきでない)に分かれています。簡単に言えば、A~C1までは、エビデンスの確かさでランクわけされていて、C2、Dについては、有効なエビデンスがない、もしくは有害であるデータがあるというものです。

 

これに基づく代表的な薄毛治療法の評価は次のようになります。

 

男性型脱毛症に対して

推奨度A :フィナステリド内服、デュタステリド内服、ミノキシジル外用

推奨度B :自毛植毛手術

推奨度C1:

推奨度D :人工毛植毛手術

 

女性型脱毛症に対して

推奨度A :ミノキシジル外用

推奨度B :

推奨度C1:自毛植毛手術、

推奨度D :人工毛植毛手術、フィナステリド内服、デュタステリド内服

 

 

これを見ると男性型脱毛については、フィナステリド内服、デュタステリド内服、ミノキシジル外用、自毛植毛手術が薄毛治療に有効な科学的データがあり、女性型脱毛症については、ミノキシジル外用、自毛植毛手術が薄毛治療に有効な科学的データがあるということになります。

 

ただ、薬剤の治療については、副作用の報告も同時になされています。

例えば、デュタステリド内服では、主にインポテンツや、射精障害が副作用として報告されていて、20歳未満への安全性、長期服用の効果増減、投与中止後の効果増減については、検討されていないと報告されています。

つまり、服薬では必ず副作用を考慮しないといけない点、未成年の服用、服用をやめたときの効果がどうなるかという問題があることを指摘しています。

 

また、植毛手術については、人工毛植毛について、過去に有害な報告が多数あるため、医療法上の問題はないが、安全性について高い水準のエビデンスが得られるまで、実施すべきないとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です