分け目の治療について

分け目の相談は、男性からもありますが、女性から相談が多いものの一つです。内容は、「地肌がすける」、「ボリュームがない」などのお悩みで、技術的に難度の高いものもあります。

女性は、分け目を頻繁に変える方もおりますが、同じ髪型、同じ分け目を繰り返しそれが原因で薄毛になることもあります。特にポニーテールなど髪をまとめる髪型は、それが顕著で牽引性脱毛とも呼ばれます。この場合は髪型を変えることにより、改善が見込めます。

 

男性の分け目の治療の場合、原因がAGAであれば、AGA薬で解決できることも多いのですが、女性の場合は、AGAのように脱毛のメカニズムがある程度解明されているものではなく、びまん性脱毛症のひとつ、CTE慢性休止脱毛症のようにメカニズムが不明なものが多くあります。これは特効薬がない状態ですから、対処が難しいもののひとつです。

 

しかし、そういうものだからこそ、基本は、オーソドックスに手術と薬の併用になります。

 

女性の分け目の治療において手術での移植毛の採取場所は、一般に後頭部が使われます。AGAの治療では、AGAの発症に関連する男性ホルモンの影響を受けづらい後頭部の髪が使われるのですが、先にお話しをしたように女性に多いCTE慢性休止脱毛症では、後頭部の髪だからと言って、CTE慢性休止脱毛症が起こらないということはありません。

 

しかし、それでも後頭部の髪は他と比べ、脱毛しづらいようです。そのため、移植毛の採取時は、経験測での判別になりますが、強い毛髪を選択して採取しています。

 

また、移植する際も繊細な技術が求められます。例えば、移植毛を植え付けるための穴(ホール)を作成する際も侵襲の少ない手術、つまり、移植する場所のまわりの皮膚や毛髪に悪影響を与えないようなデリケートな手術が求められます。配慮の足りない手術だとこのストレスの影響で、新たな脱毛の原因になってしまうこともあるからです。

 

特に女性の手術では、デザインはもちろんですが、どの場所にどの移植毛を移植するかの選択も大切です。いくら生命力が強い太く丈夫な移植毛であっても周りの毛が細い場所では不自然に見えてしまいます。つまり、男性の自毛植毛手術以上に繊細な美的センスが求められます。

 

このように分け目の手術、特に女性の手術では、男性患者と同じような手術を行っても

手術を受けた女性に満足していただくことはできません。そのため、上記のような様々な要素を考慮し、経験のある施術者が、繊細な技術と美的センスを持って行わないといけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です