自毛植毛手術 〜FUEとFUTどちらを選ぶべきか〜

自毛植毛の手術には大きく分けて2種類の手術方法があります。ひとつはFUT(Follicular Unit Transplantation)という方法で、移植のための毛髪をドナーとして後頭部から皮膚ごと切り取り、それを手作業で移植するためのグラフトを作成するために、毛包単位で株分けし、薄い部分へ移植する方法。いわゆる“メスを使用して後頭部を切る方法”です。移植するための移植孔の作成には、細いメスを使ってスリットを頭皮に入れ移植孔を作成し、そこへ植え込んでいきます。ドナーを採取した後頭部は皮膚を縫合します。

もうひとつの方法FUE(Follicular Unit Extraction)とは、FUTのようなメスを使用せず、パンチという器具を使って後頭部から毛母細胞を含む毛包単位に1本ずつくり抜いて移植毛を採取する方法です。移植孔の作成には同じようなパンチを使って頭皮に孔を開けていく方法と、小さなメスを使用してスリットを頭皮に入れて作成する方法があります。

どちらもメリットがあるので、移植する部位によっては両方を使い分けているクリニックもあるようです。自然な仕上がりを求められる細い髪の毛が多い生え際などは、スリットで移植孔を作成、前頭部や頭頂部などの太くてボリュームを出したい部分はパンチを使用しているようです。

 

どちらもメリット・デメリットがあります。まずFUTの場合、後頭部を幅2〜3センチ長さが20センチ(移植する本数によっても異なります)のサイズで皮膚を切り取り、その採取した部分は縫い合わせるのですが、その縫い合わせたところが線状の傷跡として残ってしまいます。当然、後頭部をメスで切っているので、手術後しばらくは痛みが残ります。実際にFUTを経験された方の多くの方が“しばらくは痛みで仰向けでは寝ることができなかった”というほど痛みが残るようです。また、後頭部に線状の傷跡が残ると説明しましたが、縫い合わせている部分に常にテンションがかかり(皮膚が上下に引っ張られる)、痛みが継続し続けその傷跡が広がって大きく目立つ傷跡になることもあります。FUTは後頭部を切除しているため、手術後のダウンタイムが長いという点も挙げられます。これがFUTのデメリットと言えるかもしれません。

メリットはFUEに比べ一度に多くの本数を採取・移植できるということです。また、後頭部からドナーを採取する際に髪の毛を刈り上げることがないということ、手術後はある程度の長さの髪の毛であれば採取・縫合した部分は髪の毛で隠せるということです。

 

一方FUEのデメリットは、一度に移植できる本数が限られるということです。FUEの場合パンチを使って毛根ごと1本ずつ丁寧に採取するので、どうしても時間がかかってしまうからです。このパンチを使って毛根を採取するのですが、この時点で高い技術と経験がない医師が行うと移植毛(グラフト)を傷つけてしまい、移植しても移植毛が損傷しているため生着しないということもあります。最近では高い技術と豊富な経験と症例数を持った医師が存在し、一度の手術で3,000本以上の移植を行う“スーパーセッション”を実現しているクリニックもあるようです。FUEの手術を選ぶ場合は、こうした高い技術を持つ医師がいるクリニックを選ばなくてはいけないということです。

 

また、このFUEの大きなデメリットといえるのが“後頭部を刈り上げなくてはならない”ということです。これは後頭部から移植するグラフトを採取する際、髪が長いと髪の毛生えている方向や流れを把握できないため、採取するグラフトを傷めてしまうことがあるのです。

そのため採取しやすいよう後頭部を刈り上げなくてはいけないということです。髪の毛を短く刈り上げることに抵抗がある方や女性の方などは、FUEを躊躇される大きな要因かもしれません。最近ではこうした後頭部の髪の毛を短く刈り上げずに行うFUEの方法が出てきているので、後頭部を短く刈り上げたくない方にはそちらも検討された方がいいかもしれません。

 

FUEは“痛みや腫れが少ない”ということがメリットといえるのではないでしょうか?

自毛植毛は外科的手術ですから、植毛をお考えの方の中にはこの“痛み”や“腫れ”が気になって迷っているという方も多いようです。手術に使用するパンチは口径が0.6mm~1mmと極細の筒状の器具ですから、傷跡も1mm以下の目立たないものですから、患者の体への負担もFUTに比べ格段に少ないので痛みも腫れも少ないというわけです。

 

FUT・FUEそれぞれメリット・デメリットがあります。手術をお考えであればこうしたことを踏まえ、実績と経験値の高い医師が在籍しているクリニックでカウンセリングを受けましょう。もちろんいくつかのクリニックへ相談に行くことも重要といえます。

自分の薄毛や頭皮の状態や、毛の状態に合わせた植毛方法を選ぶことが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です