毛髪について

現在では、自毛植毛手術の認知度もあがり、AGAに関するTVCMもよく見かけます。そのため、何となく、髪についての研究が十分に進んでいるように感じます。しかし、実は、髪の生え変わりが継続される仕組み、脱毛のメカニズムなど厳密に言えば、髪についてまだまだ解明されていないことがたくさんあります。

 

そもそも頭髪は、10万本程度生えているといわれています。猿人からの進化の過程で、体毛が薄くなる一方、頭部にはそれだけの毛髪が残ったのです。

 

理由は、様々考えられていますが、いくつかの役割のためだとされるのが一般的です。

 

一つ目役割として、「頭部への物理的な衝撃への保護」が挙げられます。頭部は、頭蓋骨でおおわれているものの、他の部位と比べ脂肪や筋肉が少なく、毛髪は、衝撃保護の緩衝材として役立っています。

 

二つ目としては、「有害物の排泄」の役割もあります。この役割は、あまり知られていないかもしれませんが、毛髪には、水銀やカドニウム、ヒ素など体にとって有害な重貴金属を取り込んで、体外に排出させる働きがあります。禁止薬物などの使用者の検査で毛髪が使われるのは、この役割があるからです。

 

三つ目としては、「紫外線からの保護」が挙げられます。強い紫外線を浴び続けて、日焼けを通りこして火傷に近いダメージを受けたことがある方もいるかもしれませんが、それほど強い日差しでなくても、紫外線を直接浴び続けると皮膚がんのリスクが高まります。日本人は黒髪ですが、黒は紫外線を吸収効果が高い色で、日差しの強いエリアは、黒髪、弱いエリアは、金髪になるという研究もあります。

 

四つ目は「体温調節機能」が挙げられます。日よけでの温度調節は、「紫外線からの保護」の部分と重なる部分もありますが、それ以外の機能として、髪の一本一本に空気が含まれていて、それにより空気の層を形成し、体温の保持に役立てます。

 

五つ目は、「ファッションとしての役割」が考えられます。これは、髪型や髪色を自分に似合うよう変えることで、他者に良い印象を与えることです。サケが繁殖期に体色を変化させたり、繁殖期の鳥類が鮮やかな羽を広げたりするのと同じようなことなのかもしれません。

このような役割を持つ髪の毛ですが、先に述べたようにまだまだ十分に研究が進んでいるとは言えません。しかし、新たな技術の開発も進んでいます。2018年の理化学研究所と協力企業の発表では、髪の毛を生み出す毛包という小さな器官の研究が発表されています。この研究では、毛包のもととなる毛包原基を研究チームで作成し、それを毛のないマウスに移植したところ、毛包が再生し、毛髪が生えてくるというものです。これはマウスでの実験ですが、実際に毛髪をはやすことに成功したわけで、大きな第一歩と言えます。ヒトでの臨床研究の結果は、まだ報告されていませんが、成功すれば、毛髪の悩みは一気に解決されるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です