移植密度について

あまり考えることではないかもしれませんが、一般の方の髪の密度は、1平方センチあたり、150本~200本と言われています。これは人種によって変わり、東洋人より欧米人の方が多いと言われています。

髪は毛穴から生えているわけですが、一つの毛穴から1本~3本生えています。ですから、だいたい頭皮には1平方センチあたり、80~100の毛穴があるわけです。

自毛植毛手術では、毛髪を毛穴ごと組織(毛穴の奥にあって表面に見えない髪を作り出すシステム一式)を採取し、薄く見えやすい生え際などに移植する手術です。この毛穴ごと採取したひとまとまりの組織をグラフト(=株)と呼んでいます。

 

もし、一般の方と同じ密度で毛髪を移植するなら、1平方センチあたり、80グラフト~100グラフトを移植すると、大まかに言えば、同じようになるというわけです。

 

しかし、多くの専門クリニックでは、移植する場所の周りの髪へのマイナスの影響を考慮し、25~30株を移植しています。通常の方の25%~33%程度しか移植していないわけです。だから、手術が成功してもスカスカに見えるのは、当たり前です。

 

 

これはあくまで経験則になりますが、自毛植毛手術を受ける方が、100%満足と言えないまでも、これなら様子を見ても良いかと考えるレベルの髪密度を想定すると、1平方センチあたり、40株~50株は移植しなければならないと思います。つまり、通常の50%~60%です。

 

ただ、単純にこの密度で移植したら、前述したように移植した場所の周りの髪へ悪影響を及ぼし、周りの髪がぬけてしまったり、移植した髪が定着しなかったりしてしまいます。

 

そのため、通常の方の50%~60%密度で、安全に移植するためには、医師をはじめとしたスタッフや医療用具等の技術改善が必要です。ですから、どのくらいの密度で自毛植毛手術を行うかは、専門医にとっても、かなりデリケートな問題と言えます。

 

そういったところに注意して、専門クリニックの医師の話を聞いてみると、受診したクリニックの考え方や技術力をより深く理解することができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です