移植毛(グラフト)採取について

事前の診断や検査は当然ですが、自毛植毛手術の工程は、大きく2つに分かれます。まず、移植するためのドナー、移植毛(グラフト)の採取と採取したものを必要なところに移植する作業というわけです。

 

専門のクリニックによってやり方は違いますが、自毛植毛手術が、この過程を経ることは変わりません。その中でさらにドナーの採取方法で、手術方法が分かれます。

以前は、頭皮を面で切り取って、それを切り分けてドナーを作成するFUTという方法が主流でしたが、現在は、ドナーをひとつひとつ専用の器具でくりぬきながら、採取するFUEという方法が主流です。

 

FUTは、多くのドナーを一気に採取・作成することができるため、短時間で手術が可能で、FUE手術と比べ費用も安くできます。しかし、患者への身体的負担が、FUE手術の方が、小さいため、専門クリニックで手術を受ける患者の多くは、FUE手術を選択しています。

 

FUEは、先に述べた通り、ドナーとなる移植毛をひとつひとつ採取します。正確には、毛髪一本を採取するわけではなく、毛髪と一緒に髪を生えさせ、生え変わらせる毛髪の根元の細胞一式をくりぬき採取します。この作業には、パンチと呼ばれる円筒に刃がついたような特殊な医療器具を用います。

 

意識されている方は少ないと思われますが、髪は、人によって違うことはもちろん、頭皮の中で曲がっていたり、独特の癖があったりします。方向も角度も様々です。ドナーとして採取する際は、周りの髪の生え方の情報や、パンチを使ったときの感触などの情報をフィードバックしながら、採取する場所に合わせて行います。径の大きなものを使用すれば、あまりこういったことを考慮しなくてもドナーを採取することができるのかもしれませんが、径が大きければ、その分、採取痕が大きくなり、患者への身体的な負担が大きくなります。逆に小さければ、小さいほど良いかと言うとそうではなく、ドナーを傷つけない元気な状態で採取出来る大きさが求められます。

移植毛の採取は、このような緻密な作業がもとめられます。しかし、専門クリニックの中には、この採取作業を特別な医療器械(植毛ロボット)を使用することで、医師の負担を減らし、費用を安くさせようという試みもされています。

ただ、前述したような多くの情報を瞬時に判断し、随時、採取に反映させなくてはいけないような手術ですので、まだ熟練の医師が行うようなわけにはいかないようです。

しかも最近は、ドナーとなる移植毛採取がやりやすいように髪を一部借り上げるようなことを一切しない高い技術を要する手術も行われています。

このような手術には、当然そのような植毛ロボットは使用できません。

 

今後、情報が蓄積され、改良が加えられてさらに素晴らしい医療器械へと進化していくことを期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です