自毛植毛手術とヘアサイクル(毛周期)

人間の頭髪の本数は、人種や性別によって違いますが、およそ10万~15万本生えているといわれています。白人や黒人に比べ日本人をはじめとした黄色人種は、髪が太く、本数は、逆に白人、黒人の方が多い傾向にあるようです。ですから、似合う髪型も変わってくるのです。

さて、そんな髪の毛ですが、10万~15万本はずっと生え続けているわけではなく、それぞれの髪の毛が、生えて、成長して、抜け落ちるを繰り返しています。その繰り返しを「ヘアサイクル(毛周期)」と呼んでいます。

 

「ヘアサイクル(毛周期)」は、基本的に「成長期」、「退行期」、「休止期」に分類されます。

 

「成長期」は、その名の通り、髪の毛の生え始めから、成長が止まるまでの時期を指します。髪が伸びてくれば、普通は、床屋や美容室でカットされてしまうことがほとんどでしょうから、1本の髪がどれくらい成長し続けるかをあまり意識されたことは、ないのかもしれません。この期間は、諸説ありますが、3~7年と言われています。

 

「休止期」は、毛根が退化してから脱毛するまでの期間で、2~4か月と言われています。

 

そして、「成長期」から「休止期」にいたる1~2週間を「退行期」としています。

 

ほぼ全ての髪が、「成長期」→「退行期」→「休止期」→「成長期」・・・というこの「ヘアサイクル(毛周期)」を繰り返していますが、当然、同じタイミングではなく、それぞれの髪の毛によって誤差があります。

 

もしすべての髪の毛が同じタイミングで成長したり、抜け落ちたりするなら、3~7年に一度、全てが抜け落ち、スキンヘッドで過ごし、また一斉に生えてくるということになるのでしょうが、実際にはそんなことはありません。

 

普通の状態では、髪全体の80%~90%が成長期にあり、退行期が1%程度。そして残りが休止期あるといわれています。

 

例えば、総本数が、10万本の男性がいて、休止期にある髪の毛がその12%、12000本あったとします。それが、4か月、120日間で脱毛するとしたら、1日あたり平均100本程度脱毛することになります。仮にこの方が、ある日、200本の脱毛があったとしても、それが継続的でなければ、「ヘアサイクル(毛周期)」から言えば、許容範囲の誤差で、当たり前と言えます。

しかし、これが、一日ではなく、継続的に200本の脱毛が続くようなら、その場合は、異常脱毛も考えられますので、専門医に相談をしてみて方が良いかもしれません。

 

 

ところで、誤解されている方も多いのですが、自毛植毛手術は、単純に髪を植え付けるだけで、植え付けた髪が抜けてしまえば、また髪を植え付けなくてはいけないものだと考えている方もいます。

 

確かに人工毛を移植した場合は、その通りだと言えます。しかし、自毛植毛手術は、「ヘアサイクル(毛周期)」を司る組織ごと採取して、髪を増やしたい場所に移植するので、基本的に一度抜けてしまっても、また、生えてきます。移植された髪が成長、退行、休止を繰り返します。

 

そういう観点からみれば、自毛植毛手術は、単純な髪の移植というより、「ヘアサイクル(毛周期)」の仕組みを移植する手術といった方が、説明するときに誤解が少ないかもしれません。

 

移植した髪が、抜けても生え変わることは、自毛植毛手術の大きな特徴になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です