男性型脱毛症(AGA)の治療に自毛植毛は有効なのか?

近年AGAという名称でテレビコマーシャルなどを通じて認知されつつある《男性型脱毛症》。AGAとは男性型脱毛症(Andro Genetic Alopecia;AGA)の略称のことで、成人男性に現れる(近年は女性にも見られる)男性ホルモンを起因とする進行性の脱毛症のことです。そのAGAを発症する要因は男性ホルモン(テストステロン)が血液の中に混ざり血液を通じて頭皮の中に存在している《5αリダクターゼ》という酵素と結びつくことで男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

そしてこのDHT(ジヒドロテストステロン)が毛根の毛乳頭にあるレセプターと結びつくことで脱毛因子(TGF-β)という因子を増やしていきます。この脱毛因子《TGF-β》が

毛母細胞や毛乳頭へ髪が抜けるよう働きかけます。その作用により毛周期(ヘアサイクル)の中の髪の毛が成長し伸びる「成長期」という期間が不十分なまま「退行期」「休止期」に移行し、そのことで髪の毛が太く長く成長せずに細く短い軟毛の状態のままで抜けてしまうのです。

これがAGAによる薄毛の原因と考えられています。

 

男性型脱毛症のタイプを分けると以下のように分類できます。

《M型脱毛症》・・・生え際から後退していく脱毛症

《O型脱毛症》・・・頭頂部から脱毛が進行する脱毛症

《複合型脱毛症》・・M型とO型二つのタイプが併発する脱毛症

《その他の脱毛症》・上記3種類の脱毛に分類されない脱毛症

 

では、この男性型脱毛症(AGA)の治療はどんなものがあるのかというと

  • 内科的治療・・・処方薬、外用薬、市販されている一般医薬品
  • 外科的治療・・・自毛植毛手術
  • カツラ・増毛法・人工毛植毛

などがあります。

 

※カツラ・増毛法・人工毛植毛に関しては薄毛の根本的な治療ではないので除外します。

 

内科的治療で効果が認められ処方されているのが

プロペシア(内服薬)フィナステリド(内服薬)ザガーロ(内服薬)パントガール(女性用内服薬)ミノキシジル(外用薬)

 

ではその効果はというと・・・

 

ミノキシジルの効果:DHTにより脱毛が始まった毛根は、髪の毛に栄養を行き渡らせるための血管が収縮し、頭皮の血行が悪くなることで髪の毛への栄養を補給する力が弱まります。そうなると髪の毛は太く長く成長することができずに細く短い髪の毛になっていきます。ミノキシジルの働きはその血管拡張作用によって、脱毛が始まった毛根や収縮した血管の再生を促すことで、髪の毛を作り出す毛部細胞や毛乳頭へより多くの栄養や酸素を行き渡らせることで、脱毛を予防、発毛を促進させます。

 

フィナステリド・プロペシアの効果:フィナステリドは男性ホルモンのテストステロンをDHTへ変換する酵素の《5αリダクターゼ》を阻害することでその効果を発揮し、抜け毛を減らす効果があります。ただ、抜け毛は減らすことはできますが、発毛させる効果はありません。ですから、AGAの治療を考えた場合ミノキシジルとの併用が抜け毛の予防と発毛の効果を高めることができます。

 

では男性型脱毛症のすべてのタイプの脱毛症に効果があるのかというと、頭頂部やつむじ周りといった“髪の毛が細く短くなっても毛根自体が残っている部分”に対しては、内服薬・外用薬の効果は望めますが、生え際や前頭部など既に毛根自体から髪の毛がない部分については発毛させるということは難しいのです。但し、内服薬は服用をやめてしまうと、再度脱毛症が進行し始めるため、薬を飲み続けなければなりせん。

 

一方、外科的治療の自毛植毛の場合ですが、基本的にすべての脱毛タイプ(M型、O型、MO型、その他)でも治療することができます。どんなに薄毛の方でも側頭部や後頭部には髪の毛が残っているのは、脱毛の原因を作る基となる男性ホルモンの受容体がないため、DHTの作用を受けにくく脱毛せずに残っているからです。そのDHTの影響を受けない“脱毛しにくい毛髪”を採取して薄くなった部分に移植するのが自毛植毛なのです。

ですから既に毛根から髪の毛がなくなってしまっている部分でも、しっかりとした太く抜けにくい髪の毛が生えるというわけです。ただ、この自毛植毛では頭頂部やつむじ周りの場合、既存の毛髪が多く残っているためこの部分への植毛は、移植の際にこの既存の毛根を傷つけてしまいショックロスを引き起こし髪の毛が抜けてしまうということが多くあるため、相当の移植技術が必要とされるため、植毛をする際は十分な注意が必要となります。

 

日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年度版において、フィナステリド・ミノキシジルの内服について推奨度A(行うよう強く勧める)自毛植毛術については推奨度B(行うよう勧める)と治療法として評価されています。

 

《男性型脱毛症(AGA)の治療に自毛植毛は有効なのか?》

結果からいうと《自毛植毛は男性型脱毛症(AGA)》の治療法として有効と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です